カテゴリ:うちごはん( 101 )

うすい豆。
えんどうまめです。
旬が終わってしまわないうちに、去年のリベンジがどうしてもしたくて。

去年、私はお出汁に「白だし」を使ってしまったら、うすい豆の淡い味にお出汁が邪魔で・・・。
昆布出汁と塩だけ今回はちゃんと作りました!
今年は大丈夫だぞ~って、もう一度shinさんのblogを確認したら、
「豆のさやと昆布で出汁を取る」って書いてあるの見落としてました(もう捨てちゃったよー がっくり)

豆のさやで出汁を取るって、かっこいいなー。
やはり料理人の技ってすごい!!(惚れぼれ)

しょうがないので、豆を茹でたお湯もいいお出汁が出てたから合わせました。
今見比べると、shinさんのよりお出汁多めかな。

d0180447_01125288.jpg
やっぱり、今回はすんごく上手くいったのです。おいしいい。
昆布って改めて尊敬です。
出汁だけだと、心もとない目立たないお出汁なのに、野菜を合わせるとぐっと深みを出すのだもの。
ほんとうにすごい。
そして、うすい豆の甘みと海老しんじょの甘み。。。
パパも息子も一口、口に入れては唸ってました(笑)

「これはお品書きにするならなんてタイトルになるの?」ってパパに聞かれて
うーん、うすい豆のすり流し。で、小さく海老しんじょ添え・・・では?と答えたら、
「海老しんじょってアイドルみたいな存在を差し置いて、「うすい豆」が前に来るとは、すごい贅沢な椀だなー」
って変な感動の仕方してました(爆)



d0180447_01125709.jpg
お片付けしてて発掘した、
スペインで拾ったはいいけど割るのが面倒でその冬食べずに終わり、
気になるから日本まで持ってきたのに、割るのがまだ面倒で・・・はや9年経ってしまった松の実。
売ってる松の実、高いはずだわって納得したりして(苦笑)

もうダメになってるかと、恐る恐る割って食べてみたら、
あららまったく痛むことも脂くさくなってることもなく、美味しい松の実のままでした!!(驚)
よくぞ御無事で!って感じ。植えたら芽も出そう。

しょうがない・・・観念して割ってあげるか。


今日はこれから東京へ。
実家の片づけを頑張ってまいります(我が家が終わったら今度はこっち)
今回で本を全部売り払う!!!
そして今年じゅうに終わるの目標です。
・・・ので、今週は音沙汰ないです。行ってきまーす。

[PR]
by africaj | 2016-05-10 09:30 | うちごはん | Comments(6)

本日、8年分の「いつか使うかもと捨てられなかった」粗大ごみを捨ててきました。
Tシャツを穴が空くまで(10年位ヘビーユースして布が薄く切れてくる)着る私は、
まだ使える物を捨てるって心が痛くて、目をつぶって捨てました(ごめんなさい)
でも、その引き換えにできたスペースはかけがえのない価値があります。
家も気持も風通しが良くなりました♪
まだ使い勝手良い収納の入れ替え作業が残ってますが、ようやくひと息☆


アラジンのトースターの説明書を読んでいると、
庫内を高温に保ち、一気に焼き上げるイタリアのピッツァ釜を目指したって書いてあるので、
これはきっとピッツァが美味しく焼けそうでしょ?

それで、老麺の「なちゃ」を使って12時間長時間発酵させたピッツァ生地で作ってみました。
グリルパンは特に、温度の立上り時間が早くて350度で一気に焼き上げるそうだから、
一番ピッツァ釜に近いのかなって、グリルパンで焼いてみました♪


d0180447_17322411.jpg
こんな感じ~っ♡♡♡
ふくふくと膨らんで、中はふっくら外はパリッ焦げ目がカリッと付いたピッツァ焼けました~!
わーーーい!!!ナポリのピッツァみたーいっ♡

これ、すごいんじゃない?

グリルパン、使えるぅぅぅ♪
って感動してたら、でもパパはグリルパン使わないで焼きたい!!って言うの。
理由はこれ。

d0180447_17322898.jpg
明日、アラジンでピッツァ焼いてみよう!って言ったら、わくわくしすぎて
釜に使うピッツァ用のヘラを作ってたの~(爆)
グリルパンじゃ使えないから面白くない!って言うので、直焼きやってみることにしました。

d0180447_17323293.jpg
この、ふっと滑らせ入れてヘラをさっと取り出す・・・ってのやりたかったらしい(笑)

d0180447_17324240.jpg
グリルパンを使うより焼き上がりは早いです。
グリルパンは280度設定で11分。直焼きは280度で7分くらいだったかな。


d0180447_17324672.jpg

こっちは、生地が膨らむ前に焼けちゃう感じだから
生地が薄焼きカリカリなピッツァって感じの仕上がり。
どっちも美味しい~♪




今、我が家はスティービー・ワンダーの波が来てるんです。
パパが大売り出しの棚から「グレイテスト・ヒッツ」をゲットしてから、
車の中はエンドレスでスティービー・ワンダー♪
久しぶりに聞く彼の曲、すごいすごーい優しい声と曲に癒やされてます。

で、英語が聞き取りやすいのもgood。
歌詞カード見て一緒に歌ったり。

「じゃあ、一曲ずつ好きな曲決めて月末までに歌えるようにして、カラオケ行こうぜ!」
ってパパの提案に、行こう行こうってことになり(笑)

息子が選んだのは「Superstition(迷信)」



パパは「Lately」だって。




さて、私が選んだのは、「Sir DUKE(愛するデューク)」


5月末までかぁぁぁ・・・歌えるようになるかな(はらはら 笑)
必死に聞いて歌ってますよー。
片づけしながら(爆)

この歌詞ね、 「A列車で行こう」のデューク・エリントンに捧げる歌なんだって。


私はもともとそれほど詳しくなくって、結婚してからパパにずーっと説明うけて
ジャズのことを教えてもらってきました。
この歌にいっぱい出てくる「時が過ぎようと決して忘れることのできない」って
形容されてる大御所、これ誰?って聞くと、えええー!!知らないの?って(汗)
ちぇ、ちょっと6才上だからってくっやしいな!
でね、全部検索しましたよ(ぜーはー)

ベイシー ってのは、カウント・ベイシーらしい。


それで、ミラーはグレン・ミラー・・・くらいは知ってるよー。


サッチモ・・・て、ルイ・アームストロングのあだ名なのですね。そっか!


最後は、エラのような「声」って出てくるエラ・フィッツジェラルド、どんな声?


ああすっごいよく聞いた歌声なのに、名前を知らなかった(ぽりぽり)
ルイ・アームストロングと歌ったり、デュークの「A列車で行こう」を歌ったりしてる。
なるほどー(納得)

さ、全員名前と歌が一致したし・・・覚えるか(笑)
カラオケで歌ってやるううう!(鼻息)




[PR]
by africaj | 2016-05-07 20:21 | うちごはん | Comments(4)

d0180447_12114822.jpg

端午の節句。
陶器の兜の中に、願いを書き込んであるけれど、
その時皆が思ってた「願い事」は今はまったく関係ない世界の過ぎ去ってしまった日々のこと。
もっと漠然とした大人になってから叶いそうな事かけばよかった~(苦笑)

買って数日、気に入って毎日ニマニマ眺めてたら、早々にどん臭いニャンコに倒されて、バキッと・・・
ボンドで直した傷跡もあり。

ま、成長の証ってことで。

今年も飾って、みんなでちまきを食べました。
彼が元気に健やかに育ってくれてる証拠ですね。感謝。


d0180447_12115456.jpg
老麺のなちゃぱんをアラジンで美味しく焼きたくて、ずーっと研究してます。
焼く前に穴をボコボコ開けてオリーブオイル垂らしてるから、だんだん見た目がフォカッチャみたいなチャパタになってきました。
焼きムラをなくすのに方向を変えたり、熱くなり過ぎないように蓋を開けたり、まだまだ探求中ですが
今回はうまくいったなあ♪

d0180447_12115973.jpg
今回はバジルペーストを塗りこんだの。
焼いてる間、もうすんごくいい香り~(おなかぐうーぐうー)
これはうまくいったぞ~。チーズ入れて焼きこんだり、いろいろしてみよう♪

[PR]
by africaj | 2016-05-06 12:41 | うちごはん

鹿のもも肉を取り去った後、大きな骨がゴロンと2本。
どうしようかな、スープのだしをとろうかな。。。そう思っていたところ、


イタリアの北の方に住むお友達が、
美味しい美味しいカレーの作り方の宝ものレシピを教えてくれました。
お料理プロフェッショナルなお母様が作り上げ、
受け継いだ彼女もそのレシピを愛用してきたというカレー。
送ってくれたレシピは、お母さまの丁寧な流れに、娘さんのコツが
いっぱいいっぱい書き添えられていて、
1つの歴史を感じるレシピ。読むうちになんだか涙がじんわり出てきました。
細かく書き込まれたレシピなので、手で写しながら細かいところまでイメージしましたよ。

骨からスープを取る、「その1」から書いてあるとおりに作ってみました。
d0180447_12344462.jpg
油をかけて300度で色づくまで焼いて、香味野菜とコトコトし終わった、シカのももの骨。
スープが取りやすいように、トンカチで割ってみました。
d0180447_12351384.jpg
取り除いたスジと、たたきを作った時の残ったもも肉。
玉ねぎを焦げ茶になるまで炒めるのが、すべての鍵!って書いてあったからドキドキです。
小麦粉とバターでブラウンルーをまじめに作ったのも初めてだったけれど、
肉と焦がし玉ねぎを入れたスープにブラウンルーを合わせると、おおっ!
なんだか信じられないほどに「こうであって欲しい」カレーの味がする!!!(驚)

そうか、インドカレーではない、ご飯に合わせたくなるカレーって
ブラウンルーが決め手だったんですねえ。
d0180447_12350795.jpg
しかも鹿の骨でスープから作った、鹿肉のカレーですからね。なんて上品な味・・・。
みんなで美味しい美味しいと食べましたが、
息子など「うまぁぁいうまぁいうまぁぁぁぁい」しか言わなかったです(笑)

うちのカレーに革命が起きましたよ。
市販のルーを使わないで、こんな「純カレー」が作れるのが嬉しいっ♪
やっぱり素晴らしいレシピとの出会いって、なによりの宝ですね。



先週は、冬野菜を整理して畑を耕し、春の準備をしました。
な~んて自分がやったようなこと書いてますが、一年でこの日だけは男衆にお願いします。
d0180447_12352441.jpg
コリアンダーと、そら豆やスナップエンドウなんかのマメ科を残して全部きれいに。
今年もトマトを主体に、ズッキーニとナス、とうもろこし。
余った場所にモロヘイヤ。
芽出しが成功すれば唐辛子各種と、UFOピーマンに挑戦って感じかな。
d0180447_12373576.jpg
この日は学校休んで寝ていた彼でしたが、
休むなら働け!おいしい野菜食べたいなら手伝え!って家族総出で畑仕事しました♪



あと数日で、実は私、家族を残して友人母娘と初めての韓国へ旅行してきます。
なので帰ってくるまでコメント欄閉めます。
結婚して以来、家族を残して友人と・・・って初めてっ。
子育て中まったく誘われなかったのに、なんでか最近、あちこちから引き合いが。
子どもが大きくなったからでしょうか。
そんなタイミングがあるんですかね。
友人と旅行・・・は、私もなにか1つ段階を上がる気がします。
キムチの漬け方習ってくるので、この冬はキムチも作れるぞっ。うーん、楽しみだ♪



[PR]
by africaj | 2016-03-20 18:18 | うちごはん

前回の記事つながり・・・なわけで、
山の収穫がざっくざっくの我が家。

d0180447_16235472.jpg

「生落花生の八角煮」
芋掘りの少し前、うちの畑でも生落花生の収穫でした。
あまりに美味しくて、あっという間になくなちゃって、記事UPする前に
次は芋掘りでさらに山ほど生落花生もらって、今年は幸せな秋♪

生落花生 250g~350g
水      3カップ
塩      大1弱
八角     1/2~1個

蓋して沸騰したら火を弱めて25分茹で、火を止めたら一晩置く。


八角の甘い香りも相まって、
薄塩味で落花生の甘味がさらに引き立ち、
小さい未熟なのは殻まで食べられたり、中の繊維も美味しくて、
柔かくって止まらなくなります♪
中国とのハーフの上司が、生の落花生を見つけたからと作ってくれて、
以来忘れられなかった味。ほんと、一度食べたら忘れられなくなりますよー。

し・か・し!
私の畑で採れたものより、篠山からもらった落花生のほうが美味しかったんです。
うーん、同じように育ててますが、篠山の気候は特別だなあとつくづく(羨)
でも、寒暖の差が激しいのは野菜を美味しくしますが、
住むにはきついのですよね(瀬戸内の気候が優しすぎる 汗)

d0180447_16373240.jpg

これは、「ほおずきトマト」って言うそうな。
食用のほおずき。
不思議な味です。ほんのり甘酸っぱく、梨の様な、ミルキーな感じもあり・・・?

d0180447_1640297.jpg

あ”っ!
こんな丸いカサカサしたもんは、ネコがほっとくわけがない~(汗)

d0180447_1641537.jpg

さてさて、間引いたカブやお大根は、
浅漬けに。色とりどりですっごく綺麗っ♡
葉っぱはスムージーや菜めしに。

菜めし、大好評なんです。
私も久しぶりにやって、こんな美味しさ忘れてた~って思いました。
おかずに、例えばカワハギの煮付けみたいな肝がこってりのものや、
ブリを焼く時、菜めしがさっぱりしていい仕事してくれます。

大根葉さっと茹でて、水にとってキュッと絞ったら、
みじん切りして、それから菜っ葉に塩味つけます。
ご飯には塩味何もつけないで、
菜っ葉をさっと混ぜ込む。

新米の甘さが際立って、とても幸せな味♡

d0180447_1642337.jpg

小かぶは、千枚漬け味にしました。

カブ      300g
砂糖      33g
酢        25g
塩        10g
鷹の爪     半分
昆布      5mm幅細切3~4つ

2日ほど漬け込むと、昆布の旨味も合わさって、美味しい♪

でもね、こういう味にしたいってカブのイメージはつくのですが、
二十日大根の方がいまいちわからず。
どんな味につけようか、いろいろ研究中です。
先日は塩麹で漬けたんですが、
もっと美味しい方法ありそう。
もしお勧めあったら教えて下さいませ♪


d0180447_1648548.jpg

そしてこれ、黒枝豆!

実はね、今年の黒枝豆は失敗をしてたんです。
毎年10月に解禁になって2週間ちょっとしか売り出されない黒枝豆。
篠山までってちょっと遠いけど遠足と思って買いに行ってました。
今年は、家の近くに無農薬野菜と黒枝豆の直売所を見つけ、
聞いてみたら、篠山でも前夜に作業するからなかなかない「朝採り」とのことで。

電話して朝採り入荷を確認して買いに行きました。
かなり枝豆の色が熟成されて黒く乾き気味で、
今年は早くに熟成が進んだからもう今週で販売も終わりですって言うの。

色が悪いけれどいいですか?って聞かれて、
毎年熟成の進んだ、色は悪いけど通好みって言われる枝豆を
わざわざ買いにいく我が家なので、そんなことはまったく問題なくて、
朝採れかどうか、枝豆はとうもろこしと同じで時間勝負ですからね。

・・・とそこで、「これは、昨日のものです」
って言われたのです!!
え、電話で朝採れって確認しましたよね?って聞いたら、
もうこの時期になったら、昨日も今日も味に変わりないですから
そう言われて、なんだかすごく気になったのに、
結局買って帰ったんでした。

無農薬にこだわって、他より高く野菜売ってるようなお店が、
嘘ついて、しかも、目の前の野菜に、収穫が昨日でも今日でも味は同じって・・・
野菜にも客にも失礼で悲しくなってしまいました。
野菜作ってるとつくづく思うんです。
採れたてと昨日の野菜はすごく違うの。
とうもろこしや枝豆は特にそうだよ~(しくしく)
あの店では金輪際買いたくないって思いました。

しかもね、早速茹でて出したらば、みんなほとんど食べないの!!
「この黒枝豆イマイチだな」って、まったく手が出ない。
美味しい時はね、一瞬でなくなるのに。

その美味しさは、やっぱり味の濃さ。
美味しい黒枝豆は、食べると脳天にズキュンとくる感動があって
止まらなくなる。
これは、手がすぐ止まっちゃうからなあ。
感動って、本能的なもので、正直にその食べ様に出ちゃうのよね・・・。

で、悲しいことに黒枝豆への興味まで失って今年の解禁シーズンを逃したわけですが。


芋掘りの時に、目の前で引っこ抜いた黒枝豆をいただきました。
もう市場に出回ってない、今は食べごろを過ぎたと言われる黒枝豆は
お正月の黒豆に向けてどんどん水分が抜けていってる時期なのだとか。

でも、この時期の黒枝豆って見た目は悪いけど熟成されて味は最高だから

ああ、やっぱり生産者の言葉には愛があって嬉しいなあ(感涙)

そして面白いことを聞きましたよ。
このくらい乾燥時期の枝豆は、茹でる前にしばらく水に漬けてねって。
そうすると豆がぐんぐん水を吸ってふっくら戻るんですって。

それから、世間一般では黒枝豆の茹で方は、
ちょっと鞘を切って、塩もみして塩味付け、
大量に塩を入れた熱湯で10分ほど茹でるという方法です。
これ、ネット検索しても黒枝豆買う時に付いてくる茹で方もそう書いてある。
でもね、茹で上げてすぐに冷やさないと色が悪くなるから、水に取るって
書いてあるものもあって、結局その後塩を振ることになるのが、、
効率が悪くてなんか変じゃない?って思ってたんです。

鞘は切る必要ないし、
塩も入れない熱湯で茹でて、ザルにとってから自分の好みに
塩して置いとけばいいから


ってことで、
20分吸水させて、塩抜きの熱湯で今回は12分(熟成して硬めのものは多めに茹でます。
でも若いうちは8分ほどが美味しい)。
ザルにあげてうちわで扇いで粗熱を取ったら、味見しながら塩を降って。

うっまい!!

美味さが脳天をズキューーーン。
みんな止まらなくっていっきになくなりましたよー。
コレコレって感じ。

やっぱり、買い付けに行かないとダメなんだなあ・・・。
[PR]
by africaj | 2015-11-06 18:56 | うちごはん | Comments(8)

d0180447_11144082.jpg

先日のパパのお土産、グアバの実。

もう16年も前のことですが。
妊娠4ヶ月目に入って、出産したらハードな所へ旅行できないからと、
行ったのがブラジルで、拠点にしてたのがリオ・デ・ジャネイロ。
スペインに住んでた時、
道でパパが拾ってきてから仲良くなった大道芸人ブラジル人のフェルナンドが、
ブラジル来るなら俺んち来いよ―っ
ていつも言ってくれてたので、フェルナンドの家に滞在してて。
(ちなみに、スペインに彼が出稼ぎに来る時はうちに滞在してた)
ブラジルは健康志向の国で、町のあちこちにジューススタンドがあって、
初めて出会ったのがグアバジュースでした。

ブラジルでは「ゴイアバ」と言って、レイチ(ミルク)とシェイクした「ゴイアバレイチ」。
これがちょっとイチゴミルクに似てるけど、もっとさっぱり、めっぽう美味しくて、
滞在中ほぼ毎朝飲んでたんです。

懐かしい懐かしいグアバの実!!
朝のグリーンスムージーにしましたよ~。

ブラジル・・・死ぬ前にもう一度訪れたい国です。
本当に広い広い国で、アマゾンでピラニア食べたい!って北上したんですが、
蚊は多いし、トラブルだらけでルール無用で、妊婦にさすがにハード過ぎて、
たどり着かずに終わっちゃったのー。
あの頃はまだ若かった。
今はピラニア食べるより、
リオ・デ・ジャネイロでアントニオ・カルロス・ジョビンの如く、
コパカバーナの見渡せるクーラーの効いた部屋で優雅に過ごしたいし、
サルバドール・デ・バイアで音楽三昧して時間を使いたいっ(笑)


昨日、この秋初の栗を楽しみましたっ♪
やっぱり最初に食べるのは栗ごはんかなーって、
d0180447_11372944.jpg

土鍋で炊いた栗ごはん。
秋の味、サンマとともに♪
小松菜のおひたし。
ひじきの炊いたんは、おでんのお汁なので、すっごく旨み凝縮♪

栗ごはんね、
いつも「初物を食べると寿命がのびる、福を呼ぶ」って
ことで、秋の縁起物として毎年必ず食べるのですが。
感動するほどに美味しい!と思って栗ごはんを食べてたことはないのです。
栗好きですが、渋皮煮やそのままなら焼き栗の方が嬉しくて。
栗ごはんをどうするのが「美味しい!」に繋がるのか、イメージが持てずにいました。

それがね!
今回は、料理人の川原渉さんのレシピで炊いてみて、
開眼したんです。美味しかったー!!

秘密は2つ。
一つは、お塩の量をちょっと驚くほど多くすること。
もう一つは、薄揚げを炊くときに乗せて、後で取り出して、コクを出すこと。

3合の水加減の昆布だしで、お塩小さじ2杯も入れるのには、ちょっと勇気が入りまいた(汗)
でも、何かを打開するには、素直に試してみることから始まるので、
ドキドキ。

炊きあがったご飯は、しっかり塩気を感じるご飯。
過ぎるにギリギリの塩加減でした。
でも、おかげで栗が甘いの!!
そして翌朝。
炊き込みご飯は翌朝がまた味が馴染んで美味しいのですよね♪
栗ごはんもまたまた、美味しくってね。
「オレ、初めて栗ごはん好きになった」と息子に言わしめました。
うん、私もっ。
これなら、あと数回栗ごはん作ってもいいな♡


d0180447_1212623.jpg

朝、グリーンスムージーを作って、飲んで・・・それから
にゃんズの朝ごはんなのです。
リクライニングの椅子に座って、飲んでたら、
激近の場所に2匹で待ってるところ(爆)
にゃんこはほんに、かわいいのお(笑)
[PR]
by africaj | 2015-10-14 12:04 | うちごはん | Comments(8)

先週からずっと忙しくて、
グリーンスムージーに使う葉ものが買えぬまま、
今朝はついに冷蔵庫に切らしてしまいました。

果物だけでも良いのだけれど、
何かを入れたくて、苦肉の策のピーマンと奴ネギ。
それにナシとバナナと甘酒です。

d0180447_0154449.jpg

葉っぱを使うより薄い緑が宝石のよう。
恐る恐る飲んでみたらね、ほんのりガスパチョを思い出す風味(笑)
だけど、ナシの優しい甘さの勝った、美味しい飲み物になりました♡
こういうのもありなんだなって、我ながらびっくりです。


日曜日は、私だけバスに乗って、お友達と淡路島の散策をしてきました。
そして初めて寄った、淡路島で有名な穴子やさん。
d0180447_11423258.jpg

がんがん焼いていて、煙もくもく。
淡路市富島にある持ち帰り専門のお店「魚増水産」さんです。

焼きたてをベンチで頬張りましたよー(笑)
すっごく美味しいんだけど、お酒かご飯がほしい!!!

穴子派の私に対して、うなぎ派の男衆もこれなら喜ぶかもって、
その夜は穴子ちらし。
d0180447_016281.jpg

うなぎを贅沢に食べられなくなった昨今、
穴子は贅沢盛りさっ♪
酢飯にちょっとだけ、先日漬けた茗荷を刻み入れて。

煮穴子が好きなんですが、
うま味が凝縮してて、噛むほどに味わい深い。
こんなに美味しい焼きアナゴは初めてかも。

こういうのを盛り付けるとき、
お伊勢さんで伊勢春慶(塗りのお重)買ってよかった~って
うれしくなります。うなぎも穴子も似あいますよねえ♡


p.s.
究極の選択なら穴子とうなぎ、どっち選ぶ?ってのには、
パパも息子も、やっぱり「うなぎ」って言うんだけど、
もし3回選べるって言われたら、「うなぎうなぎ穴子」って言うくらい
今日の穴子は美味しかったって感想でした。穴子の健闘、やったー♡

ちなみに3回なら私は「煮穴子、焼き穴子、うなぎ」かな~(一番気が多い 苦笑)
[PR]
by africaj | 2015-09-29 00:45 | うちごはん | Comments(0)

やりました!

実技もパスし、先日ついに最後のテストにも合格して、
パパがとうとう猟師の免許をもらいました!!(パチパチ~)

毎度のことながら、試験開始5分で書き終えて、ヒマだ―って電話かかってきました。
でも試験が終わるまで待ってなきゃいけないの。

試験前、今回は珍しくも「こんなん覚えられるかって」って言葉が出てたから、
どうやって勉強するのかなーって観察してました。
そしたら、「うん、これは狩りに行く前にネット検索すりゃいいことだから、
覚えなくてもいいだろう」って狩場の細かい規定の暗記ものはばっさり(割り切りすごい 爆)
野鳥の特徴とかは、種類ごとに誇張した絵を描いてた。
あとはパラパラめくって、簡単簡単ってつぶやいてたと思ったら、
2時間位で終わり~。超省エネに勉強してました。
これで満点とか取るんだから、どんな頭の構造してるんだか。

興味持って覚えたことは、まったく忘れないし、すぐ応用きかせられるのに、
日常の出来事とか見事に忘れてくからすごいのです。
この人に「思い出」とか語らせると、ごっそり忘れてるのー(汗)

私は日常の思い出を誰がどう会話してどういう展開になったかまで
事細かに覚えてるほうなので、ひと口に「記憶」と言っても脳の使い場所が
まったく違うなとつくづく思います。

なんにしろ、秋からなのかなー♪
鹿肉、鴨肉~。



さて、
トマトとなすが畑で毎日のように収穫できてるのです。
なので、ラタトゥイユに、麻婆ナスにってせっせと作ってます。
昨日はキーマカレー。

むかしむかし、東銀座に「シオン」っていう茄子カレーで有名な喫茶店があって、
揚げなすがごっろごろ、すんごく辛美味しかったのを、いつも思い出すんです。
そうしたら、去年だったか、「シオン」の茄子カレーが恋しい人々が
ある日忽然と消えた喫茶店の行方を追って、おじさんおばさんを見つけ出し、
レシピを聞き出して復活させたって聞いて、すごく驚いたのでした。
でも、あまりに昔の記憶で、レシピはうろぼえ状態だったから、
きちんとは再現されてないって、食べに行った友人は言っていた。

記憶の味は、自分が再現するのが一番満足の出来な気がする。
これはもちろん、「シオン」のレシピではないけれど、
「シオン」に通って「美味しいっ」て食べてた自分の気持ちは忘れてない。
なすは素揚げでカレーと揚げなすが同量くらい。
口に入れた時のカレーのパラッでもべちゃっでもない、しっとり加減。
一口目の、ああ美味しいってこみ上げ方(笑)
あの茄子カレーをイメージしながら作って、満足なんだから、それでいいのだと思う♪

d0180447_1322859.jpg


合い挽き肉                400g
なす(長方形に切る)           5~6本
トマト(アイコ)ざく切り          12個
ピーマン ざく切り             2個
玉ねぎ みじん切り            2個
生姜 千切り                1かけ
にんにく 千切り              1かけ

カレー粉                   大3
クミン
コリアンダー
唐辛子
ハバネロ 千切り              少々 
塩                       小2
醤油                      大2
中濃ソース                  大1  
バターとオリーブオイル   

1)なすは7cm長さの長方形に切って、塩水(水カップ1に塩小2くらい)に20分位アク抜き。
  水を切っておく。

2)フライパンにバターとオリーブオイルを入れて、たまねぎニンニク生姜を炒め、
  ピーマンも入れて、甘みが出るまで炒める。

3)ひき肉を入れてよく火を通し、カレー粉を振って炒め、
  ざく切りトマトを入れて強火で汁気が飛ぶように炒めてから、調味料で味付けする。

4)なすをカリッとするまで揚げ、カレーに混ぜて数分煮る。


ご飯2合は、炊飯器にセットするときにターメリックを15振りとバター25g入れて炊いて。
「シオン」のはトマト入ってなかったのだけど。
トマトザクザク入ってるほうが美味しいから、わたしのカレーはこれです♪
(でも、アイコはトマトの中では汁気が少ない炒め用に向くトマトだから、普通のを使うなら
よーく水気がなくなるまで炒めてくださいね。でも、アイコ使うことをおすすめします)

唐辛子は、数種類使うと辛さの奥行きが出て、美味しいのです。
ハバネロは大づかみに辛くなり、イタリアの唐辛子はピンポイントでキリっと辛い。
最近はこの2種類を気に入って使ってます。
[PR]
by africaj | 2015-08-02 13:51 | うちごはん

月曜日、台風の後の畑を見に行ってきたら、
元気にすくすく育ってました。
中でもトマトが食べごろを迎えて綺麗に輝いててっ。

d0180447_11262385.jpg

d0180447_11263862.jpg

同じ房の緑からの美しいグラデーションは感動的ですっ♡

d0180447_11265161.jpg

d0180447_11441128.jpg

畑にいる気分、少し伝わるでしょうか。
この瞬間の感動のために、畑に通ってるんだって思います、わたしっ。

d0180447_11513254.jpg

山ほど採れたトマトたち。
半分は冷凍してガスパチョとか、トマトソースに。
残りは晩御飯に。

d0180447_11514259.jpg

水なす、長なす、それから薄紫色のは焼きナス用のなす。
この薄紫の細長なすに出会ったのは、スペイン時代に中華食材店でなのです。
見たこともない変なヒョロ長。
中国のなすで、焼くと美味しいと聞いて。
焼きナスを作ってみたら、ふっわふわ!!
口の中でとろける出来上がりに、みんなで感涙っ!!
最近、近所で見かけるようになったんですが、たまにだし高いしで、
苗を見つけたので今年は育てることにしたんです♪
まだご存じないかた、見つけたら焼きナス作ってみてくださいませなっ。

d0180447_1224539.jpg

いただいたイタリア土産のサラミとチーズと共にっ♪
作っておいた畑のトマトとなすをいっぱい使った焼きラタトゥイユをあわせました。
焼きラタトゥイユ、焼きたてもいいけど、
一日置いたほうが、味が馴染んでさらに美味しくなるのですっ。

d0180447_129781.jpg

作り方は簡単。
ダッチオーブンで焼くのがミソなのですが・・・。

1)ナスとズッキーニとトマトを5mm幅ほどにスライスしておく。
2)ダッチオーブン鍋に5mm程溜まるようにたっぷりオリーブオイルを入れ、
 にんにくひとかけ潰して入れ、野菜を交互に蛇腹状に並べていく。
3)最後に上から塩を少しキツ目に塩を振り、オリーブオイルをかけ、
  スライストマトをさらに蓋のように全体に広げて、ダッチオーブンのフタをして。
4)ガスレンジの上下段強火オーブン機能で45分。
  中を見て、汁がほとんどなくなってたら出来上がり。
  まだたっぷり汁けがある時は、ほぼ煮詰まるまでもう少し焼く。

出た汁気が煮詰まって濃縮されて、野菜が再びそれを吸って。
トマトがドライトマトのような凝縮されたものに変わってて。
そのまま冷まして、冷蔵庫で一日以上置いてからどうぞ。
カサが3分の1ほどに減りますが、その分野菜だけなのにすごい濃厚な一品に。
畑で採れた野菜の、一番贅沢な食べ方だなって、いつも思う夏の楽しみです♪

d0180447_1291768.jpg

これは、去年の秋に塩漬けにした黒オリーブを、
塩抜きしてから刻んだ、黒オリーブペースト。
このままバゲットに乗せても美味しいけど、
オリーブオイルかけてグリルで焼いたしいたけに、
黒オリーブペースト添えてっ♪さらにパルミジャーノぱらりも、これまた♡

雨の多い7月ですが、
水あげる作業もなしに、畑のお野菜がすくすくで、ちょっと得してます♪


d0180447_12273861.jpg

最近のもいちゃんをパチリっ(笑)
どういう格好で寝てるんだろって、目を凝らしてしまいましたっ(爆)
[PR]
by africaj | 2015-07-23 12:30 | うちごはん

警報が出まくっておりますが、大丈夫でしょうか。
まさかこの時期にこんな台風が来ちゃうなんて、
やっぱり気候がおかしくなってますよね(汗)

今日は、パパは猟師テストの日で、お仕事お休みしたのに
テストも延期で気が抜けてた。
息子も休校。
「その場合は通知表は三者懇談で渡すんだって。
みんな、親と一緒に受け取るのに頭抱えてたよ~(笑)」ってヒトゴトのよう。
キミこそ、今学期は過去最低の点数と提出物なのに、その動じなさ(汗)


昨日はペットシッター探ししてました。

息子が少年スポーツで忙しかった4年前は
連休や夏休みに数日不在が多くて頼んでいたシッターさんに
お電話してみたら、手いっぱいで今は受けていないと言われちゃって、
いきなり大焦り。

かいちゃんだけなら、一泊くらいネコカリ山盛りで大丈夫なのだけど、
もいちゃんはまだ小さいので、一晩空けるのもまだまだ心配。
長い旅行は、今までは姉に預けていたのだけれど、
2匹になるので、今回からはシッターさんにお願いしようかと。

でも、シッター業界って4年前に比べて増えてるんですね―(驚)
そして値段もすごい差が開いて、どんどん上がってる(汗)
にゃんこは手間なしなので1匹でも2匹でも同額のところが多かったのに、
2匹目にお金取るところも多くなってました。
特別休暇とかは1~2割り増しするのが一般的になってきてる。
最初にネコちゃんと顔合わせして、その家のルールをしっかり確認する
カルテ制作に、お金を取るところも増えて。

良いこととしては10日以上は一割引きってところ。
シッタ―がペット介護や癒やしなどのいろいろな資格を持っているところ。
でもその分高くしてる。

私の選ぶ基準は、こればかりは付加価値じゃなく
電話かけて受ける印象と金額にどれだけ誠実さを見いだせるか。
どこもそれなりにしっかりしていそうなのだけど、
数件かけるとやっぱりわかるのですよね。。。
儲けを優先してるところと、熱意が優先してるところ。

3人目で見つけた人は、私的に大ヒットでした。
もいちゃんの存在を言ったら、
「あちゃー、この時期にちっちゃいこ見つけちゃったんですね~。大変っ!(汗)」
こういう他愛ない言葉が優しい人、好き。
値段確認したら、やっぱり商売っけない。

1匹でも10匹でも、うちは値段変わらないんですよー。
どの時期も値段は変わりませんって。
そして、フットワークがめちゃくちゃ軽い。すごい!

シッター事情も伺ったのですが、
みなさん1人でやってる方がすごく多いくてびっくり。
以前のところは、ペット介護用品販売のお店をしながら数人でって所だったし、
古株は数人でやってる感じだったのに。
1人でどんどん始められちゃうって、質の面で不安な人も出てきそうですね。
いない間のネコのお世話をってことは、鍵を預けるわけなので。

しかしほんと、シッターさんは助かります(感謝)
だからこそ、信頼できるシッターさんは宝ですね。


d0180447_13265845.jpg

小粒の全粒粉のクスクスを見つけたので、
鶏肉と人参と玉ねぎ&ピーマンのクスクスにしました。
全粒粉のクスクスって初めて食べてみましたが、しっかりしてるの。
ちょっとやそっとじゃスープを吸って膨らんじゃわないのが、良かったですっ。
多めに作ったピーマンの肉詰めをトッピング。
御飯のお供で馴染み深いピーマンの肉詰めが、こんなところにいると、
エキゾチックな顔しますねー(笑)美味しかった♪
[PR]
by africaj | 2015-07-17 11:13 | うちごはん