カテゴリ:うちごはん( 101 )

ジビエが春で禁猟期に入る頃は魚生活をするのもいいなと思うのですw
鹿や猪で出来たんだから、魚も一匹買いして数日で食べる方が学ぶことも多くて楽しい。

そう思って魚屋さんを探しておりましたが、
さっくり行ける範囲には買いたいところがなく、ようやく魚市場に
せりと仲買人の喧騒が収まった時間に一般の人もOKって店を見つけたので、
お友達を誘って早朝から2人で市場探検に行ってきましたっ!

しかし市場って部外者にはドキドキ。
店番号を頼りにてくてくビクビクw・・・ここだーっ♪

でもね、気候が荒れてて今週は魚少なめだねって言ってたけど、
仲買さんが持ってった残りだからか、あまりに選択肢なくてびっくり(しくしく)鮮度はすっごいんですが。
オススメは?って聞いたら、
「天然物のブリか、クエ」
手頃な値段で鮮度最高だけど馴染みのブリを取るか、幻の高級魚にお金を出すかの二択ですか!?

d0180447_11185469.jpg

長さ50cmほどのその白身いくら?「8000円だね」
・・・お祝いでもないのに買えないです(涙)

じゃあ、カマ持ってくか?これなら1つ4500円くらいって。
どうしよう。
師匠と仰ぐ幸せごはんのjazzかげん」のtanaさんに教わったのは、
大魚一匹を5日で食べる方法で、
5日分を5000円以内で買おうって決めてきたの。
なかなか上手くはいかないもんですよね(汗)
でもそれが魚ってものだと覚悟して、今年は素直に身を任せてみましょ。せっかく来たしね。
「骨付けといたげるよ」って放り込んでくれたのがちょっと嬉しい♡

d0180447_11190571.jpg

さらにお友達と半分ずつして2500円分の戦利品です。
パパと2人でお鍋をするには十分な量ではあります。

クエって、佐賀や大分を旅した時に「冬の名物鍋」って見た印象しかないです。
仕事でもプライベートもだいたい冬以外しか行かないから、ありつけてないまま。
「幻の高級魚」って立派な枕詞は知ってます。
高かったし、絶対失敗しないように余すところなく料理したいもんです(武者震い)

d0180447_11190042.jpg

片隅で見つけたピチピチな鰯君も買ってきました♡
こちらは安かったので、これだけでも案外満足だったりしますw

d0180447_11191105.jpg

鰯君は、鍋の前にちょっとお刺身で一杯やることに。
残りは翌日用に、お腹を出して裁いたら白子や卵がいっぱい出てきました。
師匠のtanaさんがこれも食べるとおっしゃられていたので、
とりあえず白味噌で漬けてみました。

私は残りは捨ててしまったのですが、お友達は骨は揚げて骨せんべいにするって。
あー、私も次回は骨も食べよう(反省)

d0180447_11191628.jpg

こちら、白身8000円が買えなかった分、骨に残ったところを
漉いてみたらこんなに♪
白身だし、貴重なクエを味わって食べるには色々混ぜたくなくて
氷塩水でよく洗ってから昆布締めにしてみました。

d0180447_11193921.jpg

そのままと、わさび醤油でも食べてみました。
これだけだと「クエ」じゃなくてもいい「美味しい白身」な気が。
フグのようでもあります。ポン酢がいいのかな?

お鍋も散々何を入れるか迷いましたが、
最後のお雑炊にスープができるだけ濁らないものをと、

d0180447_11192784.jpg

三つ葉とお葱、しいたけ、お豆腐だけ。

d0180447_11192282.jpg

ちょっと上等のお葱にして、青い所は生で
白い所は焼き葱でさっと温まれば食べられるようにしてみました♪

d0180447_11193293.jpg

身を漉いた残りの骨をたっぷりの酒で蒸し煮してから、
昆布出汁を合わせたスープに。
味付けはお塩と魚醤にしました。

少しだけカマの身を薄切りにして、しゃぶしゃぶして食べてみることにしましたが、
よく煮て食べた方が断然美味しかったので、途中から全部お鍋に入れちゃいましたっ。
皮がプルプルで、骨も軟骨が多くて、
フグとかあんこうをもっともっと旨味を濃くしたようなお魚で。
「クエ買ってきたんだけどねー」って市場の話をしたら
高い買いもんだったんだねって笑ってたパパですが、
一口食べたら「なにこれ、うっま♡♡」って無言になって。

出汁とったら取り出そうと思ってた骨も、しゃぶりたくなるほど色々美味。

美味しすぎて2人でどんどんお喋りが進むし、
スペインのネットラジオで音楽かけたらパパの大好きな「アル・ジャロウ」特集で、
クエ鍋にアル・ジャロウがお洒落すぎて2人でハイテンションw
最後には「すっごい鍋だねー。すっごい買いもんしたねー」って
感心ばかりっ。

そして、三つ葉も美味しかったし、
なにより焼きネギは大ヒットでした!
そのまま煮ちゃうより断然甘さを堪能できてっ♡

d0180447_11251236.jpg

残ったスープを飲んだら、その旨味にシビれましたよー(感涙)
スープを堪能してから、
お雑炊。
これもお塩と卵を足すだけにして、三つ葉と白髪ネギを。
もう、言葉も出ない味。つまり「絶句」。

バレンタインデーの夜は、チョコがない代わりに思いもよらぬご馳走でした♡




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-02-16 13:10 | うちごはん | Comments(6)

牡蠣三昧♪

パパが狩りに行った手土産に牡蠣を1kg買ってきてくれました。
今回獲物はなかったようですがw

牡蠣のベーシックな扱い方はこちらに。
殻付きの牡蠣、2日は大丈夫。
そう知っていると、気持ちに余裕持ってお料理できますよね♪

高田郁の「みをつくし料理帖」も読んでると作りたくなるお料理いっぱいで、
大根の油焼き」「鯛のあら炊き」っていっぱい再現したのですが、
今回は「牡蠣の宝船」を作ってみるチャンスだー♪ってね。

d0180447_17322003.jpg

昆布を湿らせて柔らかく広げたら、舟型にして。
本では干瓢で縛るのですが、ま、片結びでOK。
牡蠣を並べて酒をふりかけて、くつくつ炙るのですです♪

一緒にしいたけとか厚揚げも網焼き、焼けたものから食べるのも楽し♡

d0180447_17315746.jpg

くつくつ。
牡蠣がぷっくりしてきたら食べごろ。
柚子を絞って・・・あっまーい!!!!(感涙)

d0180447_17323651.jpg

しいたけは、汗かいてくるのをじっくり待つのが美味しく食べるコツです。
これは漫画「銀の匙」で書いてあって、これも忠実に再現してる我が家っw
しいたけ、ひっくり返しちゃいけないんですよー!


さて。
網焼きで炙ってる手持ち無沙汰な間はこれを。

d0180447_17322997.jpg

牡蠣を入れた茶碗蒸しです。
白子や牡蠣とかの食感と茶碗蒸しの優しいコラボって癒やされるんですよ~♪

茶碗蒸し(2人分)

牡蠣       1人2個
銀杏
子宝菜(なんでもいい)        
卵        1個
出汁       130ml
薄口醤油     小1/2
みりん      小1/2
砂糖・塩     適量

1)小鍋に酒を薄く張り温めてから牡蠣を入れて蓋して数秒蒸して皿にとり、
  小さな子宝菜を半分に切って、鍋に残った酒で軽く酒蒸しにし、冷ましておく。
  銀杏は殻にヒビを入れ、紙封筒に入れ600w40秒ほどチンして、殻をむく。
2)卵液を作り、牡蠣、子宝菜、銀杏を器に入れてから卵液を器8分目までかける。
3)湯気の上がった蒸し器に強火2分、弱火12分火にかける。


最後に牡蛎のお吸い物。

d0180447_17324221.jpg

これは簡単ですが牡蠣の美味しさが味わえて良いです♪

d0180447_17324922.jpg

宝船を食べきった後の、牡蠣エキス染みた昆布を一口大に切って、
カリカリ炙りながら、だらだら飲むのもまた楽し♡

おいしゅうございましたっ。






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-02-13 18:25 | うちごはん | Comments(6)

寒いですね~(ぶるる)
部屋で夕食食べてるというのに、
「俺、寒気がするんだけど、みんなはどう?」って息子が聞いて、
「私も(オレも)寒い」とパパも私も答えたというw
床暖付けてエアコンつけてるのに寒いなんて(ぶるる)
こたつはこんな時すごい威力を発揮しますよねー♪
息子はその直後、発熱でベッド行き。
1人だけ本当に寒気だったらしい(汗)

d0180447_22141880.jpg

こたつ入るよりテレビを露骨に抱っこするもいちゃん。そんなに暖かいのねw


狩りに行ったパパが鹿肉の他に携えて来たのが、山盛りの牡蠣。
牡蠣が有名なところだと1kg800円くらいらしいの。やっす(喜)

d0180447_22171363.jpg

季節ものなので、いつも殻付き牡蠣の扱いを忘れてしまいます。
大慌てで調べました。

たわしで表面を洗う。

その後、
生なら、平らな方を上に料理バサミで殻縁を砕くと穴が空くので、
    ナイフを差し込ん上殻の貝柱を切って開ける。
焼きは、平らな方を上に網焼き。
    火が通れば殻の口が緩むので、ナイフを差し込んで貝柱を切って開ける。
    (ガッテンでは、人差し指大は8分、それ以上は9分加熱しろと)
蒸しは、鍋に牡蠣を並べて水と酒を15ccずつ入れて蓋して中火に。
    沸騰して3~5分目安。殻が開いたらOK。
    (ガッテンでは、食中毒にならない為に牡蠣200gに水も酒も150ccで強火5分中火4分/計9分蒸せと) 
  
d0180447_22172217.jpg

買う時に、生はどうかなあって言われたらしいので敬遠して、焼きから。

生食用は、当たらないように沖合で育てられた痩せた牡蠣らしい。
逆にぷっくり本当に美味しい牡蠣って、餌の多い肥沃な沿岸部で育つ分、菌やウイルスを取り込むリスクもあって、
食中毒の確率ある牡蠣は「加熱用」として売られるって、ためしてガッテンでやっておりました。 

ところで、焼き牡蠣ってカセットコンロに網乗っけて焼いたら、
殻がパンパン爆竹みたいに飛び散っておっそろしいんですねーーー(汗)
ひーこここわい~って息子と二人で怯えつつ、
「これもなかなか景気よくて楽しいねえ」って喜ぶパパに、
え、たたた楽しい?景気いい?そ、そうね。ははは・・・
って、うちはやっぱりパパ主導なおうちなんですw

あとで調べたら、「殻が飛び散らない方法」ってネットに出てました。
アルミ箔に包んで、殻の丸みある方を下にして焼くそうな。
5こで15分~20分目安。次回は絶対そうするー(涙)

3回目焼くくらいでもう恐怖も限界がきて、
蒸しに移行しました。
穏やかですが、やはり焼きの方が好きかも・・・。
蒸すなら、「みをつくし料理帖」にあった「牡蠣の宝船」って
ぬらして柔らかくした昆布を舟型にしてかんぴょうで縛り、牡蠣を乗せて焼き、
熱くなったらお酒を振るって、そんな蒸し牡蠣にしよう。次回っ。

焼くのも蒸すのも飽き、空きっ腹でもなくなって
殻を開けてむき身を取り出す余裕も出てきたので、ここらへんでアヒージョを。
本当は牡蠣の茶碗蒸しでも作ろうかと思ったけれど、
お酒も入って動くのが面倒になってきちゃったの。
アヒージョは簡単でいいな~。コンロの網の上にカスエラ(素焼きの器)のっけて
くつくつするまで待つだけですもんね。美味しいし♪


この土曜日の夜、息子は様子がぼーっとして変でした。
翌日、日曜日だからゆっくりするって夕方4時近くまで寝てたし。
で、月曜日は、喉が気持ち悪いというから耳鼻咽喉科に連れて行きましたが、
咳もなく熱もなく喉もちょっと赤い程度って、気に留められることなく
帰されたのですが、その夜目も開けられないって夕食を中座して寝に行き。

朝の3時に携帯にかかってきたと思ったら「オレ、このままだと魔物になっちゃう」って
息子に呼び出され、部屋に飛んで行ったら、
すごいホラーな幻想にうなされて身動き取れなくなってました。
熱は40度近く。
久しぶりの熱せん妄らしい。たいへんだー(焦)
とりあえず熱冷ましを飲ませましたが、1時間はかかるのですよね効くまでに。

あまりに恐ろしいようで、私の手を片時も離せず震えていて、
しかし私も寝不足で頭が重いしどうしようか。

ああそうだ、ぬるいお風呂に入りな。
それが一番だわ。

39.6度の体温を下げるには、38度のお湯くらいです。
それより低いと寒く感じて辛いのです。
体温を1度下げるのが目安。
案の定、お風呂に入った途端「はああ、気持ちいい~」
緊張の糸が緩んでいく様子に私もホッです。
ちょっと心配で側に付き添ってましたが、お湯にすぐに体温が奪われていくので
すーっと楽になると、熱せん妄は消えました。
すっかり楽になったようなので、水筒を風呂場に持っていって、
寒く感じたら「追い焚き」を、体温でお湯が熱くなったら「水シャワー」を、
自分で調節すれば良いのです。
3時間もお風呂に浸かっておりましたw
途中で熱冷ましも効いてきたら寒くなったと、追い焚きして体を温めて出てきて、
その後朝までぐっすり寝られてたので、ひと安心。

お風呂で熱を下げるのは、
スペインの病院で体験したことをもとにしてるのですが、
熱冷ましが効くまでの辛さや、6時間置きしか飲めないけど熱が上がっちゃう時、
すぐ実行できて気持ちよく、身体に優しいので私はお薦めです。
熱冷ましと併用したりで、インフルを乗り切るのもかなり楽になります。
ただ入り方があって、熱が上がってる間の寒気のする時は逆効果で、
上がりきって熱くて頭が痛くて朦朧としている時です。
とはいえ、日本では「風邪の時はお風呂厳禁。暖かくして寝る」文化なので
最初信じられない人も多いと思います。私もそうでしたから。
以前に詳しく記事を書いているので、興味ある方は読んで下さい。
日本でもそれを薦めている医師のH.P.なども調べて載せてます。


翌日お医者さんに連れていったら、案の定インフルエンザでした。
実は私も夜中の寝不足がたたったのか、朝気持ち悪くて吐いてしまい、
親子で受診となってしまったら、

開口一番に先生が
「牡蠣食べてない?」って聞いてきて腰抜かしてしまいました(驚)
「食べました!ええ、でも3日も前ですよ?」
「どのくらい?」
「2kg・・・」
「そ、そんなに食べたの!??」
え、殻付きだとそのくらい普通かと思ったwうちって、大食らい?(赤面)
牡蠣に当たったのかとドキドキしちゃいましたが、
無事インフルエンザで良かったw

私もそのうち症状出るからってお薬もらったんですが、まだ熱は出てこないんです。
私だけ、やっぱり牡蠣に当たったのかしら?

こんな、戦々恐々とした週明けであります・・・






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by africaj | 2017-01-24 16:57 | うちごはん | Comments(8)

d0180447_11065556.jpg

今年の元旦のお雑煮は、格別のものになりました。
パパが獲ってきた鴨なので、昆布とかつお節の他にガラからお出汁がとれて。
手羽も腿も入って、なかなかワイルドw
さっと火を入れただけの柔らかい胸肉を添えて。
美味しい美味しいといただきました。ありがたい事でした(感謝)

d0180447_11063376.jpg

一軒家に住めたら、いつかお節用のお重が欲しいのですが、
好きなものだけお節だと、このくらいが我が家らしいのかなとも思います。
今年初めて時間をかけて煮た本干しにしんは、美味しかったです。
猪のレバーのにんにく味噌漬け。
ローストビーフ。
黒豆だけはフジッコの「丹波黒」ですw
煮ると沢山できすぎてしまう黒豆なので、
食べきりの量と優しい甘みの柔らかなお味、とても気に入ってます。

d0180447_11063918.jpg

氷頭入り紅白なます。
アーモンド入り田作り。
酢蓮。
秋に作って冷凍しておいた、いくら。

d0180447_11064486.jpg

なますにレーズンを入れると美味しいとパパが言ったので、
その気分だけ受け継いで干し柿を千切りして入れてみることにしました。
氷頭、大根、京人参、柚子の皮、干し柿 のなます。
柿の温かみある色が加わったら、宝石箱のような5種なます、
お正月らしい特別感があるので、我が家のお節の定番にしましょうか。

d0180447_11065109.jpg

いつもお雑煮にお餅3つ!と言っていたパパが、ダイエットして以来食べる量のコントロールを
しっかりしているので、みんなでお雑煮はお餅1つ。
今回のお正月はお餅を買いすぎたようです。
来年息子と一緒なら嬉しいけれど、でも巣立ってしまっているかもしれないのだなあ。
2人だと作る量は大きく変わってきてしまうんだわとしみじみ思いました。
この前まで3人のお正月は当たり前のものだと思っていました。
でも、もしも息子が結婚したら、もし子供が生まれたら・・・増えることもあるのでしょうか。
こうして時は流れるのだと感じた今年のお正月。

鴨を撃つところから始めた鴨雑煮。
品数は少ないけれど一つ一つ丁寧に作ったおせち料理。
3人で飲んで食べて映画たくさん見て温泉行っての数日間。
いつもに増して特別で、大事な思い出にしたいお正月です。



さて、新しい年はなにをされるのでしょう。
私は、貸し農園の契約を更新しない決意をしました。

植物を育てることに苦手意識があった私でしたが、畑を借りて
日当たりと肥えた土で育てるとちゃんと上手に育てられるとわかって、
「私のせいじゃなかったのねw」と自信持ちました(爆)
病気は不足の栄養で復活させたり、折れたら添え木したり、
水を絞ったり、液肥の実験をしたり、本当に勉強しました。面白かった!
その知識を土台に次は、
限られたスペース限られた日照時間のテラスでも工夫して
野菜が作れるようになりたいなと。
今年またイチから勉強してみようと思ってるのです。

それから、「人間は足から死んでいく」という言葉を重く受け止めて
今年からは早起きして裏山を1時間歩こうと。
テラス菜園にすれば早朝を歩けるはず・・・がんばろ。。。

3つめに、去年やろうとして時間がなかったスペイン語の矯正。
いつも言っているけれど、まだまだスペイン語で話さなきゃいけない友人、
用事があるのに、忘れていってしまうとやばいわけで(汗)
今年はやります。

1月はこの3つから取り掛かりますよ(宣言)
今年もよろしくお願い申し上げます♡



読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-01-03 15:28 | うちごはん | Comments(14)

大晦日。(くらし部門)


blogに書きたいことは沢山あって、毎日夜の12時過ぎてようやく座ってから
写真を取り込んで・・・文章を打ち始める頃ににににににににににににににに
って感じでうたた寝で筆が進まなかったここ数日。
昨日なんて、夜11時過ぎてから芋を切り始めて・・・年賀状の芋版作ってたの。

なんでこんなに大変だったかというと、今年はジビエ地獄に嬉しい悲鳴をあげてたから。
イノシシが7kgきたって書いた記事のあと、29日今年も残すところ3日って時に
今度はパパは鴨を獲ってきてくれたんです。
狩猟免許取るって宣言した目的は「正月の雑煮用の鴨を獲りたいから」だから、
足掛け2年で念願を果たして、ほんとエラい!すごい!
・・・んだけど、イノシシ保存食を作りまくってる横で、パパが羽根むしってて。
夜11時過ぎに鴨解体してぇって日々はかなりハードでした。
しかもまた台所掃除をし直す。。。

31日朝にやっとすべてが終わって、一年の垢を落としに温泉にも行って、
やっとやっとあとはのんびりするだけです♪やったあ♡

d0180447_17125315.jpg

31日、ほんといいお天気でしたね♪
洗濯物もよく乾いてくれた♡
お飾りは一夜飾りにならないように、30日に全てセッティングしましたよー。
恒例、お飾りに3人で二礼二拍手一礼して今年のお礼と来年の願い事を済ませて。。。

で、なんでここにあるかって?
フックが劣化してて落ちちゃってたの(涙)
パパの修復工事を待ってる間にもいちゃんに狙われてるところですw

好きなものだけのおせち料理も完了っ。

d0180447_17133908.jpg

にしん、今夜のお蕎麦に間に合いましたっ!
あとはお正月にダラダラつまむ用。

d0180447_17133202.jpg

数の子は一番人気なので、たっくさん作ります。
しっかり味が染みてて、今年も美味しくできました~♪

d0180447_17134842.jpg

氷頭なますには欠かせない紅白なますもいーっぱい作って♪
お餅もきたきたっ。
柔らかいうちにって、今朝の朝ごはんは砂糖醤油からめた磯辺巻きでお味見。
一年ぶりのお餅、幸せだーっ♡

d0180447_17135462.jpg

今年の新たな試みは、スモークタンを作ったことです。
昨日せっせと作って、一晩寝かせたもの。
今晩のお楽しみですっ。

d0180447_17140083.jpg

息子がお正月のお花を活けてくれました。
もいちゃんがいたずらするから家の中に飾れなくなったので、鏡餅共々お外に飾ることにしました。
案外いいかも。
家の中にあるより鏡餅もカビないかも?

d0180447_17140544.jpg

来年は酉年。

d0180447_17141221.jpg

家にあるトリたちを集めてお正月の挨拶写真のオーディションもしましたw
どれにしようかなー♡


さてさて。
DVDを8本も借りてきました。
先日「レオン」を息子と久しぶりに見てリュック・ベッソンの映像センスにしびれて、
思わず今日は「グラン・ブルー」w
「バベットの晩餐会」も借りちゃったもんね♪
お昼からワインを開けて、これからだらだら食べて映画見ての大晦日。
息子もいっときですが元の鞘に戻ってきて家族3人で過ごします。

d0180447_17141845.jpg


今年新たに出会えた人、コメントを下さった方、いつも遊びに来てくださる人々、
WSに来てくださった方々、料理教室に来てくださった方々、
嬉しかったです。ありがとうございましたっ。

どうぞ2016年を楽しく幸せに見送ってくださいませ。
そして新しい年もどうぞよろしくお願い申し上げます♡



読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-31 17:59 | うちごはん | Comments(4)

リコッタチーズがますます上手に作れるようになりました☆
d0180447_14100117.jpg

今回はお塩入り。
今日はこれをズッキーニの花に詰めて、フリットにするのです。
手作りリコッタはミルクの味がしっかりして、甘くって、もう市販のものが買えないです~。



そだそだ、
夏らしくなったので、昨日の夜は「鯵の冷汁」。

d0180447_17435397.jpg

1)鯵の干物をしっかり焼いて、皮も骨も取り除いて身だけにしたらハンドミキサーにかけます。
 時間ある人はすり鉢で~。私はちゃっちゃと作りたいからハンドミキサー使ってます☆
2)鯵よりやや少なめの味噌を加えてまたミキサーにかけて、味を見ながら味噌を調節して。
3)アルミフォイルに伸ばしたら、焼き目がたくさんつくようにヘラで切り込みたくさんつけて、
  9分ほどしっかり焼きます。
4)それを、冷水で溶きます。氷も入れてさらに冷たくして。
5)薄切り胡瓜と、手で潰した絹ごし豆腐を加え、薬味に青紫蘇とみょうが、白ゴマたっぷり。

冷ましたご飯にかけると冷たく食べられるし、熱ご飯にかけてぬるく食べても美味しい♪
息子の大好物で真夏に何度も登場する「夏の食べ物」ですっ。




さて、息子も夏休みに突入しました。
青春18切符で10日ほど1人旅に出るって企ててます。
すごい出たとこ勝負な旅をしようとしてるから・・・どうなるのかなあ。
まあ、どこに泊まるとかもなく寝袋持って行くって旅、
安全な国だから子どもの計画に前向きに耳を傾けられます。
日本はありがたい国だなあとつくづく。


[PR]
by africaj | 2016-07-30 12:53 | うちごはん | Comments(0)

うちの冷蔵庫は小さめなので、すぐに入らなくなってしまいます。
保存食を作るようになってから、冷凍庫も減っていく感じがしない日々。

ですが、冷凍庫の霜取りをしないと、霜がせり出すせいで入ったものも入らなくなってます。
冷却効率も悪いので、気になってたのですが
今あるものを避難させる場所を確保しないと、霜取りができない!
まずは、「冷蔵庫の整理週間」と題して、あるものをせっせと食べきることにしました。

畑のお野菜もどんどこ採れてきて、
しばらく買い物に行ってない気がしますっ。


先日採れたトランペットカボチャはどんなお料理にしようかなとスペインの料理サイトをつらつら見ていて、
こんなお料理を見つけたので作ってみました。

d0180447_11121414.jpg



レシピはズッキーニを軽くくり抜いて、モッツァレラとミニトマトを入れたオーブン焼き。
冷蔵庫のブルーチーズを使ってしまおうと、モッツァレラVer.とブルーチーズVer.にして、
オーブンを見たくもないのでw魚焼きグリルで15分ほど焼きました。

優しい味のズッキーニなので、ブルーチーズの塩気とパンチがすごく美味しくて、ブルーチーズVer.がすごく美味しかった♪


d0180447_11122733.jpg


冷凍庫に眠っていた、煮て柔らかくしたひよこ豆。
半分はカレーに入れましたが、半分はファラフェルにすることに♪
ファラフェルは本当は、水で戻しただけのひよこ豆を使わないとくっつかなくて、揚げた時に形が崩れちゃうのです。
だから今回は、「ファラフェルもどき」。
表面に小麦粉をまぶして揚げました。

d0180447_11123242.jpg

サルサはザジキ。
胡瓜をすりおろす人もいるけれど、私は薄切り。サルサにする時は、薄切りを千切りにします。
胡瓜もみ作る容量で、塩水に着けた薄切り胡瓜を、水絞って千切りにして、
水切りしないヨーグルトに入れちゃいます。&ニンニク擦りおろしをちょびっと。

口でもごもごになるファラフェルに、ザジキをたっぷり付けて食べると、いきなり爽やかでうまうま~♡

d0180447_11123746.jpg
うちで採れたスペインのRAFトマトとバジルに、さっき余ったモッツアレラでカプレーゼ。

アラジンで焼いたチャパタを添えた、ベジな夕食。
パパに痩せてもらわにゃいかんので、よしよしっ♪
思いのほかファラフェルが気に入った息子も、ベジだけだったのに文句言わずに食べてくれたので、ほっ。



いつもお弁当やラーメンの具に作り置いてる肉味噌は、多めに冷凍もしてるのです。
冷凍庫のものは佃煮以外、一旦食べ尽くそうかと、
今宵は中華の日に。

d0180447_11124219.jpg
「肉味噌と揚げ春雨のレタス包み」
膨らまなくて、一度大失敗してから怖かった揚げ春雨。
コツがわかりました。
春雨をあげる時って、温度ですね。190度くらいで揚げると綺麗ににサックサクに膨らんで嬉しい♡

今回の肉味噌は、胡桃を入れてます。
タケノコだったり青唐だったりキノコだったり季節のものを入れて年間通して常備なの。

畑でナスがたくさん採れるので、もう一品は麻婆茄子。
どちらもレタスで巻いて、ちょっとご飯も入れて、手巻き寿司みたいに楽しみました♪
レタスのシャキシャキ感は魔法ですよね。
美味しかった~。


d0180447_11125197.jpg
去年の黒豆枝豆。
これもね、採りたてを食べるのが何より美味しいのだけど、いただく時って大量で、
食べきれないで置いておいても甘みが落ちるし、固茹でで冷凍のほうがいいとはいえ、
「旬の美味しさ」を知ってると、いまいち手が伸びず・・・場所とってたの。。。

ずんだ餅にしよう!
って思って、薄皮をむいてみました。

d0180447_11125647.jpg

甘みの半分はみりん、半分はキビ糖。
なんか白あんみたいになっちゃいました(笑)
薄めに作った冷た~い白玉にのっけて♡

あ、かき氷にのっけてもいいな。


あともうちょっと、整理しないといけません。
スープを取ろうと冷凍してた、パパが獲ってきた「うさぎ」、のガラ発見。
そうだ・・・今日やります。。。

[PR]
by africaj | 2016-07-29 12:53 | うちごはん | Comments(0)

朝6時の畑。

d0180447_23191707.jpg

「おお、ろみお、ろみおー♡」

d0180447_23192201.jpg
「じゅりえっとーっ♡」


と言ってるように見えるw
・・・ので、はれて結婚させてあげました(笑)

ズッキーニ今年118本採れたっておじさんに、すごいなーって言ったら、
ズッキーニある間は毎朝受粉しに来てるからって言われて、びっくり。知らなかった私(汗)
一昨年育てた時に収穫できたのは、虫が頑張って自然受粉してくれたからなのね。
5日に一本くらいでそんなに取れないもんなんだなーって思ってたわ。
お友達にも確認したら、毎朝受粉してるよーって普通に返ってきた。
今回変な蔓ズッキーニだから、ぶら下がってる雌花と雄花に距離があって自然受粉するのさらに難しそうと
改めて気がついたので、今年は早起きして毎朝受粉がんばってみます~。

しかし今日結婚できたのは一組。
一気に採れても困るけど、気の長い話だわあ。。。

d0180447_23192802.jpg
今朝の收穫♪
お相手いなかった雄花を摘んできました。

d0180447_23194166.jpg
晩ごはんはズッキーニの雄花のフリット。


d0180447_23194902.jpg
中にクリームチーズ入ってます♪
さっくさく~♡
今度はリコッタ作って入れてみよー(涎)

d0180447_23195469.jpg
これは、先日から作っておいた小イワシの酢漬け。
スペインは顔をしかめるほど酢を効かせて漬けますが、
これはシチリア島シラクーサで出会った水で割って漬ける酢漬け。

d0180447_23200086.jpg
これは緑のピーマンを焼きナスのようにするのがメインの「サラダ・メシューイヤ」。
大人味の焼きナスって感じなのです♪
チュニジア料理。

d0180447_23200522.jpg
ガスパチョ。

奥に見えるのは、パパールーガ。
カナリア諸島のお料理。
濃い塩分で茹でると水気が飛んで味が濃厚になる新じゃがは、いつもたくさん作って、冷やしておやつにも食べてますっ♪

珍しく野菜中心の夕食っ。
息子がいなかったからだな(納得)



d0180447_23201118.jpg
虫歯の子状態だったUFOピーマン2号が、ここ数日でいきなりこ~んなに背が伸びました!
なに?成長期かしら。中高生の男の子みたいだわw

d0180447_23201694.jpg

ベンチ組も、なんか投球練習始めたみたいな鼻息の荒さ。
交代なさそうなんだけど、どうしようか・・・(汗)



[PR]
by africaj | 2016-07-11 23:59 | うちごはん | Comments(10)

凹んだ時に元気が出る食べ物、私はオーソドックスで大きなオムライスと火傷しそうなほど熱々のカレーうどん。

一昨日は凹んでなかったけれど、カレーうどんを食べたら、
食べ終わった時頭がすっきりしてたので、気が付きました。

熱々のカレーうどんって、
なかなか冷めないし、すすれないし、熱くて口に入れられないし、でも美味しくて(笑)
必死にフーフーしてはちょっと食べてアチッてなって・・・
どんどん食べることに集中して、頭の中はカレーうどんしか考えてなくて。
グルグルしてたことが途切れて夢中で食べてるのですよね。
それで食べ終わった時、気持ちが切り替えられるんだろうな。
カレーうどんってすごいんだなー。ようやく解明したぞ!などと一人悦に入ってました(爆)

そういえば、家でカレーうどんを作ってない。
スペインにいた時は、ちゃんとカレーを食べた翌昼はカレーうどん作れてたのに、
なんだか残らない気がする。深く考えたことなかったんですが。
今回はカレーうどんを作ろうと思って、うどんを食べた翌日なのに、夕食にカレーをたっぷり作ったのですが・・・

d0180447_12110559.jpg
先日作った燻りがっこのポテトサラダもパンに乗っけるとたまらなく美味しい。
そして、カレーパン。
週末の幸せな朝ごはん♪

などと、カレーの翌朝はみんなカレーパンが食べたくて、
ぐっとなくなってしまったあ。結局カレーうどんは作れませんでした(苦笑)
ま、美味しいカレーうどん食べられるところ見つけたから、もう家で作らなくてもいいか。

カレーうどん、私の中でかなり重要です(そうちょくちょく凹みはしないけど。基本的に好きなのっ♡)
ディーン藤岡が、アレルギーがあってほかの麺類が食べられないから、住む場所の条件はフォーの美味しいお店の近くって言っていて、
変わった人だなーって思ったのですが、似たものがあるかも(笑)

d0180447_12112477.jpg

2週間強、塩漬けしたらっきょうを今度は一晩塩抜きして、湯通ししたところ。
かじって美味しいよりもうちょっと辛いかなってほど、塩けは結構残す方です。
それで、秋まで甘酢に塩がなじみ、らっきょうからは塩が程よく抜けるくらいじっくり漬けるのが好き。

きっとどこも同じようなレシピなのだろうと思うけれど、
そういう「塩漬けの日数」「塩の残し方」「湯通しするしない」そんなところが好みの味を作っていくのでしょうね。

私の作り方はこう。

(最初の作業)
らっきょう           1kg(皮むき根取り下処理で正味800gくらいになる)
塩               150g
水               750ml 

塩水に浸けて2週間ほど涼しいところに置いておきます。
塩抜きは、鍋にちょろちょろ水を流しながら一晩。塩の残り具合は上記の感じ。塩は抜きすぎないこと!

沸騰した湯を火を止めたら、ざるに入れたまま10秒ざぶんとして、湯切りして冷ましておきます。

(2週間後の作業)らっきょう酢作り。
水     150ml
氷砂糖   250g
酢     350ml
赤唐辛子  2本

漬けこむビンに熱湯を入れて消毒しておきます。
1)水と氷砂糖をひと煮立ちさせて(氷砂糖は溶けきらなくていい)、水に漬けて冷まします。
2)冷めたら、酢と唐辛子を入れラッキョウを浸けて、暗く涼しいところに置いておきます。


選ぶ砂糖で味が変わりますが、氷砂糖が一番すっきり出来上がるので、
私はらっきょうには氷砂糖って決めてます。 



d0180447_12113196.jpg

なめこに2度食われたUFOピーマン2号は、驚くことに茎だけになったのに葉っぱを再生し、ここまで成長したんですよー!
で、畑に植えたら、その後豪雨に見舞われて地面に突っ伏してたので、
救済措置。
歯が痛い子供みたいな状態(笑)

d0180447_12113782.jpg
しかし実は、もうダメだって思ったので、
新たに種をまいたらこんなに元気に育ってます。
こっちの方が茎も太くて丈夫そう。
ベンチには彼らが控えておりますが・・・どうなるんでしょうか。

d0180447_12114164.jpg
友達からもらったフェンネルの種、ナメや虫にやられたりで、ついに一株しか残ってないけど
なんとかここまで育ってます。
フェンネルって育つと大株なのに、種からなかなか育たないし、こんなに弱弱しいのね(驚)
どうなっていくのか、こちらも目が離せません~。



[PR]
by africaj | 2016-06-27 12:50 | うちごはん | Comments(8)

穴子丼

さて。
私が「穴子丼」の研究をしていたのを覚えておられる方はいるでしょうか?
遡ったら2014年の冬でした→「穴子ふたたび」「穴子みたび」「絶品の穴子丼、完成した~♪

その後、京都の懐石料理食べて、料理人さんにどうしてるか少しうかがったので、
改良入れたんです~。


d0180447_23013520.jpg
とりあえず、復習として書いておくと、
肉厚の大きな穴子を買うことが美味しさの前提ですからね。
このくらいが一匹400円なら悪くはないでしょ?
本当は旬の冬のが脂のっててトロっとしますが、この時期もやっぱりふわっと美味しくて好きっ♪
うなぎが高すぎて、櫃まぶしばかりになっちゃってる我が家なので、
こんな乗せ方できる穴子、どうしても美味しく作れるようになりかったんです。

作り方は上にリンク付けてる「絶品の穴子丼」を見て下さいね。

改良したのは最後のところ。

1)落とし蓋して弱火で10分煮たら、自然に冷ます。
2)食べる時に、強火で7分蒸す。タレはたっぷり目にご飯にかけてから、
2/3は取り置いて冷蔵庫に入れると、美味しい煮凝りに♪(後日のお楽しみに♡)
3)1/3のタレは小1杯砂糖を足し、さらに濃く煮てとろみを出しておく。
4)タレをかけたご飯に、蒸しあがった穴子を乗せて、煮詰めたタレを身にかける。

蒸すとやっぱりふっくらするなあ♪
ってことで、ますます男衆も喜んで食べてくれるようになりましたっ。
穴子丼・・・大好きだ~(幸)


[PR]
by africaj | 2016-06-07 13:23 | うちごはん | Comments(0)