とっておきポモドーロ と 鉢植え用の土作り

昨日届いたサンマルツァーノは昨晩3時間かけて水煮瓶詰め8個になりました。
1kg800円。
自分で育てるよりお金かかるけれど、高くはないですよね。
よりたかさんのWSを受けるようになって、農業繋がりが広がって有り難いですっ♪

d0180447_18173918.jpg

せっかくのトマトなので今晩は贅沢に使って我が家のスペシャル・ポモドーロに。
トマトも贅沢使いですが、昨日種を搾った時に出たトマトの、種を漉した水気を弱火(50度~60度)で煮詰めて、
旨味を思い切り増やしてからさらに足したので、ウルトラ・スペシャル・ポモドーロですっw

トマトの旨味って昆布と同じでグアニル酸をいかに増加させられるかがポイントなのですが。
先日shinさんに習った昆布出汁のとり方がまさしく「60度キープ」の方法だったので、繋がって1人喜んでた私w
昆布出汁、家でもう何度も試して感動しきり。
これでじっくり取ると、もうね、引き上げた昆布に味が残ってないほどお出汁に溶け出しちゃう。

ま、そんなことで、
ご興味あったら我が家のポモドーロも試してみてくださいな。



今日は午前も午後も忙しかったのです~。
まずは、
朝から土作りしてたの。
一度プランターに入れた、友人にいただいた土は肥料もない「黒土」だったので、もう一度外に出してブレンドしたんです。
掘り返してみたら、埋めた藁や米ぬか等はこの数日でもう分解が始まっていたのでここはいじらず、
その上からの土を全部取り出して・・・

d0180447_18174920.jpg

黒土5に対して赤玉土2、ピートモス1、バーミキュライト0.5、腐葉土1、もみ殻くん炭0.5の配合で混ぜまぜ。
ピートモスって強い酸性なのですが、すごく栄養があるのですって。
そこに中和するためにアルカリ性のもみ殻くん炭を混ぜる。
今までは買ってきた土を使っていたのですが、こうして自分で作ると、さらにそれぞれの役割がよくわかりますね。
ハーブティをブレンドするのに似てて、植物の好みに合わせてどう混ぜ合わせるべきなのか、
本を読むだけだとただの知識ですが、自分で混ぜていくと心にスーッと入っていくから不思議です。

d0180447_18180086.jpg

よりたか農法の面白いところは、植木鉢にこの作った土と腐葉土の層をミルフィーユ状にしていくこと。
本を読んだときにはへ~って思っただけですが、作っていくと、はたと、これって秋に葉が落ちて冬に腐葉土になり
その上に土が重なり・・・そういう肥沃な自然の土地を真似てるからなんだと気がついて、またまた感動。
やっぱり自分で本当に作ってみて初めてわかること、多いなあ。

d0180447_18181397.jpg

ふふふ、タイから持ち帰った米袋もようやく活躍しますよ♪
これにはジャガイモを植えてもよいのだけれど、大根なら2本ほど育つかなと考えていて、どうしようかな。
こちらももちろんミルフィーユ状に土を作ります。

d0180447_18182098.jpg

四角豆の鉢にきのこがいーっぱい顔出してました(驚)
食べられるなら嬉しいけど、食べられないしなーこれw
きのこが野菜と混在するのは良いのか悪いのか謎でしたが、よりたかさんい質問したら
きのこって糸状菌で、糸状菌って言うのは植物の根を分解または病気にするきっかけになるものなので、
「良くはない」とのことで・・・
謝りながら撤去しました。
カサが開いて胞子を撒き散らされると、お隣の大きなプランターが大変なことになっちゃうもん(汗)

キュウリの苗ももう終わり。
これも撤去。
だんだんと秋のテラスに変わってきましたよ~♪


そして午後はね、
本日お休みだったパパ、いつもお休み状態で本日バイトなしの息子と共に、昼から映画に行きました。
「ベイビー・ドライバー」。
主人公はドライビングセンスが天才的なせいで、無理やり強盗の片棒担がされてる訳なので、
癒やし系と真逆、過激な打ち合い映像もそれなりにある映画。
でも派手なカーチェイスや過激な打ち合いがあればあるほど際立っていく、
優しい1人の青年の可愛らしく純粋でハートウォーミングなお話。
・・・超絶面白かった!!
私この監督、エドガー・ライトすごく好きなんです。
酷い世界の中にさりげなく優しさとジョークと一条の光を灯すのが、すごくうまい。
あと、音楽の使い方も超最高でした。
その話は明日・・・書けるかな?


[PR]
by africaj | 2017-09-05 19:19 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)