クレソンみっけー♪ mamalife

ヨモギの季節になったら、ヨモギの見分け方を教えてって頼まれてた友人に声かけたら、
クレソンが生えてる所があると言うので、一緒に野草摘みに行ってきました♪

d0180447_14034784.jpg


ちょぼちょぼっと生えてるのを見つけて、摘もうとしたら、
あっちあっちって指さされて・・・

d0180447_14040177.jpg

うわーほとんどクレソン畑w
若い葉は辛味が少ないのでサラダに。
大きな葉っぱは辛味もすごいのですが、
スペインに居た頃、大きく育って辛いルッコラをしゃぶしゃぶにしたら、
豚の脂と熱で和らいだ爽やかな辛味がなんとも美味しくて、以来春の定番にしていたので、
クレソンも敢えて大きめのを摘んでみました。
しゃぶしゃぶ、きっと美味しいはず♪

d0180447_14040933.jpg

野に生えるクレソンを初めて見ました。
こんなお花。小さくてかわいい白い花を付けるのですねえ。
摘み過ぎて来年なくなったら嫌だなって気にしていたら、

d0180447_14042528.jpg

なんと!これは無数を飛ばしてがんがん繁殖していくたくましいタイプw
これならあっとうまに増えそうです。
じゃあ当分クレソンを摘み続けても大丈夫だー♪

d0180447_14043600.jpg

ヨモギもまだ緑が濃くなる前で柔らかそう♡
ヨモギを教えてと頼まれた友人は、娘さんにお茶を飲ませたら冷えに効いたと言うのです。
去年からヨモギブームの友人からも、ヨモギは「ハーブの女王」と呼ばれるんだよーと力説され、にわかにヨモギに注目中w
・・・ちなみに絶対気になる「ハーブの王様」w
これはホーリーバジルって、インドネシア、インドに生息するバジルらしい(誰が決めたんだ?)
あ!タイの市場で売ってました売ってました。
イタリアバジルと種類が違うってかおるさんに教わったけど、イタリアンバジルと同じ匂いだったから注目しなかったなあ。
じゃあ今年はイタリアンバジルの他に育ててみようかな。

ま、それは置いといてヨモギです。
肌につけると止血、アトピー改善になる。
蒸気吸入で婦人科系のトラブルの改善・・・簡単な所でヨモギ風呂のすすめ。
精油成分シネオールは冷え性の改善。
ビタミンCと相乗効果で肌を改善してくれるそうな。

先から若いものを15cmほどを摘みます♪

さて、大切なのは保存法。
冷蔵:積んできたらさっと洗って水を切ってから、乾燥しないよう袋に入れて2日で食べきる。
冷凍:下茹でしてから①空気を抜いて冷凍→使い時は自然解凍 ②ペーストで冷凍。
乾燥
パウダー:下茹でして水にさらし絞ってから、天日乾燥し、ミルサーで粉状に。

食べる時はまず下茹でしてから。
新芽の場合は熱湯に塩を入れたら1~2分ほど茹でて、冷水にとって絞る。
新芽じゃない場合は、冷水にとったら20~30分さらしてアクをとる。

生葉を天ぷらに。
下茹でしたもので、おひたしに。白和えも美味しそうかな?
ペーストは、じゃがいものポタージュに入れたり、蒸しあがった上新粉に入れると草餅。
点心やパスタに練り込んだり、使い勝手良しですね♪
パウダーにすると、お菓子やパンに使えていいですよねっ♡

乾燥させてハーブティやお風呂に入れるのも簡単でいいし♪


更年期直前で赤道直下で焼けてしまった私なので、しばらくヨモギでリカバリー目指してみますっw



    
読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
Commented by koguma at 2017-04-14 20:40 x
africaさんおかえりなさい!
ヨモギのお茶、気になります。
生のヨモギにただお湯を注ぐだけ?
飲んだらレポートお願いしますっっ
Commented by africaj at 2017-04-15 12:10
> kogumaさん

ただいまー!
生のヨモギに熱湯注ぐと、かなり味も香りも強いですよ。
馴れない人は、干してお茶に混ぜてどうぞ♪
レポ、できそうならしてみますねw
by africaj | 2017-04-14 15:47 | 食べることの冒険 | Comments(2)