鯛のあら炊き と 先週を一コマずつ

鯛のあら炊きが無性に食べたくなることがあります。

すじ肉と同じで、捨てられるような食材だけど手をかけると美味しい一品。
作ってしまうと、それほど大変ではないのだけれど
「明日は時間があるな」って時に買ってきます。
鯛のあら、290円。
頭の他に、皮とヒレや骨いっぱい入ってました。
皮は酒塩で漬け洗いして大人のポッキーに。ヒレや骨は洗ってからグリルでカリッと焼いて、お酒で煮てから水と生姜や昆布で煮てお出汁に。
これでブイヤベースかアロス・ア・バンダ(魚の出汁のパエリア)に。
これで3品作れます♡ふふふ。

d0180447_09505394.jpg

熱湯をかけて霜降りにして、浮き出した鱗を指でかくようにして洗う。
これが気ぜわしい日は、なんとなく手間に思えるのかもしれません。
あとは煮付けと同じ要領だものね。
酒水をひたひたにして落とし蓋したら、中火で煮て、
味醂と砂糖を入れて煮詰めていき、煮汁が1/3ほどになったら醤油を加えて強火で照りを。

みんなで黙々としゃぶって食べるお料理って家族ならでは、で好きなのです♡



暮れに、甘いけど種が多い小さな柿をたくさんいただいたので、
「柿酢」なるものを作ってみました。
鳥取に日本ミツバチを訪ねた時に泊めてもらった若者が作っていて、
味見させてもらったらとても美味しかったので、試してみました。
出来上がり3ヶ月。
酵母を育てるみたいに、かき混ぜて泡々いっぱい出て落ち着いて・・・酢になったもの。

d0180447_09511222.jpg

柿色してるのがキレイ☆
70度で煮沸を30分したので、やがて酢酸菌が沈殿し透明になると聞きますがどうでしょ?
酢が強くないので、これで酢飯など作ってみよう♪

d0180447_09510348.jpg

お友達が来てくれたので、花巻作りを一緒にして遊びました。
パスタをうつよりも薄力粉だから柔らかく、粘土細工みたいに遊べて、
後は焼くか蒸すだけなので、おしゃべりしながら簡単におやつにできてすごく楽しい♪
簡単な点心でのおもてなし、気に入ったぞ☆


d0180447_10550617.jpg

旅の準備してたら、
Tシャツも短パンも帽子も15年前と同じものだってことに気がつきましたw
Tシャツなんて、25年前に買ったもんでしたw
物持ち良すぎ(爆)どんだけお気に入りっ!?
穴あかない限り捨てないし、最近は刺繍で繕うから服が長生きですごいわ☆


さて。
明日から旅に出ます。
wifi繋がる所が見つかったら、トルコ&スペインの時みたいに写真一枚レポみたいなの
できたらと思いますが、はてさて。




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
Commented at 2017-03-21 12:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2017-03-21 18:27
Kちゃん、こちらではひさびさーw

ブリあら、食べられるんだね!
食の範囲が広がってくれると私もほっとするよ(笑)

あらは少し甘めのほうがいいし、骨から旨味を引き出さなきゃいけないから、
酒水でまず煮てるけど、普通のお魚は水入れないお酒みりん醤油でいきなり煮てOK。
蓋せず落し蓋だけして強火で一気に。
お砂糖は、みりんに補助で足す感じ。
こっくりしなかったのは、魚に対して汁が多すぎたんでは?
機会あったら花巻一緒に作ろ♪

行ってきまーす☆
むこうは発電電気だから、うんざりするほど早寝早起きっすw
by africaj | 2017-03-21 10:44 | うちごはん | Comments(2)