穴子丼

さて。
私が「穴子丼」の研究をしていたのを覚えておられる方はいるでしょうか?
遡ったら2014年の冬でした→「穴子ふたたび」「穴子みたび」「絶品の穴子丼、完成した~♪

その後、京都の懐石料理食べて、料理人さんにどうしてるか少しうかがったので、
改良入れたんです~。


d0180447_23013520.jpg
とりあえず、復習として書いておくと、
肉厚の大きな穴子を買うことが美味しさの前提ですからね。
このくらいが一匹400円なら悪くはないでしょ?
本当は旬の冬のが脂のっててトロっとしますが、この時期もやっぱりふわっと美味しくて好きっ♪
うなぎが高すぎて、櫃まぶしばかりになっちゃってる我が家なので、
こんな乗せ方できる穴子、どうしても美味しく作れるようになりかったんです。

作り方は上にリンク付けてる「絶品の穴子丼」を見て下さいね。

改良したのは最後のところ。

1)落とし蓋して弱火で10分煮たら、自然に冷ます。
2)食べる時に、強火で7分蒸す。タレはたっぷり目にご飯にかけてから、
2/3は取り置いて冷蔵庫に入れると、美味しい煮凝りに♪(後日のお楽しみに♡)
3)1/3のタレは小1杯砂糖を足し、さらに濃く煮てとろみを出しておく。
4)タレをかけたご飯に、蒸しあがった穴子を乗せて、煮詰めたタレを身にかける。

蒸すとやっぱりふっくらするなあ♪
ってことで、ますます男衆も喜んで食べてくれるようになりましたっ。
穴子丼・・・大好きだ~(幸)


[PR]
by africaj | 2016-06-07 13:23 | うちごはん | Comments(0)