牡蠣三昧♪

パパが狩りに行った手土産に牡蠣を1kg買ってきてくれました。
今回獲物はなかったようですがw

牡蠣のベーシックな扱い方はこちらに。
殻付きの牡蠣、2日は大丈夫。
そう知っていると、気持ちに余裕持ってお料理できますよね♪

高田郁の「みをつくし料理帖」も読んでると作りたくなるお料理いっぱいで、
大根の油焼き」「鯛のあら炊き」っていっぱい再現したのですが、
今回は「牡蠣の宝船」を作ってみるチャンスだー♪ってね。

d0180447_17322003.jpg

昆布を湿らせて柔らかく広げたら、舟型にして。
本では干瓢で縛るのですが、ま、片結びでOK。
牡蠣を並べて酒をふりかけて、くつくつ炙るのですです♪

一緒にしいたけとか厚揚げも網焼き、焼けたものから食べるのも楽し♡

d0180447_17315746.jpg

くつくつ。
牡蠣がぷっくりしてきたら食べごろ。
柚子を絞って・・・あっまーい!!!!(感涙)

d0180447_17323651.jpg

しいたけは、汗かいてくるのをじっくり待つのが美味しく食べるコツです。
これは漫画「銀の匙」で書いてあって、これも忠実に再現してる我が家っw
しいたけ、ひっくり返しちゃいけないんですよー!


さて。
網焼きで炙ってる手持ち無沙汰な間はこれを。

d0180447_17322997.jpg

牡蠣を入れた茶碗蒸しです。
白子や牡蠣とかの食感と茶碗蒸しの優しいコラボって癒やされるんですよ~♪

茶碗蒸し(2人分)

牡蠣       1人2個
銀杏
子宝菜(なんでもいい)        
卵        1個
出汁       130ml
薄口醤油     小1/2
みりん      小1/2
砂糖・塩     適量

1)小鍋に酒を薄く張り温めてから牡蠣を入れて蓋して数秒蒸して皿にとり、
  小さな子宝菜を半分に切って、鍋に残った酒で軽く酒蒸しにし、冷ましておく。
  銀杏は殻にヒビを入れ、紙封筒に入れ600w40秒ほどチンして、殻をむく。
2)卵液を作り、牡蠣、子宝菜、銀杏を器に入れてから卵液を器8分目までかける。
3)湯気の上がった蒸し器に強火2分、弱火12分火にかける。


最後に牡蛎のお吸い物。

d0180447_17324221.jpg

これは簡単ですが牡蠣の美味しさが味わえて良いです♪

d0180447_17324922.jpg

宝船を食べきった後の、牡蠣エキス染みた昆布を一口大に切って、
カリカリ炙りながら、だらだら飲むのもまた楽し♡

おいしゅうございましたっ。






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
Commented by kuma-rennes at 2017-02-13 21:17
こんにちは。
牡蠣は生でレモンを絞って食べることが多いけれど、こうして少し手をかけて和食でいただくのも乙ですね〜
私の住むところも牡蠣の産地(カンカル)が近いのでマルシェでよく買いますが、土曜日に買うと水曜日までは保つと言われます。水温と水質が違うので日本だと二日くらいかもしれませんね。
Commented by 小梅 at 2017-02-14 18:56 x
お、美味しそうーー生唾ごっくんしました。昆布の旨味と牡蠣の甘みが合わさってお酒進む感じですね。美味しい牡蠣久しく食べてないので羨ましいです。
茶碗蒸しも美味しそう…スーパーの牡蠣で作ってみます〜椎茸網でじっくり焼くの美味しいですよねー父が食道楽で獲れたてを網でじっくり焼いてもらいました。ほんと美味しいですよね^ ^
Commented by africaj at 2017-02-15 15:22
> kuma-rennesさん

フランスの牡蠣は大粒のもあるんですか?
小粒の生牡蠣、最高に美味しいですよね♪
スペインも小粒生牡蠣なので、和食屋さんは三個一緒に日本サイズのカキフライにしてましたがw
生牡蠣ね、プランクトンの少ない海で育てるのですって。
その分長持ちするのかもですね。
Commented by africaj at 2017-02-15 15:36
> 小梅さん

関西圏は坂越の牡蠣ですよー♪やはり美味しい♡
おおお、やはりお父様は食道楽ですね。鹿にカワハギにって聞くほどにそう思っておりました♪
Commented by kuma-rennes at 2017-02-17 01:47
こんにちは。
カンカル(ブルターニュの北側)は大きいといっても大したことはないですが、キブロン(南側)の牡蠣は草鞋みたいな大きな牡蠣がありますよ。人の顔の大きさぐらい。
なので、牡蠣フライが食べたくなったらキブロンの牡蠣を買いますね。でも、それもパリにいた頃は見たこともなかったです。ブルターニュでも北側は夏でも泳げないくらい寒いですし、プランクトンが少ないんですね。

クエのカマで4500円に絶句しました。日本は海に囲まれているのに、一般の人が普通に鮮度の良いものを購入できないとしたら残念です。でも、美味しそうに召し上がってらっしゃるから良かったです♪
Commented by africaj at 2017-02-18 13:27
> kuma-rennesさん

へええ、フランスはそんな大きな牡蠣があるのですね!
ちび牡蠣3個でのカキフライって、ワタが物足りなくて「間に合わせ」感強いのです。
海外でまともなカキフライが食べられるとは知らなかったですー!!

スペインから帰国した時に2年ほど高くて買えなくなったものが、果物でした。
綺麗な形ですが、1個100円以上する日本と、kg売りのスペインでは差が激しすぎて。
魚もお刺身が売っている反面、一匹買いが高すぎて。
鰯など小魚は鮮度が悩みですし。
実はね、スペインの魚市場のようなものを想像してたので、がっかりもしたのです。
どんな小さな村にもそれぞれに市場があって、一般の人が買える、そんなシステムはどうやってるのかなと思ってしまいます。
とはいえ、鮮度は魅力。スーパーで買うよりも値段も安いのです。選択肢がないだけで・・・こんな所が見つかっただけでも喜ばなければっ。
by africaj | 2017-02-13 18:25 | うちごはん | Comments(6)