雨降って地固まる。

あの日から一週間経ちました。

d0180447_11510211.jpg

その日はこんなにうららかな冬の日で。

d0180447_11494976.jpg


朝遅く起きてきた息子が窓から外を眺めて
「うわあ、なんてピカッときれいな青空!すごい、すごいよ」と言うので、
じゃあ写真でも撮っとこうかってパチリとした。

腰を痛めた翌日、
大根を洗って干してしまわないといけなくて
パパが洗い、息子がテラスに運び、パパが結わえて干してくれました。

d0180447_11504164.jpg

大根が悪いわけではないけれど、すべての発端。
大根は見ていた(苦笑)

d0180447_11501435.jpg

12月なのに何故か大粒の苺がなってて花も咲いている。

パパがバイクで仕事先から直行して畑の私を助け出し、
私の乗ってきた車で病院経由で家に連れ帰ってくれ、畑に置き去りだったバイク。
私の腰が治り運転できるようになったので、
今日、2人で畑に行き、パパがバイクを持って帰ってこれました。

この一週間は長かったです。

息子は東京でばあばと暮らし始め、毎日のように食後に洗い物をし
買い物を手伝っているそうです。
近所にアルバイトを頑張って探しては、お願いし、
是非にと言われてホッとしたと思ったら、高校2年生からじゃないと雇えないと謝られ、
もう一つまたお願いしに行った先は、高校一年生が多くて
教えられる人がいないから、今はダメと断られ、
年齢の壁を感じたり。
今日は、大掃除を手伝って窓拭きを朝からやっているとか。

「とりあえずの服しか持っていないから、下着やズボン送って!」
と言われて、大急ぎで梱包して送ってあげたりもしました。

「買い物来てるんだけど、ひろたのポン酢こっちでも売ってるんだけど、
これだよね?美味しいの。じゃあ買って帰ってあげよう」
こんな風な電話がくる。
うろ覚えだったことを一生懸命手繰り寄せてるんだなって感じます。

「ばあばがインスタントラーメン作ってくれたんだけど、あのメーカーまっずくて。
今度ラ王買ってきて作ってあげようと思うんだー。
ママの焼豚ないのは痛いけど、でもそれなりに美味しいよね?」
そんなこと言われたら、
わかった。今度作ってそっち送ってあげるから、
ばあばに作ってあげてって言っててw

もうね、上京した息子を持つお母さんみたいです。


でもね、頑張っておいで!って送り出したのとはちょっと違う分、
なんとなく気になってばかりです。

男同士じゃ無理で、お母さんにしかできないことかもなあって思い始め、
たとえば互いの気持ちの通訳だったり、
正しさと優しさの間の距離の橋渡しとかのために私がいるのかなあと。

そして昨晩、そっちで過ごしてみて今どう感じているの?と尋ねてみました。
まだ子供だからやらないとか知らないとかじゃなく、
もう年齢的に1人の人間として、3人で互いを思いやって暮らしたほうが楽しいんじゃない?
そう思えるなら、いつでも帰ってきていいんだよ?
くーまがいないの寂しいよーって。
「たぶん大丈夫。この前みたいなことにはならないと思う」と言ってました。
よく考えて、明日電話してって切りました。

そしてね、今日です。
「オレね、年末年始そっちに帰ることにして、
でも東京でもう少し頑張ってみることにした」って伝えてきました。
一人暮らしになって縁の無くなったクリスマスを、今年は孫がいるので
ケーキはどうするか、ご馳走はなんにしようかと張り切っているばあばを思って、
クリスマスは一緒に過ごすから26日に帰ろうと思うのですって。

もっと気軽に大学のプロジェクトに顔を出して色々話したいこともあるのですって。

東京にしかないものも多いし、
神戸と比べてアルバイトも時給が200円は違うし。

今帰ったらまたダラダラしちゃうかもしれないから、ここで頑張るほうが
自立できそうな気がするからですって。

家だとパパや私を自分が手伝えそうなことは家事以外ないのにw
ばあばの家にいると、自分が役に立てることいっぱいというのも
今の彼にとても良いのかもしれないと想像してます。

本当は一番がっかりしたの、私かも。
でもね、
「家に戻るか東京にいるかどっちにしようって選択肢があるって幸運なことだから
自分のいいって思う通りに一生懸命頑張ってみてね」って
ちゃんと言えましたよー(涙目でw)


そして私も、この一週間あまり考えないようにと思いつつなんとなく沈んでましたが、
なにか良い感じに転がり始めたことに、ホッ。
とりあえず、年末年始を一緒に過ごせることがこんなに嬉しいなんて。
一緒に過ごせる時間は残り少ないと思うので、大切に過ごそうと思います。


読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
Commented at 2016-12-23 16:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mimimi-753rose at 2016-12-24 13:03
うちにも息子がおりますですよ。
思春期には連れ合いと、男同士、ぶつかることもあり、
家の中が気まずーいムードになったこともありました。

もうすぐ21歳です。
遠くにいても喋らなくても、母親にとっては幾つになっても激カワです。
Commented by vinge at 2016-12-24 16:26
Africaさーん!

はぐはぐっ! 

メリークリスマス!

Commented by africaj at 2016-12-25 13:26
> ko**maさん
腰、大丈夫だったのに・・・今日は場所を変えてやばそうで安静にしてます(涙)
師走なのに~。
いや無意識でもなく危機を感じてました。
家族が仲良くて、愛情受けながら甘えないで育つって・・・子供にそういう理想がないと無理かもって思ったりw
そんなことで、おれそこにいるとダメだからって決断したのは偉いから応援するのです(涙目でw)
Commented by africaj at 2016-12-25 13:30
> mimimiさん

え!そんな大きなお子さんが!?
思春期の男の子とすでに格闘し終わっているのですね。
みんなそうなのですね。
うちも頑張ります!
声変わりして背丈追い抜かされても、可愛いものですねーたしかにw


Commented by africaj at 2016-12-25 13:32
> くまたろうさん

はぐはぐされたーあったかーい♡
カードもありがと!!
めりーくりすます~
Commented by latavolasiciliana at 2016-12-25 20:27
メリークリスマス~☆☆☆
ここのところバタバタしてて、、、久しぶりにブログ読んだら、なんとくーま君上京!
こっちでの子育てを見ていると、厳しくくーま君を外に追い出したパパと、そして涙目ながらにくーま君に選択を委ねるafricaに本当に拍手大喝采だよーーーーー!!!

もーねー、こっちの子育てって、、、突っ込みどころが満載過ぎて疲れちゃう!
子も子だけど、、、ほんと親も親。
というか、親が親だから子も子か、、、(笑)
愛情を与え続けるオンリーで、自立させよう、、、という気持ちが少なさすぎるような。
そんでもって、「自立しない」と腹を立てる親。
そりゃそうよねー、子供は楽させてくれるなら楽する方向に進むし。

そんなのを目の当たりにしていた私は、今回のお二人の決断に拍手喝采!
Commented by macchi73 at 2016-12-25 23:57
うんうん、って共感して読みました。
うちも息子とはぶつかること多いんですよねー。
父と息子というのは、そういうものなのかな?
って、私は母ですが、うちは主流の家庭とは夫婦の役割が逆転してるので、どうも息子は社会の代表を私に見ている気が.....。

親が自分なりに考えて、理性でやってきた育児ポリシーとは別に、家族ひとりひとりが持つ生来の性質っていうのも大きく関係するから、結果って化学反応というか、予想つかないですよね。対照実験はできないから、何が正解かも分からないし。

でも、親が子に見る長所も短所も単なる特徴で、見る人によって欠点だったり魅力だったりするんだろうから、結局、その性質とずっと付き合うことになる本人が好きにやってくしかないんだろうと思ったり。願わくば、その固有の性質を、良いようにコントロールして、幸せな人生を送って欲しいですね。

あんまり反発されると、ムッとしたり切ない気持ちになることもありますが。まあ自分は子供に好かれたい訳じゃないのだ、立派に巣立ってくれればそれでOKさ、とか自分に言い聞かせる毎日です。

だけど、その辺に転がってるテンプレートじゃなくて、自分固有の経験・葛藤・感覚とかは、良いものも悪いものも、経験しとく方が絶対、人生の味になって良いと思う。息子さん、すごく良いと思います!
Commented at 2016-12-26 02:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-12-27 14:39
> Reiちゃん

まだまだメリークリスマス、これからお食べ地獄だね!
そうなの上京。
喝采してくれる?ありがと~。
今回帰ってきて、わずか2週間に満たない時間でなにかが変わったのを感じるから、
やっぱりよかったんだってほっとしたけれど、心配もしたよー。
イタリアの子育て事情、親は自立しないことを腹立てるのね・・・親が手放したがらないんだと思ってた。でも、イタリア人は今もおおらかに才能豊かに成長してるんだから、
なにが良いのかわからないところもあるけれどー。

自分たちの経験からの子育てしか出来なくて、それも断腸の思いとかだけど、
あと数年だから頑張るね!
Commented by africaj at 2016-12-28 09:31
> macchiさん

なんと、ぶつかる相手はmacchiさんなのですねw
息子くん、macchiさんを超えられないもどかしさもあるんでしょうね。

子育てって、ほんに子供が育つほどに予想がつかなくなりますね。
その化学反応をどう瞬発力で生かす方向に乗っかるかだなあと必死で頭を巡らせてますよー。
でも、自分の経験からしか導き出せないから、
振り返ってみると、自分が受けた子育てが反面教師も含めベースになってるなと思うし、
夫婦互いの幼少期の思い出を話し合う機会も増えるし、
自分を振り返るきっかけにもなったりで、奥が深く面白いチャレンジだなとつくづく。

「その固有の性質を、良いようにコントロールして、幸せな人生を送って欲しい」まさに、これに尽きますね!!誰に遠慮もせず、自分主体で考えて生きるのを楽しんでくれたら嬉しいなあ。
多趣味なmacchiさんの男らしいw背中を見て育つ子ども達も、楽しみにしておりますよー!
Commented by africaj at 2016-12-29 00:00
りすさん、あはは、もう巣立ちを想像してるのですねー。
でも、わかるな・・・私もそうだったかもw
考える事はけっして無駄じゃなく、いっぱい考えて備えてると慌てず対応できた気がしますー。
そうか「母親の愛は子どもの巣立ち、つまり自分から離れていくことを望むこと」そうなんだ。ちょっと安心しました。今って「愛いっぱいに子供を叱るより褒めろ」主流だから、叱ったり厳しくすると愛が足りないッて言われちゃう時代。
でも、離れてて優しい、目指しますっ。リスさんの子育て、楽しみだな♪
by africaj | 2016-12-23 13:48 | 息子のはなし | Comments(12)