「トランペット・ズッキーニと過ごした夏」のお話っ♡

今年初めて育てた「トランペット・ズッキーニ」。
熟すと名前も「トランペット南京」に変わるというイタリアから来た変な奴。

これがとても面白く、そして素晴らしかったので記事にしようと思います♪

d0180447_16260909.jpg

これが7月7日の私の畑と、蔓性ズッキーニ君。
この時はまだおとなしい感じですが、これがもっともっと育ってしまって、
二回ほど強剪定しないと畑全体に蔓を伸ばしそうな勢いで抑えるの大変だったー(汗)
ネットが重すぎて曲がってきちゃうし(滝汗)

3株植えすぎでした。1株でよろしい。
でも、樹勢が弱い子もあったから、今後は予備含めて2株にしますー。

d0180447_16264184.jpg

最初は雄花ばっかりさいたので、せっせとフリットにしましたよー。
美味しくってこの夏どれほど食卓に登ったでしょう。

d0180447_16265359.jpg

お花は早朝6時頃だと虫が入っていないキレイなものが収穫できるのです。
詰め物するのに雄しべが邪魔なので、蕾が閉じる前に收穫後すぐハサミで切っときます。
お料理の時にクリームチーズ詰めるの。
でも、自家製のリコッタチーズなんて詰めると、塩気薄くミルキーな甘み一杯で飛び切りの美味しさでした♡
リコッタ作りはヨーグルト絞ってホエー取るところからだから時間かかって、なかなか
お花の收穫のタイミングと合わせられなくて、幻のフリットだったんですが。

フリット、冷やした炭酸水で小麦粉溶くだけだから天ぷらより断然簡単です。
お花は下準備として粉はたいときますよ。
ズッキーニのお花以外でも美味しいのでどうぞ♪

d0180447_16272678.jpg

これがズッキーニのうちに収穫したもの。
普通のズッキーニの3倍はあるでしょ?すごい食べごたえあります~。

d0180447_16275197.jpg

普通のズッキーニより微かに甘みがある感じで美味しいの。
生でかじっても美味しいし、こうしてグリルするとぐっと美味しくなりました。
ちなみにこれは、ベースはブルーチーズ(クリームチーズと2種類作ったけど、ブルーチーズ人気でした)
このくらいパンチと塩味効いたものと合わせたほうが甘み旨味が引き立ちましたよー。

d0180447_16283764.jpg

これが、南瓜にするのに3週間くらい置いて收穫したもの。
いくらでも大きくなっていっちゃうからビックリです。

d0180447_16295471.jpg

こんなに大きいと置き場所に困るので、どんどん人にあげまくりましたーw

で、この子はヘタがまだ緑で南瓜には若いってことが判明し、我が家の風通しいい所で追熟。
(実はまだ今も追熟中w他のズッキーニまだ食べてる最中だから手が回らないという事情 汗)


d0180447_16292989.jpg

真夏にトマトがいっぱい穫れて、水煮の瓶詰め作ったりガスパチョ作ったり・・・
ズッキーニが育ちすぎて強剪定したら実をつけなくなったりでムラのある間も
咲き続け穫れ続けた、ズッキーニの雄花たち♡
相変わらずフリットw

d0180447_16300770.jpg

さて、樹でちゃんと南瓜になるまで待った方は、
8月後半に台風がぼんぼこ来たせいで、地面に接してた所が腐り始めちゃって
慌てて無事な所だけ切って收穫してきました。
全部じゃないのに、モイちゃんと比べるとすんごい大きさでしょ!?

d0180447_16301384.jpg

切ってみると、ちゃんとオレンジっぽく熟してます♪
食べきれないから半分お友達にあげたのですが、
この半分を食べ切るのに何日もかかり・・・今まだ少しあります。無尽蔵感はんぱない。
冷蔵庫に入れなくても腐らない優れものでした(←冷蔵庫に入らないからそこらに放ってて判明したw)

d0180447_16302662.jpg

そのうち、秋ナスが穫れはじめた畑w
なめ子に何度もやられて満身創痍だったりの実況中継してたフェンネルやUFOピーマン2号が元気に育ったんですよー♪
で、UFOピーマン2号こんな奴ですが見つけられますか?

あ、この写真を載せたのはそこじゃなく、
右上の葉っぱね。
これ、トランペットズッキーニの蔓の新芽です♪

さんざん剪定してはゴミ箱行きになってたんですが、ある日「シチリアでは食材として売られてる」って聞いて
がーーーーーーん(汗)
「テネルミ」って名前もあって、れっきとした郷土食材なのですって!
北イタリアでは、高級食材として売られてるんですって!
ってことでね、私も食べてみることにしたのでした♪

d0180447_16303190.jpg

すごいもふもふの産毛で、食べたら舌に突き刺さるんじゃないかって不安になるほどだから
知らないとまず食べようとは思わない感じ(汗)

実際はシチリアで育てられてる蔓ズッキーニは、ひょろっと棒状に育つ「ズッキーニ・ルンガ」ってもので、
調べによれば、これはヒルガオ系なのだと書いてあったのです。
対して私の「トランペット・ズッキー二」は南瓜と家族なんだとか。

そう書いてあるとちょっと不安になったのだけど
シチリアのREIちゃんが「ちょっと葉っぱの写真おくってみし」って指導してくれてw
似てるよ似てるって言ってくれたので、そのままGO。

検索では、「茹でてから料理に使う」って書いてあったけど、
「私はそのままスープに入れるよー。蔓はこっちでは食べないよ」って言うから、クルクル蔓だけハサミでちょんっ。
そんな写真ですw

d0180447_16303760.jpg

これが出来上がり♪
スペインのプチェーロに入れてみました。
プチェーロは、みじん切りのピーマン人参玉葱とにんにくを焦げる寸前まで炒めたものを出汁のベースにして、
トマトやひよこ豆とその煮汁、豚肉を煮込んだものですが、
これはさっぱりと焦げ目を付けた骨付き手羽を煮込む私のアレンジ。
この黄色いのが、南瓜になったズッキーニです。
あのね、食感は大根とサツマイモ合わせた感じで、味はサツマイモのように優しく甘いの。
すっごく美味しい!!(時間かかったから感動も大きい)
そして、「テネルミ」~っ♡
日本のお野菜にはない食感でした。
でも癖もなく青臭くもなく、煮込むからスープが染みて美味しかったな。

すごくすごく美味しかったのは、久しぶりの温かいスープだったからか、
もしかしたら「テネルミ」の旨味なのかわからないけれど、とにかく家族各自で10回は美味しいって言ったのよ(笑)

もしも育てる機会があったら、来年是非育ててみてくださいな。
花も蔓も葉っぱも食べられて、実は2種類の味で楽しめるなんて、すごいお野菜ですからっ。


お休み中の夏の畑のレポート、終わり~♡


やっとやっと参加してみました~!
まだ慣れなくて、今自分がどの順位なのかも探せない状態ですが
(すごく下なことは確かだけど数が多すぎて 汗)
って、
探してみたら「圏外」って書いてありました~!
当たり前だけどランキング表示もされないらしい(悲)

どちらかを
ポチッと応援くださるとうれしいです(ぺこり)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by 小梅 at 2016-09-21 18:45 x
ブルーチーズの美味しそうですね♡♡食べてみたいです^^モイちゃんとトランペットズッキーニの写真がしっぽが二つ並んでるみたいですね♡ニャンコは癒しですねー♡
Commented by africaj at 2016-09-22 00:17
> 小梅さん
ブルーチーズととてもよく合いましたよー。
そうなのそうなの♡モイちゃんのしっぽみたいなクネリ方でしょう?(笑)
ニャンコってほんと、素敵なやつですw
Commented by vinge at 2016-09-22 11:32
ぽちっとしたよ~!今47位だってー!きっとぐんぐん上がるよ~。(笑)
昔、私も写真ブログでランキング参加してたことあったけど、順位上がるとテンションも上がるよね~。

で、畑のこと、前から聞こうと思って夏が終わっちゃいましたが、ズッキーニの雄花のフリットって、普通にカボチャの雄花でもいいのかしら?
毎日雄花眺めながら、しぼませちゃったの。来年こそ絶対食べる~。おしべはとるのね。メモメモ。
葉っぱも食べられるのねー。
ちなみに和食で食べるとしたら、なにに合いそう?やっぱり汁もの??
Commented by africaj at 2016-09-24 11:14
>くまたろうさーん

ぐんぐん上がっててちょっと怖くなってる(汗)
あんまり上位だと、責任感じて頑張っちゃう性格だからどうしよう・・・(汗汗)

そうだよーカボチャでもOK!!
カボチャの葉っぱは食べられるか知らないけど。
ほら、来年はズッキーニだからw

和食にするなら、詰め物をクリームチーズじゃなくお豆腐ベースにお野菜やヒジキとか混ぜて詰めると良いよー。
そして天つゆとか塩で。
和食じゃないけど、ホットサンドにチーズと挟むと(タコスでしかやったことないけど)メキシコ風♪

by africaj | 2016-09-20 17:33 | 畑でお野菜育ててみる | Comments(4)