旅に出た子の消息、学校辞める話その後。

長野の「旅のはなし」 書き終えました~  → 「長野へ(2016年の夏休み)5 島崎藤村とますや旅館
                       「長野へ(2016年の夏休み)6 帰路につく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月の夏休み、
色んなものを試して、秋からblogとsnsを棲み分けしていけそうな予感。
書き始めるのは9月に入ってからと思ってますが、目下進行形のことに関しては待ったなしなので更新します。


旅立った息子、
当初、一気に東京に出てから、青春18きっぷで東海道線をあちこち見ながら関西まで帰ってくる計画が、
台風9号で東京に足止め食い、
やっと出発したと思ったら、猛暑の高温で線路が歪んだって警報がなって、車両の中で足止め食い、
ようやく伊豆を旅しようというところで大雨警報で電車止まり~(これだけ重なると笑うしかない)
波乱な幕開けの一人旅をしとります。

結局のところ、
伊豆へ足を伸ばすのを諦め、静岡で一泊し、
浜名湖で、弁天島行ってうな重と肝吸いのランチを楽しんでるのは、ちゃっかり君(苦笑)

名古屋で一泊と思ったけど街が大きすぎて辟易し、
東海道は面白くないから北陸行っちゃおうっていきなり変更することにしたらしいの。
分かれ道の米原で泊まろうとしたけど、宿を探すにもインフォメーションが見つからず・・・
すでに20時過ぎたところで、なんとか彦根に来て、歩いてビジネスホテルあれこれ当たってチェックイン
したんだそうです。

どこの駅で泊まるか、行き当たりばったりだから宿の予約ができないのはわかるけど、
夜20時過ぎても泊まる所が決まってないって、不安にならないのかしら。
ホテルに電話で聞いてから行くとかしないのだろーか?
せっかくルーター買ってどこでもタブレットで検索できるようにしてあげたのに、なぜ検索しないんだーとか。
その前に、朝起きて行動に移すのが遅いからこんなことになるということに気が付け!早朝移動しろっ!!
などなどの届かぬ声に胃が痛いというか気分が暗くなることも多い母。

朝、寝坊してホテルのチェックアウト過ぎそうになったとか朝食食べられなかったとか序の口。

だけど無事に彦根城見物をしたらしいです♪
と思ったら、出てきたら10号の影響で大雨ずぶ濡れで、雨宿りしても止まないからって、
ずーっと待ってたら3時過ぎちゃったって電話が入りました。

それから金沢目指すって電話があったんだけど、
「しらさぎだと一本で行けちゃうみたいなんだよね・・・18きっぷは使えないから特急料金が必要みたいだけど・・・」
弱音は聞かないことにしてるので、「へー」だけ言いました。
ダメとも言わないけど、「乗ったらいいんじゃない?」って期待されてるだろう言葉も言ってあげないの。
どっちがお得か、どっちが効率的か、なにが最善か自分で考えて~。

夜に「今、福井に着いたー。もう遅いからここでホテル探して明日金沢行くことにするー」って。
結局18切符使って、乗り継ぎ乗り継ぎ向かったらしい。

そんなことで今、北陸~。
いつ帰ってくるんでしょーか。案外に1人で平気な子らしい(笑)

d0180447_02055334.jpg
出発直前に描いてた絵。
なんか、旅立ちの絵っぽいから載せます♪



こちら、彼にまつわる大人達のお話。

学校から呼ばれて、今朝は話をしてきたのです。

「今からでも、あんたが泣きついて学校行けるようになんとかしてあげなさい!」
って、母から言われて、
しばらく悩んじゃったのですが、
やっぱり「学校行けるように」すればいいって話じゃないのでは?

「本人が学校通って勉強することに興味が無いんだから、違う方法でやるしかないでしょ」
とパパと最後に話し合って親としても覚悟を決めて。


学校やめても、通信制に移行も、高校認定受ける気もないと言っていたから、
パパがお題を出して読書で学ぶことになったわけですが、

今、初めての一人旅を終えて帰ってきた時、もしかしたら心境が変わっているかもしれない。
今回はそうじゃなくても、アルバイトしたりなにしたりと色々なタイミングで考えが変わった時、
その時から勉強を始めても遅くない。
2020年からは教育改正で、センター試験もなくなって、
より息子が得意とするプレゼンテーションや研究発表が重きを置かれるようになるというし・・・ね。

実体験から学ぶのがあってるなら、見守ろうと思います。
そう言ったら、
「僕は、彼がもしかしたらある日やっぱり学校を辞めたことを後悔する瞬間が
あるかもしれないから、1年休学にしたらどうかと・・・」とおっしゃって。
もちろん校長先生の考え方一つだから、保証はできないのだけれど、
できるだけ説得してみますから・・と。

「彼はなにか可能性を感じるので」

うー、その可能性が絶たれないように協力してあげたいって(滝涙)
休学にしたって無駄になるかもしれないけど、今はとりあえず席を置いておけるように
なんとか頑張ってみますからって。
学年主任の先生、ほんといい人だった。。。

「実は、くーまが電話かけてきて、その後学校来て辞めるって告げてから
『先生お世話になりました。ありがとう』って、笑ってハイタッチして去ってったの見て、
えーーーーーーーもしかして、これでくーまと会うの最後やたりする?って焦りまして」って(ぷっ)
カミングアウトしたのは若い兄貴肌の担任先生。
中3の不登校時代から優しく兄のように支えてくれた先生。

もしかして、この学校でこんな風にやめる子、初めての出来事なのかな。
ほんと・・・明日のことすらまったく分からない息子の人生ですが、
一歩一歩頑張るしかないなと思うのでした。

                  

[PR]
Commented by junchan1117 at 2016-08-31 05:48
初めまして。
素敵な絵をかくお子様ですね!
一人旅、きっと彼の中で何かあったときの糧になるでしょうね。我が娘も勉強に全く興味がなく、学校もすぐ止めてしまいました。親も行くふりをして行かないなら、アルバイト自分で見つけてやりなさいと、しかし、自分で行くといって入学した学校を辞めるならそれにかかったお金は自分で返済しなさいと、15の娘に突きつけました。お金はきちんと返済し、今もアルバイト続けていますが、たまに学校を辞めた事を後悔しているか聞いて見ても全く後悔していなく、しかし、勉強はもう少し真剣にやればよかったとのことです。
色々な方にしごかれながら、世間の厳しさも本人が味わいながら成長するしかないのですね。
娘は今年二十歳になりました。したの子なのですが、上二人は問題もなく育っていったのでなぜこの子だけ?と沢山悩みましたが、子育てとは悩むことあたりまえですよね、人間一人つくりあげているのだから。しかしながら、人格って、産まれた時にはある程度出来上がっているような気がします!(笑)
旅から帰ったお子様、何か大きなものが得られるといいですね!
Commented by tanat6 at 2016-08-31 10:28
こんにちは~
クーマ君の絵、才能がギラギラですね。
上半身は色んなものが(多分クーマ君の思い)いっぱいなのに、足はしっかり大地を踏みしめてる…
大丈夫ですね。

最近は子供が1歳なら親年齢も1歳、15歳なら親も15歳…と思うようになりました。
焦り、迷い、期待、諸々のお話したいのですが、とっても長くなりそうなので またお会いした時に…
Commented by tomomato at 2016-08-31 15:19
あの〜 kumatoさん、 一緒にトスカーナに行った時に、宿予約していこうよって言ったら絶対大丈夫って約束したのに、夜中の12時まで泊まるとこ決まらなくて疲れ切ったことある〜   電話すればいいのに一つ一つ訪れて全部満室でね・・・・ 遠い目        そういうのって変わらないかも。   でもそれで案外なんとか人生渡っていけるものかも。
優しい先生たち(大人たち)に見守られて幸せなクーマクンだね。 
Commented by africaj at 2016-08-31 23:06
> junchan1117さん
はじめまして!!!
そして、コメントとっても嬉しいですっ(ぺこり)
娘さんのお話、同じような境遇とその後のお話、とても心強く読ませていただきました。感謝です。アルバイトで大人社会を覗き見るって、辛いこと怒鳴られることもあるでしょうし、揉まれますがきっと学ぶことも多いですよね。
娘さん、自分できっちり返済したなんてエラいなあ。
そうですか、学校辞めたこと後悔ないと言うのですか。
私でも「学生時代にもっともっと勉強していれば良かった」と思うのだから、してこなかった子たちはもっと思う瞬間が来るんでしょうね。そう思うから、大人になってから学ぼうとすると子供時代よりもっと大変だよと言っているのに、今はわからないものなんですよね。
ほんと、人格って持って生まれてますよね。赤ちゃんの時、幼少期から頑固な所なにも変わってないなっていつも思います。
頼もしくなって帰ってきてくれるといいのですけど。
また是非遊びに来てくださいませっ。
Commented by africaj at 2016-08-31 23:10
> tanat6さん
こんばんはー!
そうかっ。足はしっかり大地を踏みしめ、上半身は・・・tanaさんに言われて初めて気が付きましたー。だだ大丈夫でしょうか。そう思いたいんですが(冷汗)

また是非お話うかがいたいです~。
まだ親15才、先輩のお話いっぱい聞きたいです~。

Commented by africaj at 2016-08-31 23:16
> tomさん
うわー、20時でも遅いて思うのに、一緒にいて夜中12時までって・・・一緒にいるほうが泣けるね(もらい泣き)
でも、そうか、kumatoさんそれでも社会で活躍されて人生渡ってるんだものね。
出来ない部分があっても、希望を捨てちゃいけないんだわっ。希望持って頑張るー。

本人は前ばかり見て進んでるから、周囲の大人の優しさに気がついてない気がする。
いつかある時気がついて、じーんとするのかな。
それでもいいんだろうね。それが心の糧になるんだろうね。
Commented by tomomato at 2016-09-01 15:08
そういうもんだよ〜 若い時は自分一人で生きてる気になってるものだから。でもやってもらったことは全て自分の人格の一部になってるから。 たとえ大人になってジーンと来なくても、その分他人に優しい人になるよ。今だってクーマクン、小さい子には優しいのでしょう? それでいいんだと思う。
Commented by africaj at 2016-09-02 22:05
> tomさん
優しくされた子は優しくできるよね。小さな子に無条件で優しい。
小さな時スペインで育ってみんなに溶けるほど甘々に可愛がられたからだと思う(苦笑)
そっか、人格の一部になってるんだね。
今優しくされたことも、きっといつか誰かのために循環するならうれしいな。
なんか、きっといいのかもしれないって思えてきてwありがと♡

Commented at 2016-09-08 10:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-09-08 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-09-08 22:09
> mF**m***seさん
絵の道の人はそう言ってくれるのですが、私にはよくわからなくて・・・
潰したくないけれど、原石とも自信持って思えなくてね。
不安いっぱいなのですよー。
そんな断言してもらえる?だ、大丈夫かなあ(不安いっぱい)
もっともっと突き抜けたものを見せてくれたらもっと信じてあげられるのだけど、
だからもーね、苦しむというか辛いというか悩むというかねーーー(くー)

Commented by africaj at 2016-09-08 22:25
> みかさん
お帰り~♪香港から南ア行ってたの?
カナダ香港南ア、並べると世界一周すごいねw
ふふふ、同じこと考えてたね。
休学って、転ばぬ先の杖すぎるよね。
そうやって甘やかすと、世の中が甘いって誤解しちゃうのが怖いの。
だから、くーまは崖っぷちと思って生きるほうがいいよね。

不思議と、
実力が伴ってない気がするのに、導いてもらえて、結果的に伸びてる運のよさ。
その強運が一番の才能かもって思う。
すごく可愛がられるかすごく疎まれるかだから、苦労もしてきたけど。
by africaj | 2016-08-31 02:02 | 息子のはなし | Comments(12)