炭焼きプロジェクト2 続・窯を直しに

反対方向に乗ってしまった男子ーず。
大慌てでスマホで検索すると、次の駅から「なんちゃらエクスプレス」って特別な電車が1時間後に発車するのを見つけたらしいです。

へー良かったじゃない。
結果的に素直に帰るより早く着いたんじゃない?って言ったら、
「特急乗るのにさらに1200円なんだもん。オレの小遣いが(涙)」

なんか、結果的に
自分の小遣いを持っていって、後で請求する方式、良かったようです(ぷっ)
だって、こんな風に全部金額覚えてるなんて、初めてかもしれない(笑)

「オレはそこで、もう自分のエネルギーが限界だったから
駅員さんにどこか食べられる場所無いですかって聞いて、
あそこが美味いけど今日は閉まってるとか、あそこは今日は休みだとか
みんなで相談してくれた結果、喫茶店が唯一開いてるって聞いて、急いで行って
チャーハン食べたの。
すごい美味しいってわけじゃないんだけど、でも美味しかったぁぁ(ぷぷっ、なんていい体験w)

時間見ながら10分で食べて、まだ余裕あるからコーヒーも頼んで5分で飲んで、
やっとふぅってくつろいで、オレは駅に戻ったわけ」

これね、我らにとってはすごい感動の行動なんですよ。
スペインから7歳で帰国した時、彼は空の明るさで時間を計る子で、
分刻みの日本で学生をやるために、時計を見る習慣がなかなかつかなくて、
すごく苦労した結果、身についたんじゃなくて親が諦めたという(爆)
そして中学で、授業日数197日なのに遅刻回数108回って、除夜の鐘で流して欲しいような記録出した奴ですからw
そのくーまが時間を逆算して行動したなんてっ!!(感涙)

「お母さんが全部やってあげてるから子どもが困らないんですよ。困れば自然とやるものです」
ってよく言うけど、
いや普通考えられないってほどフォローしてないし(注:育児放棄じゃなく、困らせようとねw)
彼がちょっとやそっとじゃ動じないから、どうしたら困るんだろうって謎だったのですよー。

お小遣いが1万円近くなくなって所持金も乏しく、一日ひもじい思いして、ヘトヘトに疲れてベッドまで遠いってなって初めて
困ったわけね(予想以上だったわ 笑)

「少年Hは駅でアニメ見てて、ムーミンKは駅のスーパーで時間つぶして、
ホテルで反省会やるから20時集合だったのを、なんとか19時45分に到着して間に合ったんだよ~。
それでほっとして、オレとムーミンKは集合場所に直行したんだけど、少年Hは自分の部屋に駆け込んでいったと思ったら、
『鍵がない~』ってパニック起こして叫びながら走ってきたの。
オレもだけどフロントに預ける余裕なくて、持ってたんだよね。

反省会で、どうして遅刻したか言わされて・・・
オレ、スヌーズ15回もかけたのに知らないオレが止めちゃったみたいでぇって言ったら
『小学生か!』って言われてさ、
明日は30回かけることにしますって言って、許してもらって。
Hもまあそんな感じで。
Kだけ、お前はちょっと残りなさいって。
戻ってくるなりオレんとこ、コンコンって。しょぼんとして言いに来たの」

言いに来るんかいw

「ペナルティーとして少年Hの鍵を一緒に探してあげることになったって、
またすぐ探しに行ったと思ったら、しばらくしてkが報告に来たんだよ。
『聞いて聞いて、鍵探してたらさあ・・・』
少年Hの朝の行動を辿って、2階の階段からフロアを探していて丁度風呂に差し掛かったら、
Hが、ふぅ~って風呂から気もち良さそうに出てきたのとバッタリ」

え?あれ??
鍵がないのにどうやってお風呂に入れたの?

「鍵、見つかったら嬉しくなって、全部すっ飛んで風呂入っちゃったんだって。。。
教授もKもスタッフもみんなで探してたのに(苦笑)」

これを読んでる、全国の「親」のみなさん、私も含め、
この状況で怒らないって、きっとできないでしょ?
まあ、早めに着いた教授はたぶんお風呂にすでに入ってリラックスモードだった可能性に、聞いてる私は救われたけど、
子どもは遅刻、4時に到着する子までいる中、朝から窯直しして汗だく疲労困憊で鍵探してたら気の毒すぎる。
でも、怒らなかったんですって。
自分の状況に気がついたH君が穴があったら入りたいほど落ち込んだんだけど、
「いや、お前がそういう奴だって俺も知ってるからな。しょうがないな」って終わったのですって。

「教授は俺達に絶対怒らない」
これは、すごい彼らの心を自由にすることなんだって感じましたよ。
息子も全幅の信頼を持ってるのがわかりました。

やらかしたことに対して、ペナルティを課す。
やらかした子は、ペナルティを誠意を持って受け止める。
ただそれだけ。
そこに、人間性を非難する部分は入らないって安心感が、次は頑張ろうって後押しになってる。
少なくとも息子は、おかげで急速に成長してます。
「やらかさない」人間にはなれないけれど、
「やらかさない」ようにする方法と「やらかした」時の対処を必死で考える人間として。


・・・・・・で、晩ごはんはみんなどうしたの?

「オレはチャーハン食べたからその時は良くって後で夜鳴きそば食べた。
ムーミンとHはコンビニ弁当食べてたかな。

それからオレ風呂入りに行くけどって言ったら、Kもくっついてきて、
その後ホテルで『夜鳴きそば』あったから食べて。
オレが食べてるの、前に座ってて見てたkが『それ、美味しいの?オレ、ラーメンって食べたことない』って言ったの(← !!!)

『もっと美味しいとこたくさんあるけど、ここのも悪くはないよ』
って2杯目オレがおかわりしたら、食べてみようかなって一緒に貰いに行ってさ、
『へええ、これがラーメンかあ。う、うま〜〜〜っ♡』
って、すっげえ純粋に喜んで食べてたんだよー」

いやあ・・・
小説とかでこんなキャラ設定したら、編集さんに「こんな奴いないでしょ」って
却下されるレベルw

「その日の夜は
オレ、このホテルって防音ガラスに遮光カーテンだから
朝になったことわかんないで起きられないんだって思って、
カーテン開けて窓開けて寝たら、
夜寒かったけど(北海道だもんねえ 苦笑)
朝ちゃんと起きられたわけ。

オレとKは起きたんだけど、
3日目の朝も少年Hは寝坊しやんの!!
8時出発なのに来なかったから、マスターキーで開けてもらって、
『もう君は今日の作業は来なくていいから、このまま空港に直行しなさい』って切り捨てられたわけよ。

だからさ、一番株を上げたのは女子。
すっげえ株下げたのは最初Kかと思ったけど、最後にHもすごい下げっぷりでさ。
オレは遅刻したけど、そのあと必死で掘ったし、職人さんと今後の窯の方針を打ち合わせしたし、
最後の日も作業したし、
そう考えると、オレは株は上がらなかったけど下げもしなかったかなと思った(喜)」

まさしく(納得)

あ、最後の日は朝ごはんはちゃんと食べられたの?って聞いたら、

「オレ、朝ごはん食べる時間ない事多いから、最近いつも
前日にカロリーメイトと牛乳買っとくことにしてるから、それ食べた」

これもまた、彼なりの自分のダメな所の対処法を身に付けた部分。
知らないうちにちゃんと育ってるんだなあ(感涙)

そういえばさ、K君はどういう状況でムーミンと一緒に寝てるって話をすることになったの?
って聞いたら、

「普通に自分から。
最後の日にパッキングした荷物持って集合してた時、
『オレ、いつもムーミン抱っこして寝てるんですよ~』って言いだして。
教授に、まあそんなこと言ってもだいたい冗談なんだよねって言われたら、
え、そんなことないですよって、自分のバッグをチ〜って開けて、
『ほら』ってにっこり。
取り出したのがまた、もう長年愛用してるんだなって、ぼっろぼろのムーミンでさあw」

・・・・・・・・・きょ、教授とか他の人はどんな反応だったの?

「凍ってた」


うん、キョーレツ(爆)
すごい。
ほんとにすごい。
ほんとうにすごい話をどうもありがとう。
と、
こんな面白い話を、しっかり笑い話としてお茶の間で話してくれるようになった息子を持てて、嬉しく思ったのでした。
主語述語がめちゃくちゃで何言ってるかわかんない奴だったけど、成長したなあ・・・と。
うんうんと、何度も頷き喜んだ夜でしたw

おしまい。

さて、炭焼きプロジェクトは窯を修理して肉を焼くというゴールまでどうなっていくんだろう。
さらに、新しく、壊れたアンティークカーをリストアするってプロジェクトも秋から始まるらしい。
全てが小説より奇なり。



[PR]
Commented by mika at 2016-07-23 13:19 x
面白い〜。でも、本当、そこで置いていけるのは平和な国だよねぇ。

今日なんて息子の試合で初で、他の親と喧嘩しそうになったよ。「うちの子は恥ずかしがり屋だからアウトって言えないんです」って言って、試合中に、勝手に「アウト!」とか言って試合止めるし、カウント間違えるし、無茶苦茶で、それに対して抗議すると、「だって、テニスのルールわからないし」とかブツブツ言われて、「だったら黙って座ってろ!」と、何度いいそうになったことか...息子のコーチに、「大変だったんだよ〜」って言ったら、「ま、これからも何度もあるよ。」って言われて、信じたくない私。

でもね、親は介入しないほうが絶対に事は丸く収まると思うんだよね。でも、そうするには、周りの人の理解も必要なんだけどさ。
Commented by Kei at 2016-07-23 14:22 x
スペイン時代から、ちょこちょこ読ませていただいています。
笑いながら感動してしまいました。矢面に立つことがないまま大人になってしまう今の時代に、こんなことが起こっているとは・・。本が書けそうですね。
これからも楽しみにしています♪ リコッタや鱧しゃぶ、ブックマークしました。
Commented by tanat6 at 2016-07-23 16:29
「窯を直しに」「続窯を直しに」というお題に、africaさんとうとうピザ窯を作ったんだ~
と思ってしまいました(笑)
食い気先行で すみません…

くーま君の武勇伝のお話だったのですね。
ボーイズたちのお話も笑えましたが、じっくり待てる教授も 子供を見守れる親御さんもすごいな…と思います。
私はつくずく待てない子育てだったな~と反省です。
Commented by 浦島の亀 at 2016-07-24 05:21 x
あはははは、久し振りに読みに来て、お腹痛くなっちゃったよ~。
いやあすごいすごい、くーまくん頑張った!
それを黙って見守ったafricaさんも頑張ったねえ。
そして、これだけの出来事をちゃんと言葉にして親に話せる15歳少年ってのもすごいと思う。
うちの弟なんか15歳のころはこんなに(というかほとんど)親と話してなかった気がするよ。
そういう意味でも、africaさんとこの親子関係ってすごく成功してるなあと思う。
いいことも悪いことも話せる相手がいるって幸せなことだもんね。
まだまだこれから目が離せないくーま君の冒険談、楽しみにしてます!
Commented by africaj at 2016-07-24 09:02
mikaさん、
さすが海外在住者目線だとそこか!「平和な国」
確かにねー。
10歳まで送り迎えを義務付けられてる国も多いくらいだものねえ。

ああ・・・うちも過去に同じ轍を踏んだなあ。介入する親とそれに辟易する親の構図が悪夢のように繰り返されるんよね。
最終的アドバイスも同じ「出すぎる杭は打たれない」。ぼん、頑張れ!mikaさんはそこまでは心頭滅却!
Commented by africaj at 2016-07-24 09:07
Keiさん、
嬉しいお言葉です。ありがとうございます(ぺこり)
スムーズじゃなくハプニングばかりの10代が過ごせてるので、まだまだ子育ての記事続きそうです(笑)
またコメントいただけたら嬉しいですっ。

リコッタ美味しいですよ♪
Commented at 2016-07-24 09:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-07-24 09:15
tanaさん、
あははは、確かに窯が作れるスペースがあるなら作りたい!

そう、くーま、息つく間もない忙しい青春時代です。
いやあ、親は連絡ないおかげでのんびりしてただけで、ちっともすごくないんですがw教授がすごいです!
あんな素敵な息子さんを育てられたtanaさん、なにをおっしゃられるやら~です!
Commented by africaj at 2016-07-24 09:27
亀さん、
あはは笑ってくれて嬉しい!もうさ、私も笑い転げたんだけど、主要人物4人が違う場所で好き勝手に動くから、この面白さが伝わるように書けるか心配だったのよ。
いやあ、私は連絡いっさいなかったから、すっかり羽伸ばしてただけw
そうなのよ、これだけの長い話を克明に話せるって、ちょっと感心したよ。それだけ印象深く面白かったってことなんだけど。
親子関係成功?(感涙)ずっと見てきた亀さんにそう言ってもらえたらなんか涙でた~。なにが成功か、これからどうなるのか、わかんないけど、とりあえず今、話してくれるのがうれしくてね。ありがと!!
Commented by africaj at 2016-07-24 09:30
鍵コメよしよ*さん、

わーい、面白かったって言ってもらえて、頑張って書いた甲斐を感じる~。ありがとです!
教授、全国で教育についての講演会やってるから、機会あったら是非。聞いてるだけで元気もらえるよー♪
Commented at 2016-07-24 10:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-07-24 15:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-07-24 17:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-07-26 16:31
よしよ*さん、
そうですそうです。調べてくれてありがと。
Commented by africaj at 2016-07-26 16:45
鍵コメumi**uさん、
いやあ、私の記事にくーまの動向を記録してたら、更新がやたら早くて(汗)
笑顔や笑いの出る記事、嬉しい褒め言葉ありがとうです!
私も自分のレシピを繰り返してるので、自分のペースでどうぞっ。そのうちに、徐々に自分なりの発見があるともうので、それを教えていただければよいのですよー。
しかし、南部鉄より平べったく焼ける・・・今度また写真見せてくださいね。なにかわかるかもしれませんっ。

おおっ!
私アラジンから表彰されたいほど、周囲がアラジン買ってくれてます(笑)うんうん、パン焼きに大活躍ですっ。
少しコツがあるので、買ったらまた聞いて下さいな。
Commented by えりこ at 2016-07-27 15:29 x
はじめまして、こんにちは。
くーまくーまからくーまくんの成長を読んでいたものです。
今回のくーまくんの成長に感動しました!
すごくかっこいい男にぐんぐん育っていますね!これから、どんどん私のようなファンがいっぱいつきますよ〜
africajさんの文章、美しくてそして逞しく。素晴らしいですね。
それでは、またお邪魔します〜
Commented by africaj at 2016-07-29 23:18
えりこさん、こんにちわ。
とても長くblogを読んで下さり、とても嬉しいお言葉、ありがとうございます!
3才の時から綴ってきてこんな風に進んでくるとは思いもよりませんでした〜汗
格好良くなったのでしょうか。親にはとほほも一杯で、不安だらけでもありますが …
とりあえず、優しくは育ってるのかな。
どう育っていくのか、まだまだ見当がつきません。
コメント嬉しかったですっ。
by africaj | 2016-07-23 12:18 | 息子のはなし | Comments(17)