その時期になれば、ちゃんと育つのよ。

見て見てっ!

d0180447_11485928.jpg

ナメクジに折られて食べられて満身創痍だったUFOピーマン2号の芽が生き返りました(滝涙)
本葉から僅かにでてきていた新芽が食べられていたから、ダメ元で点滴の薄い液肥をあげて看病してたんですが。
めげずに新芽を出してきましたよ―!!!!(嬉)

d0180447_11490629.jpg

今年は苗の売り出しも妙に早いし、気温も高めだし、
みんな勇んで、苗が飛ぶように売れちゃったみたい。
そら豆が収穫終わらないと、トウモロコシは植えられないので、買うのを控えてたらなくなっちゃった・・・。
大好きなアイコも売れちゃって、先週からあちこち探しまわって無駄足踏んでて、がっくり。
いつも植えてる落花生はひと苗に4つで160円だったのに、今年からはひと苗1つで同じ値段。
高すぎて迷ってるうちに売れちゃったー。
今植えてるのはナスとズッキーニと育てたスペイントマトだけです。
5月は東京に片付けなど行ってる暇などなかった・・・とがっくり。
暗澹とした気持で、篠山の畑のおじさんに相談したら、

「え?オレ、今から種まくけど。
苗って、早く売らないと、種まいて十分芽が出る時期は売れなくなるから。
今からは種まいたら十分十分~」

って言われて、目が覚めましたー。
まったくもって、世間に踊らされてた自分、ばかばかーっ!(赤面)

なので、トウモロコシと落花生の種まきしました。
一晩水に漬けてたら、もう根をちびっと出しかけててびっくり!
4月にこれをやると、電気座布団で温めないとなかなか出てこないのですよー。
なんでも早め早めって急くと、苦労してイライライして、失敗も多いもんなのに、
「その時期」にやったら、あっという間なのですよね(笑)


息子のトイレトレーニングを思い出しましたよー。
うちはスペインだったので、急かされる環境がまったくなくて、
彼の観察をして、そろそろ出来そうかなって思った時に変えたから1週間で終わったのです。
夜もその時に。3才ちょい前かな?

哺乳瓶でミルク飲むのも、よる寝る前の哺乳瓶だけ手放したがらなかったのですが、
まあ急ぐ必要もなかったので、さんざん好きにさせといて、
3才の誕生日1ヶ月前から、「3才になったらお兄さんだからもう哺乳瓶やめようね。でも今はいいからね」って
言ってたら、3才の誕生日に、自分でゴミ箱に捨てにいって、その夜から一切欲しがらなかった。
お兄さん、すごーいっ♡って思い切りほめてあげたのはもちろんですが(爆)

ああ、こういうことなんだーっ!て思ったのに、
周囲が早かったりすると、つい焦って、こういう体験を忘れたりしてきたんですけどね。



これは、パン焼きの気温とパン種の温度&時間の観察記録。
d0180447_11491382.jpg

老麺のなちゃを使って誰もパンを焼いたことがない、つまり先人がいないわけで。
なちゃの性質がわからないので、気温上昇とともにパンがどうも上手く膨らまなくなって。
この時期が一番パン焼きに適してるはずなのに、上手く焼けないはずがなく。
気温&湿度計を買って、毎回その推移を計ってみました。
これだけでナチャの性格がすごくよくわかります。
気泡が大きすぎるとパンの中に大穴が空いちゃうので、パンチングは何回がいいのか、
折りたたみは何回がいいのか、コツコツと実験してました。

今週は色んな事がいっぺんに走りだしてる上に、苗が見つからなくて無駄足なこともあったりで、
時間がまったく足りなくて、泣きそうなのですが(ぜーぜー)

d0180447_11491924.jpg
これ、折りたたんで、20分あけてから2回目に折りたたんで、1時間二次発酵してから焼いたもの。
久しぶりに、すっごく上手に焼けました!!!

d0180447_11492451.jpg
これは、1回だけ折りたたんで、二次発酵させたもの。
ただ、二回折りたたむ方のパン種と同時に焼くために、二次発酵1時間半とったせいで、ちょっと過発酵だったかも。
膨らみに影響した気がします。

でも、ちょっとわかってきて気持がすっと晴れてきました♪
ほんと、私はナチャの機嫌に耳を澄ませて、「その時期」に適切なことをする・・・しかないのだなあ。
お座なりに、いつもこうだからこうって感じでやると、小さな声を見過ごしちゃって、
残念な焼き具合になっちゃうわけで。

生き物って、本当に耳を澄ませてないとうまくいかない難しさもあるけれど、
「その時期」を合わせると、なんてことなくうまくいく。


ここずっと、うちの息子のことで悩んでた私。

うちの息子の場合、
「困ればやるから、本人が困るまで待つ」ってよく言われるけれど、
超気が長くて困らない人なので、20分で着くところに、2時間位歩き続けてても
「まあいつか着くだろう」って思ってるし。
体育館履きが履けないほど小さくなっても、
隣のクラスから借りるか、全員集合の時は裸足で過ごして一年経って、
卒業式前に担任が「買ってあげて下さい」って電話かけてくる事態でも、
本人は「家で体育館履きのことを思い出す」面倒くささを上回るほどには困らない。
部屋片付けるまで掃除しないよ!って言って何ヶ月掃除しなくても困らないし。。。

私の基準の遥か彼方にいる息子なので、
こうしてあげたほうがいいかな?やってあげようか?やらないほうがいいのか?
もう高校生ってなると、親は
これは過保護なのか、過保護じゃないのか
こんなことも迷うようになり。

そんな時にね、
こんなアドバイスをしてくれた方がいたんです。

子どもから頼まれたことだけやればいいこと。
それ以上の口出し手出しはせず「良かれと思って」もすべきでない。
それが正しい甘えと過保護の違い

ほんとに、blogで息子のこと子育てのことを書き続けて来てよかったーって、
毎回思いますが、今回も思いました(感涙)

嬉しいことだけを綴るほうがラクですが、
悩ましいことへこたれることも書かないと、自分の気持と周囲の人からの見え方が離反して
結果的に自分のblogに格好つけることになってはアドバイスもいただけなくなるわけで。
本当のことを愚痴じゃなくきちんと書くのは、何度も書きなおして日をおいて記事に書いたり、
時間もエネルギーもかかって大変ですが。

わかってくださる言葉や先輩お母さんのアドバイスなどをいただけることが、
私の子育てをずいぶんと変えてきたし、
息子の人生に影響(大学のプロジェクトのことを教えていただいたり)してきたし。
私のblogが誰かの参考になるかもしれないし。

15才という「時期」、私もちゃんと合わせたいです。



仮病なのに、親が電話をかけなきゃいけないことで、嘘つくことに私ばかりが苦しんでいましたが、
こちらもようやく、方法論が見つかりました。

自分が、自分の問題を解決してきたように、息子君も、きっと自分で解決する

こんなアドバイスをいただいて、
1人で悩むのでは気がつかない発想に至りました。
学校の決まりは無視して、これからは息子に電話をかけさせることにしました。
仮病だし、出席日数すれすれで、この前まで不登校って先生も知っているのだから、

中2でカウンセリングに連れて行ってた時は、
見えないだけで心が骨折してるのと同じだから、
彼が癒えるまで私の協力がいるなと思いましたが、
今は明らかに健康で、単に勉強意欲の低下のズル休みなのだものね。


本当に、blogに綴ると、沢山の人の目で色んな意見がいただけて。
私の気が付かなかった視点をいただけて。
感謝です。



息子にも「その時期」が来ているようです。
あれほど中学で友だちができずに苦しんだのに、
(まあ私は、中学は目立つ子がヒーローになりやすいけど、高校は個性的な子に目がむくって思ってたけれどねw)
ものすごく仲の良い友達ができて、今、3人で学校でも帰宅後チャットでも話し合って話を作って、
息子がそれを漫画にして・・・それが楽しくてたまらない日々を過ごしてます。

星新一のような、九井諒子さんのような、SFほっこり小話が大好きな彼に、
バイオリンを弾くH君とハーフのR君は話が合うのだとか。
世界観を決めるだけで一日中盛り上がって、それから細かな設定キャラクター、みんなでわいわい。

15枚ほどのSFミニストーリーを見せてもらって、私もパパも完成度の高さにびっくり。
ちょっとほんとに・・・びっくりしてしまいました。
こんなのを沢山描いて、同人誌作るのか、ネットで発表するのか、
目を輝かせて話考えてる息子。
あれれ、突然ニョキ―ってランナー伸びてきたイチゴの苗みたい(笑)

それで、今週は高校生になってはじめて1週間続けて登校してるんです(←低レベルな話ですがw)
あんなに苦労したのに・・・。
意欲が湧いてくる「時期」が合ってなかったんですねえ。。。



[PR]
Commented by la_mia_coccolina at 2016-05-26 14:22
africaさん、こんにちはっ!
植物のお話も、パンのお話も、そしてお友達からの言葉も今の私の胸にずずずーんっときました。
本当にそうだな。。。と思いました。
周りばかり見て焦ってばかりの私。。。周りじゃなくて目の前の自分の子供を一番しっかりと見てあげなくてはいけないのにね。
自分を見ないで焦っている母を見ている娘の事を思ったら切なくなってきちゃった。
私はいつもafricaさんからたくさん学んでいます!
こうしてありのままを記してもらえることでとても励みになる!
どうもありがとうです♡
Commented by africaj at 2016-05-26 22:23
coccolinaさん、こんばんはっ。

日本は「理想の母」「理想の妻」「理想の子供の人生」「理想的な子ども」が至る所でもてはやされてて、努力家日本人はそれを目指して頑張っちゃう風潮があるでしょ。それが周囲の大半だと、無意識に遅れてることに焦りを感じちゃうよー。
私もそういう自分がどこかにあって、流行に乗らないと大変なことになっちゃう気がしちゃう(汗)
ポンポンって肩叩いてくれて、大丈夫大丈夫って言ってくれる人、貴重よね。
私の記事が役に立ってるって思うと、励みになるよ―。
kikiちゃんの参考にしてもらえたら、嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうです♡
Commented by ft at 2016-05-27 00:24 x
ブログ、参考にさせていただいてます!
一度か、もしくは二度、何年か前にコメントさせていただいたこともあるんですが、もう8年くらいずーっとブログを読ませていただいてます。一度もお目にかかったことがないのに、「あのくうまくんが、こんなに大きくなったのか」なんて、たまに勝手に感慨に浸ったりしております。
昨年男の子を出産したもので、再度最初からおさらいしました(笑) まだ息子はブログスタート時のくうまくんの年齢に達してはいませんが、いつぞや子育てで悩んだ時に何かヒントをいただくために過去の記事を読ませていただくことがあると思っています。
Commented at 2016-05-27 08:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-05-29 11:06
ftさん、こんにちは!
えー。8年も見てくださってるのですねっ(嬉)
温かい目でくーまの成長を感じてくださって、ありがとうございます。
そう言っていただけると、頑張って続けていこうって気持ちになります(ぺこり)
blogはリアルタイムの成長記録で、パーソナル「北の国から」って感じですよね(笑)自分の思い出にもなって人からも見える・・・なんだか幸せな記録が付けられる時代だなって、続けるうちに感じてきました。
ftさんも、色々なことがこれからあると思いますが、長いと思っても一瞬で過ぎ去るので、楽しんで是非子育てしてくださいませ!


Commented by africaj at 2016-05-29 11:14
鍵コメmさん、
書けないかなってことも増えてくると辞めようかなって思ったけど、くーまの生き方は一般的から外れてるので、まだまだ私も悩んだり、同じ境遇の人と出会うチャンスだからと思ったり、困ってる人が参考にしてくれたら嬉しいなとか、続けてこれたよ。
くーまが巣立ったらたぶんblogをやめて、インスタみたいな簡単なのに・・・って思ってるんだけどね。
ここまで続けたら、最後まで続けないとね。ゴール見えてきたし(笑)

そう。ほんとに小さなことだけど、本人には大きかったり。結局本人が決めていかないと進めないのよね。
そっか、ストレス感じてたん?まだまだ小さいもの。時間もいっぱい。見守る方はあとから付いてくくらいゆっくりがちょうど良いみたいよ。
Commented by francana at 2016-05-31 16:00
息子くんの話、書いてくれてありがとうという気持ちです。大なり小なりうちの息子に当てはまることもあるし、そうか!と目を開かされることもあるし。
子育てって、どうしたらいいのか教えてもらって、その通りにしていれば問題なし・・・とはいかないですものね。私なんて、ちょっとしたことでも、反省し始めると夜眠れなくなることもあります(笑)。ほんと、だめ母ですね~
なによりafricaさんが悩んだり回り道しながらここに辿り着いたという話はいつも、勇気づけられますよ。
↑友達の話、夜間航海の話、しみじみ共感しました。
Commented by africaj at 2016-06-03 11:37
francanaさん、
そう言っていただけると、書いてて良かったって思います!
育児の専門家じゃない私は、自分の体験を書き記すしかできないけど、きっとリアルタイムで書き綴ることが、私の学習したことを誰かに役に立ててもらえるのかなあと。そうなれば嬉しいな。。。
特に、個性的な子どもたちは育てるのに迷いが尽きなくて。でも、「個性」はきっと才能で。それは「楽しさ」だって世界がおおらかな方に変わっていけばいいなと思うんです。
francanaさんの息子くんも、幸せものだなーっていつも思います♪
by africaj | 2016-05-26 17:00 | 息子のはなし | Comments(8)