3月の授業

本日息子が東京から新幹線で帰ってきました。

今回は忘れ物はないみたいw
駅に迎えに行くと、嬉しそうに元気いっぱいに車に乗り込んできて、
その後はずーっとどんな授業だったか、誰とどんな話をしたかいっぱい話してくれます。

初日は、ダンボールでロボットを作る研究をしている人達による授業で、
テンセグリティを作り、そこから発展させて
ロボットに使う有効なパーツのアイデアを考える・・・というもの。

テンセグリティとは、
d0180447_23122859.png

こういうもので、
子ども達は、棒の代わりにダンボールの支柱と輪ゴムで作らされたとか。

実は息子は、2月の時点で来月の授業が面白そうだったからと
大学内の研究してる部屋にお話きかせてくださーいってノックしたんだって(驚)
それで、
棒はくっついていなくて、輪ゴムの張りで支えられている立体だと
テンセグリティを見せられて、
「じゃあ、人間の体と同じ感じですね」って言ったら、すごく驚かれて、
まさしくテンセグリティは人体と同じと言われてるんだって、感心されたのだとか。

それで、他の子より1ヶ月も前からテンセグリティをどうロボットに活かすかを、
考え続けてた息子は、
テンセグリティはグニャグニャ動く筋肉のようなので、どこかに骨をつくればいいんだ!って、
その日の授業でとうとう閃いて、ひと方向だけ固定することで、
柔軟な膝の構造のようなものを作ったんだって。
そして「くーま式准テンセグリティ」って名づけて、最後に発表したらしい。

そしたら、最後の講評の時に、1つだけ息子のアイデアが、
これはなかなかのアイデアだから使わせてもらいます!って言われたんだとかっ!!

で、帰宅後興奮と鼻高々で
自分のアイデアを披露してました。
良い良い。おもいっきり自慢してよし(笑)

*作ったもの、写真にうまく撮れたら後日載せますね。


翌日の話もまたまた面白かったっ。

まずは恒例の「食」の授業。

今回は校外の好きなところに好きなように行って、
「普段とは違うスペシャルなランチを味わう」ってお題だったとか。

かかるランチのお代は自腹って決まり。
それじゃあ、子どもたちは絶対高いものなんて食べなそうだけど(苦笑)

1人で行く子、仲間で行く子色々。

息子は、一番仲いい友達と2人で電車は乗らずに大学の周辺で探したのだとか。
友達は「オレ、パスタがいい」と言ったけど、
オレ普段パスタ食べててスペシャルじゃないからイヤって言い。
息子は「オレ、東京だから蕎麦がいい」って言ったら、
「オレの家、元そば屋だからイヤだ」と言われ(笑)

結局、名前がスペシャルだったからって「あほあほカレー」900円なるものを
食べて帰ったんだとか。
まあ楽しそうで良かったわね(笑)


で。
でね。
ついに6月から始まる長期泊まり込みプロジェクトの内容が発表されたんです!

まず、息子が任命されたのは
「北海道の廃校に泊まりこんで、壊れたかまどを直し、炭を作る木を集め、
最終的には『肉を焼く』というプロジェクト」。
しかも、かまど直しチームと木を集めるチームがあって、
息子に言い渡されたミッションは、なななんと!

「北海道の原野を歩いて木を集めるのも大変だから、
まず野生の馬を飼いならす所から始めて、木を集める」

・・・え???

野生の馬ってそんなに簡単に飼い慣らせるの??

それを調べる、助っ人を見つける、ところから来月は始まるらしいよ(驚)


他はこんなの。
「日本の最果てまで南チームと北チームに分かれて鈍行とフェリーで到達するプロジェクト」
宿はどこに泊まってもいいけど、食費は1日1000円という決まりらしい(ぷっ)

最後の1つは、
「山手線を教授と一緒に24時間回り続けるプロジェクト」

はて。
最後のはどういう意図?って聞いたら、
山手線は朝昼夕方夜と時間によって客も景観も変わる、その中で何を感じられるか
というものだとか。
これなんて、2日で終わるんでは?

・・・各プロジェクトでかかる日数ぜんぜん違うんだねえ。



最初に教授がみんなに希望を聞いたのだって。
くーま、お前はどこにしたい?って聞かれて、
「だって先生はいつもオレが希望を言うと、じゃあそれ以外のにしようとか
裏ばかりかくから、裏の裏の裏を考えなきゃいけないからまだ言えない。
でも、全部やってみたい~っ!」
って言ったのだって。

そうしたら説明が終わる頃に
「くーまは特別に、全部参加してよし」って言われたんだって!!!

えーーーーーーっ!!
馬を飼いならしながら、空いた時間に山手線乗り続けて、鈍行で最果て行くんだ(爆)

ちなみに、
去年の学校のスケジュールを大学のプロジェクトの日程と照らしあわせて
判明したのですが、この壮大な長期プロジェクト、
1学期の中間期末に全部かかってるし。
高校進級・・・終わったな(苦笑)

まあでも、限りなくあり得ない体験ができるんだから、いいか。
この圧倒的な激流の中で、学校のスケジュールをどうやりくりしていったらいいんだろう・・・(汗)
その時になってから学校に相談してみて考えるしかないですね。

今回も目を輝かせて帰ってきました。そのことに敬意を表しよう。




[PR]
Commented at 2016-03-09 09:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by erikaboy1425 at 2016-03-09 11:09
流石にプロジェクトの先生たちは、くーまくんのことちゃんと理解してくれていますね。
だからこそくーまくんの生き生きと自分を出して主張が出来る。

プロジェクトに参加出来たことで、叶ったのですね。
こんな素晴らしい自己表現の場を持てたくーまくん。

くーまくんと同じくらい(それ以上!?)africaさんの生活も輝いて来ましたね♬

馬を飼いならす!!
そんなこと出来るんですか?あと山の手線24時間も。

今からワクワクしちゃいますよね。
Commented by モネ at 2016-03-09 12:38 x
すごいすごいすごい!
くうまくんの持ってるものがどんどん引き出されていく感じやね(≧▽≦)
これからの報告も楽しみにしてます♪
Commented by vinge at 2016-03-10 00:21
すごい!おもしろーい! 
馬を飼いならすところからって、なんて壮大なプロジェクトなの!
またいっぱい自慢して~~!(笑)
Commented by africaj at 2016-03-11 16:17
鍵コメkog**aさん、
ただいまー♪
最終ゴールは「自立自活」ですが、くーまのようにもう自活に向けて羽をパタパタやってる子と、まだ小学生で親離れできてない子はスタートライン違うから、それぞれの子に無理ない色んなレベルのプロジェクトが用意されたんだと思います~。
知った時に自分に何かできるかと考える人が多くいてくれたら、社会は良い方に変わりそうですよね。旦那さま、素敵な方ですね!
プロジェクト内で自由にして良いと言われて、ここまで自由に快活にリーダーシップ取ってできるんだあって私も知らない一面にびっくり。ちょっとね、大丈夫そうだなって思えてますよー。
Commented by africaj at 2016-03-11 16:28
えりかさん、
陽気でやる気いっぱい君なので、先生たちも上手に盛り上げ役にくーまを使ってるみたいです(笑)
話しかけられて、頼られて、輪の中心にいるから、本人もどんどん頑張れて。そんな話を聞いてるだけで嬉しいです(涙)

え、私も輝いてきましたか?!
じゃあ、ちゃんと実態も追いつかなきゃですね(笑)

馬を飼いならすとか、どうするんでしょうね!
次回の展開が楽しみです、私もっ。
Commented by africaj at 2016-03-11 16:29
モネちゃん、
すごい授業だよね!
馬を飼いならして、集めた木、直した竈で炭を作って、
最終目標が「焼き肉」なんてね(どんだけ~ 爆)
こんな馬鹿げたこと真面目にやらせてくれるのが素敵!
Commented by africaj at 2016-03-11 16:37
くまたろうさん、
すごいでしょ!
馬を飼いならして最終目標が「焼き肉」!
マンガの「銀の匙」の上をいく壮大なプロジェクトだあ(笑)
また自慢きいてやって~(爆)
by africaj | 2016-03-08 23:26 | 息子のはなし | Comments(8)