立ち止まって考えながら進む と 学校に戻る

息子が、来週から学校に戻ることに決めました。


後期のネクタイが届いているけれど、どうする?と
先生から電話があり。
高校に進むかどうかお返事をする時期がきたのです。

先生からお電話をいただいた日、
家族3人で話し合いをしました。

中学受験で中高一貫校を彼に薦めたのは、
こういう紆余曲折をゆっくり考えられる時間含め6年通しを望んだからなのですが、
高校への道が途絶えていないのは、予想以上に親にとっては有難い。

月一で大学のプログラムに参加できているけど
それ以外の時間は、思うほど自分のためになる使い方はできているのか、
一緒に考えてみました。

私の今の気持ちも聞いてもらいました。
偉い人ほど腰が低く謙虚な人が多いなと思うのだけれど、
たぶん多く学び考えるうちに自分の小ささやゴールまでの長さが「見える」からだと思う。
思春期の生意気な子どもたちが、視野が狭いのは当然だけれど、
今、好き嫌い関係なく色んなことを受け入れて学ぶ時期を過ごさないと
視野がすごく狭いまま、気がつくことができない
「思春期の生意気」なままの人間にならないかなと心配。
学ぶのに学校じゃなきゃいけないとも思わないけれど。


行く理由もないけど、辞める理由もない。

でも、自分が通おうと思っても、
高校からは義務教育じゃないので、落第しないで進級できる自信がない。
とのことだったので、
先生に不安を打ち明けて、自分が納得したら高校に通えばいいし、
無理だと思ったら、学校をやめたらいい。
という結論に落ち着きました。

学校を辞めるなら、アルバイトしてみようと思う。
そう言ったので、それもいいと思いました。

だんだんと自分を甘やかしているので、
これを機に立て直すことにしたようです。


そして昨日。
久しぶりの学校で、先生に不安を相談しました。

息子のことをかなり綴っているので、きちんと書いてもいいかと思いますが、
彼は文字を書くスピードが人より極端に遅いのです。
それと漢字が覚えられない。
スペインにいる頃はアルファベットがどうしても鏡文字になっていて、
そういうことは、表意文字と表音文字でもデリケートに違ってくるから、
表意文字な日本の文字なら大丈夫かと思いましたが。
結果的にアルファベットを書くのは普通よりたぶん早い目なのに、
日本の文字になると板書にとてもついていけないスピードのレベル。
(さらに言うと、その分絵を描くモノを作るのは息するように手が動く)

これが、理解の程度を試験で測る場合、理解していないと分類されて、
苦しむことになったわけです。
数学が、問題集を問題からノートに写してから問題を解いて提出をするために、
他の子が2日ほどで終わるようなものを、
毎日一問ずつ十数日コツコツやっていき、提出していたし、
理科や社会はほとんどの試験前の勉教を漢字練習に充てていた。
でも、例えば「葛飾北斎」を「しか」を忘れひらがなになってバツを食らうとか、
そんなのばかりで。
理科は全部言えるけど、試験時間内に書けない。
そして夏休み、補習の毎日で、1人即答できるのは先生もわかっていたけれど、
テストの点数がクリアしてないから補習を免除されることはなく。
感想文を提出すると、文集にするから赤線を書きなおしてもう一度提出と、
4回も書きなおさせられ、感想の方ではなく、文字を書くのが辛くてうんざり。
よくぞ腐らず勉教し、提出物も根気よく少しずつやって期限に間に合わせてたと思います。
だんだんと勉教しなくなった気落ちもわかるし。
この日々を励ましたり見守るのも大変だったなとすでに懐かしい。

私が説明しても学校は対処できないのだそうで、
診断書がなければ学校は動けないと聞き、検査を受け
晴れて診断書をもらったところで、息子の方が失意?怒りかな、それと疲労で学校に行かなくなった次第。


先生方が、高等部も含めしっかり対処するとのことで、
ノート提出は科目ごとに何らかの方法をとってくれることになりました。
教科書に書き込んではいけないという変なルールがあったのも、
教科書に書き込んで、それを彼はノートの代わりにして良いことに、ようやくなりました。
試験時間を延長することは出来ないけれど、
進級するに必要な点数は高校になると平均点の半分くらいで、
だいたい20点~30点とれば大丈夫だし、5教科全部だと難しいけれど、
いくつかなら、そこまで至らなくても
なんとかなるものだから、案外大丈夫だよと言ってくださり。

彼なりに、なんとか頑張れるかなと納得できたみたい。
1月までは頑として学校に足が向かなかったのがこうして来られて、
先生にも会って、前に進めそうと思ったのか、
「オレ、来週月曜日から来ようと思います」と告げてました。

心が癒えたのかな。
何かを乗り越えたのかなと、感じましたよ。
子どもは日々前向きに成長していて面白いですね。

辛い時は休めばいいことをもう知ってるし、
テストに全エネルギーを費やすなんて、もうする気はない。
授業を聞くのは好きで、ただそんな目的でいいならそうしようと思ったのでしょう。
他の子たちも少し大人になったとのことだし。
うまくいくといいのですが。
大学のプロジェクトも続くし、両立うまくできるかな。

もしかしたら学校に意味を見出せず、また悩むかもしれない。
でも、その時は今回と違い、もっと大人の思考で決められるんじゃないかと。
立ち止まって考えて、進んではやり直して・・・進んでます。
頑張れ頑張れと、また見守ります。


d0180447_10502937.jpg

なんとなく色んな所が似ていて、ほのぼのお喋りしてるお友達が、
「好きそうなものみつけちゃった」って、ぴったりだからって、
送ってきてくれました。
なんてイカす殺し文句だろう(私も使わせてもらおう♡)
そしてほんまに、かかかかわいいい~~~!
今、ブローチが流行っているのですって。
私もタートルネックにつけてお出かけしよ♪わ~い。

d0180447_10501931.jpg

こんなまち針も。
「雑貨女子ゴロしだな」ってパパ。殺された女子1名。

今週は息子のことで嬉しいけど、うまくいくのを見届けるまで怖い気持ちあって。
心のヒダに「かわいい」がナデナデしてくれてます(嬉)

d0180447_10503861.jpg

私は知らなかったのですが、また新しく素敵なアーティストを教えてもらいました。
このちょっと抜けた感じ、鷲掴みされたー♡
高籏将雄さんか~。



[PR]
Commented at 2016-02-26 20:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-02-26 21:42
鍵コメさん、
心配してくださりありがとう。
診断書までを記事に書くか迷ったのですが、読んで下さる方々に余計な心配をさせてしまいましたね。
書き加えました。
専門の先生に聞いてみても、足しにはならなかったのですが、
学校に通う分には、診断書は「考慮する権利が与えられる」足しになったので、良しかな?
だからこそ、教えてくださった情報のおかげで、くーまは救われたんですよー。
そして、教授のもとで手で書く以外の方法を学んでますよ。
ありがとうございます。
Commented at 2016-02-26 22:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-27 02:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 浦島の亀 at 2016-02-27 02:12 x
あーちょっとわかるかも、そのじれったさとか悔しさ。
ドイツ人もさ、言葉にして表現しないこと=考えてないこと、ってタイプが多くて、
私も行ってすぐのころはドイツ語しゃべれない=脳内も幼児並み、
って扱いされることが多くてねー。
日本語ではちゃんと考えてるけどドイツ語ができないだけなんだよーーーッ!って心の叫びw
テストで答えが書けないこととわかってないことは同じじゃないのにね。
診断書で少しでもその辺考慮してもらえて、
周りにも理解してもらえるようになったらいいなー。
くーま君だけ口頭試験にしてもらうとかできないのかなー。
でも、また学校に行こうと思えるようになったのはすごいこと。
読んでてちょっと、うるっと来ちゃったよ。
くーまくん偉い、それを見守って支えてきたafricaさんとアントもすごい!
また学校に行って、うまく行っても行かなくても、自分であれこれやってみて、
考えて、選んで、その先へ進んでいくってのはすごいことだと思う。
さー、久し振りの学校はどんな感じかな?
遠くから応援してるよ!
Commented by いつも覗き見 at 2016-02-27 06:02 x
日本って国は すぐ目に見える結果 とか ヒトと比べる とかが”普通”でそれ以外は変人扱いで。
そんな風に思ってしまいます。 
どこかいい所を見つけてそれを伸ばしてあげようとか支えてあげようとかっていう事がしにくくなっている国でもあり。
未だにいるのだろうか 熱血先生。 って思ってしまいます。
学校で こういう風に対応します。 とかっておっしゃっているようですが私は偏屈なんで年度が変わったり、先生が変わったり、(学校の)方向性が変わったりしたら”裏切られないか” 等と。

私が自営業をしていた時にはとーってもお客さんが好きだったんです。 だけど、段々嫌いになってきて頭の中で思う事は えらそーなことばかり言いやがって。 とか云々云々云々・・・。
で、お店閉めましたけどね。 嫌いになりだした時には情熱!みたいなものがどんどん冷めて行くのが自分でもきっちり感じれててね。 そんな事もあったとさ。 で締めくくれればいいんですけどね。

でも”元気だった時”に使ってくれていた(元)お客さんは私が日本に帰ったとばかり思われてたり色々心配してくれてました。  ま、もしかしたらただの話のネタ捜しかなぁ。なんて思わないでもないですが(笑)この歳でひねくれてもしかたないか。 そんな感じです。
Commented by xlalann at 2016-02-27 07:29
そういうのを学習障害LDと言うのじゃないでしょうか。
今は、合理的な配慮が法的に義務づけられています。
書字の時間が間に合わないなら、医師の診断書があれば、例えばセンター試験でも試験時間は増やしてくれています。
自分の障害を受容するのはお子さんにとってキツイことかもしれませんが
環境を整えたら、逆に安心して生活できることが子供さん自身が実感できないと難しいですね。
Commented at 2016-02-27 08:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-27 09:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by erikaboy1425 at 2016-02-27 12:42
二回三回と記事を読ませてもらって何だか切なくなりました。
くーまくんの抱えていた苦しみの一端が垣間見え、またこれを書いたafricaさんの親としての重い悩みも響きました。

子供の苦しみに寄り添い、正しく理解してくれる協力者、教育者がいなければ、輝かしい未来もつかむのが難しい。
くーまくんは、このタイミングで、自分で道の果ての光の指す方向を見つけたと思いたいです。

その方向は、くーまくんの望むまま。
たくさんの応援団が行く道にどんどん増えて行きますよ。

少し大人になったくーまくんが、今度はafricaさんと一緒に悩んで、africaさんを逆に励ましてくれると思います。
気持ちが定まったら、人間は案外強いです!

同じ母親として、私自身も悩みはつきませんが、一緒に頑張ります。
子供が道を見つけるまでは、母の仕事は終わりませんものね。
Commented by モネ at 2016-02-27 12:45 x
具体的に聞いたら、本当に大変だったんだなぁと痛々しかったよ。
くうまくんも両親もしんどかったね(ノд・。)
分かってるけど文字に表せない、って辛いねぇ。
そういえばフランスでも、無口な人は少ないから
無口だと学力不足だと思われて、特別な教室に入れられた、
辛かった、と言っているフランスの友人がいました。
無言がいいと言ってもらえる日本が快適だって。
くうまくんとafricaさん一家の幸せ、祈ってますよ♡
Commented at 2016-02-27 14:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by vinge at 2016-02-27 16:59
うちの長女が似てるたなーって思うんですよ。
裏文字書いてました! 発語と同時に絵が意味を持って書いていて、いわゆるぐちゃぐちゃ書きがなくて、>息をするように手が動く!ああ、まさにそんな感じでした。笑
ただ、その頃診断とかなにもなかったので、ただ変わった子、面白い子って扱いでしたけどね。
ちょっぴり学校では苦労したようです。(学校が! か??)

立ち止まって考えて進む。 きっと一つ一つがくうま君の自信につながっていきそうです。

親は、おいしいごはんと暖かい寝床を用意するだけでいいんですよね。
Africaさんのうちはばっちり!
あとは、可愛い雑貨になでなでされていて~。(笑)



Commented at 2016-02-27 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by francana at 2016-02-28 01:59
うんうんとうなずきながら読みました。
そうだったのですね。
親でさえ、自分の子供をまわりと比べて型にはめてしまいそうになることがあるのだから、
他人は余計にそうなのでしょうね・・・
くーまくんはさぞくやしい思いをしたことでしょう。
高校へ進むにむけて、すこし道が見えてきてよかったです。
私自身も、子供のありのままを受け止めてあげる親でいたいなと、切に思いました。
Commented by africaj at 2016-02-28 13:41
鍵コメkog*m*さん、
ありがとうです。大学のプロジェクトがくーまに力をくれたことは明らかで、
親以外で成績や噂ではなく自分をしっかり見て肯定してくれたのが、自信になりました。
悩みがバネに変わるなら、大きな経験だし、潰れたらもともこもないので、
今回はバネになったのが嬉しいです。でもまだまだほっとできるには程遠いので、
もう少し私も彼を見守ります。
でも、一年前にカウンセリングに連れて行った時よりも、潰れない強さが出てきたので、
経験が糧になってます。上手くいかないことで二次障害になることも、
絶望して自暴自棄になることも、もうなさそうなほどしっかりしたものが育ってると感じます。
Commented by africaj at 2016-02-28 13:58
鍵コメmi*a****raさん、
そうなの。漢字をきちんと書けないと不正解って、他の国にはないダブルスタンダードだと思う。
それを回答していける子どもたちって、脳の訓練になってるんだろうなーって感心するけど、
漢字書けなくても正解してるなら△にしてくれー!!と。
・・・って、私が学生時代は、あー面倒くさって思いつつも問題なくやってたから、
普通にできる人には、×が△になるだけで、救われるかどうかなんて想像もしないよね。

癒やされてるよー。記事、追加したから見てね♡
Commented by africaj at 2016-02-28 14:16
亀さん、
私も30過ぎてスペイン行って、3年間幼児扱いで泣いたー!!
話したいことが時事問題とかだと、会話力と話そうとしてる内容がちぐはぐすぎてよけい伝わらんかった(苦笑)
外国人慣れしてない人だと、言葉の違う国の人がその国の言葉を話す大変さって、まったくわかってない人も多くて、そっちの方にびっくりしたりして(想像力なさすぎて)

今の時代なのか、目の前にいる人を、成績と噂で判断して、直に接して自分の感覚で判断しようとしない子が多くて、見下された誤解がなかなか解けないみたい。見下す人間を探して自分を保ってる子もとても多いから・・・。

口頭試験にできないですよね?(←聞き方がもう諦めてるけど 苦笑)って聞いたけど、
それは無理と言われてしまった。そしたら社会も理科も満点とれるのにな。
でも、そんな状況だったから、「勉教は試験のためにするものじゃない」という
実に正しい概念が育ったし、試験勉強のためじゃなく勉強するのだって信念持つように
なったのは、不幸中の幸い?

さらに乗り越えて、点数低空飛行でも誰に何言われてもどーでもよくって、
自分のためになるかもしれんから学校行くって境地に達したようだよ。
自分のためにならんなと思ったら辞めそうだけど、前に進んでる進んでるっ。
明日・・・どうかなあ。同級生はどうかなあ(不安)
Commented by africaj at 2016-02-28 14:28
いつも覗き見さん、
すぐ目に見える結果 とか 人と比べることって、社会に余裕がなくなることに比例すると思います。
従順な国民性が、上には従い下に威張る風潮も生んでるし。
大学のプロジェクト、とりあえずくーま達は一年通してもらえるのは確かと思うのですが、年度替わりで計画が変わるかもしれないことも覚悟してます。誰かのやることは国や法律さえも水物です。人との関係も猫の眼と秋の空。あ、女心か(笑)
変わらないでいられるのは自分の信念だけ。
やってもらうことを期待せず、やれる人間に早く育って欲しいと切に願います。
そんな時にふと人の情にふれると、謙虚に感動できて、人生捨てたもんじゃないって思えるのですよね。
Commented by africaj at 2016-02-28 14:56
xlalannさん、
難しいのはインフルエンザA型B型のように明確ではなく、
LD、ADHD、ADD、アスペルガー、区別は難しく、複合的で、個人差があり、
一人として同じじゃなく、外から見てわからない子も多いこと。違うのに思い込みさんもいて。
本人の苦しみが他の人には想像しにくいこと。
センター試験の特例のように、法律が義務化してくれるのはゼロの時より一歩前進。
でも学校の現場ではまだまだ教師に知識がない人も多いし、
海外のように環境が整うのはあと何十年もかかりそうです。
本人が?と一番思っているので受容するのはキツくないような・・・かえってホッとしてましたよ。
ただ、ネットにある体験談は運に左右されるものばかりで役に立たないので、
自分は自分の道を探していくと覚悟するしかないようですよ。
Commented by africaj at 2016-02-28 17:01
さとさん、
ほんと・・・通学してみないとわからないので、ちょっと心配。
本人は心配とか考えもしてないみたいですが。
明日からまたお弁当が始まります。
パパと好みが違うからまた二種類作ることになるので大変だー。

そちらはテストが二種類あったのですね。
それぞれにあったものって、ストレス軽減です。
うちもタブレットを提案したのですが、例にないので学校はまだ二の足踏んでます。
スマホを校内禁止にしてる手前、1人だけ黒板を写メしてコピペする方法、
他の生徒とのバランスを考えると仕事が増えるのもわかり・・・。

こちらと学校が歩み寄ることでなんとか過ごしやすくなれば・・・
楽しく過ごせますように。
Commented by africaj at 2016-02-28 22:21
みずきさん、
あ、チラチラ出てましたね。ありがとうございます。

面白いもの、ありがとうございます!
今はまだ純粋に感覚を楽しんでいるので、もう少し現実的な壁にぶつかった時、教えてあげたいなと思います。色々な情報、私は探しきれませんので、教えていただけること感謝です(ぺこり)

おお、サワードウ、まさしくそうです!
私もモンゴルで食べていたパンは小麦粉と水をあげていて、その時はパンを焼かなかったので
そんなもんかと見ているだけでしたが、改めて思い出すとすごーい!とモンゴルサワードウを
持ち帰らなかったこと、後悔したものです。
菌って面白いですね!庭の菌ですか??土の改良をされてる?
Commented by africaj at 2016-02-28 22:41
えりかさん、
色々悩んだ気もしますが、過ぎてみると忘れてるのが不思議です。
ようやくうまくいったこともあるし、まだまだ心配も多いし、案外今の激動に必死で。
でも、こうして記事にできたのは、ある程度良い方に目処がついてきたからだと思います。
彼にしかない道探しはまだ心配も多いですが、そう、応援団も少しずつ増えています。
彼も経験を詰んで強く成長してる。
子どもがしっかりと道を見つけるまで、母の仕事もう少し続きますね。
お互いに頑張りましょうね。ありがとうございます。
Commented by africaj at 2016-02-28 22:46
モネちゃん、
痛々しかったのか覚えてないのだけど、くーまがしんどかったのは確か。
右手が脳と直結してないみたいってフリースクール時代から言われてたんだけど、
中学以降切実な問題になってしまった。
淡々と取るべき処置を取り、相談する場所に相談し、
それなりに前に進んでることを有りがたい時代と感謝しつつ、がんばりますー。ありがと♡
Commented by africaj at 2016-02-28 22:55
鍵コメmikaさん、
そうね杓子定規な環境に苦しんだからカウンセリングに通うことになったんだろうね。
精神的なことも風邪引いたとか怪我したのと同じで、
迷わずどんどん門を叩いて、本人にもすぐに告げて、
みんなで考えていくことにして良かったなって思うわ。
これからもね。
悩んだら休むし、ダメならすぐ場所を変えるし、自分が間違ったならやり直す、
スムーズじゃない子供時代を納得いくまでやることが、くーまの成長に必要に思うから、
見守るよ。ギュッと詰まった子ども時代、きっと後で生きてくるはずだし。
Commented by africaj at 2016-02-28 23:06
くまたろうさん、
似てるのは長女さんの方?Pちゃんは違ったのね。
苦労したのが本人より学校?それは本人にとっては幸せだー(笑)

うん。マイペースな人生をきっちり送らないと彼はダメみたいだし、
現代の忙しさや流れに逆らって、しっかり自分の足で歩くから自信に繋がりそう。
それでいいんだと思います(それ以外の選択肢もないのだけど 苦笑)
私はおかんがんばりまふ(笑)

ありがとう~。なでなでされてるー(笑)
Commented at 2016-02-28 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-02-29 11:14
鍵コメny****ceさん、
紆余曲折は自分の人生をしっかり生きることですものね。
考えて自分で決めて、地に足がついて前に進んでるのが、私も嬉しいです。
そうです。音声を文字にしたり、写真で取り込んだ文字がタイピング文字になるソフトも出ていて、
世の中は進んでいるのですが、ラインに縛られ身動きが取れなくなる大勢の子どもたちに
せめて校内だけでもスマホを取り上げている学校としては、1人にタブレットを許すことに
躊躇してます。学校のこともわかるので、息子の様子を見て考えていこうと思うんです。
教科書に書き込むことが上手にできるなら、それでいいし。
一切文字が書けないわけではないので。
やはり無理なら、強くお願いすべきだし。見守って考えていこうかと。

ああ、あの時の桜マーク、覚えていてくださったのですね。ありがとうございます(ぺこり)
学校の選択は間違っていなかったと今も思うんです。
入学した時の喜び!すべての始まりでもありましたが、雨降っても地固まればまた喜びの場になります。
Commented by africaj at 2016-02-29 11:22
francanaさん、
型にはまれない、はまるとカウンセリング通いになっちゃう子もいるんですね。
逆に考えると、そうやって自分の個性や才能が外的圧力から守られているように思います。
会社勤めなど出来ないだろうことは、自分で自分の道を探さなきゃいけないと
子供の頃から覚悟も決まるので、たくさん選択肢のある子とは別の意味で、幸せかもしれないなと思えたり。
そんな人生を与えられた息子のこと、私は面白く思えて、大変だけどわくわくするのですよー。
Commented by africaj at 2016-02-29 11:37
鍵コメb*nさん、
旦那さまもなのですか?周囲の理解と経験を積むことで問題なく過ごせるようになるのですね!
嬉しいお話ですっ。ありがとうございます。
その当時で、試験期間を延長してもらえたなんて、やはり個人を尊重する国は先進的ですね。
口頭試験も時間延長も、これは諦めるしかなさそうです。
本人はもう高得点を採ろうと思ってないし、周囲に先生も一生懸命説明してくれたようだから過ごしやすくなれば・・・いいなあ。
でも、息子はもう家と学校だけで生きているわけではないので、劣等感を持つことももうないような気もするのですが、どうでしょう。今朝はイキイキと学校に行きました。
Commented by papricagigi at 2016-03-25 02:29
africaさん、とっても久しぶり!(でもいつも記事は楽しく読ませてもらってるよ~)
くーま君、その後学校、どう? そうだよね、家と学校だけが全てではないっていうことがしっかりと分かったことで、気持ちにも余裕ができたんだよね。日本のように柔軟性に欠ける学校社会にいても、あたたかく広い心で受け入れてくれる家族がいたら大丈夫!状況を「問題」としてではなくて、その子の在り方としてみてみんなで話し合えるっていうこと、素晴らしいな。africaさんのところではいつも学ぶことがたくさんあるよ。

文字を書いたり漢字を覚えるっていうことが大きなハードルである場合、タブレットなんかで入力表示はダメなのかな? タイプして漢字の選択などが出たら「コレが正しい」っていうのは選べそう? コチラの大学では、理由があって紙に書けない生徒が代わりにタイピングしたり、ボイスレコグニションのソフトで口頭で答えたものをコンピューターにタイプさせたり、タイプできないから手で書いたり、って色んな選択が許されているよ。だって、書けない=知らない、んじゃないんやもんね。

そうそう、africaさんの刺繍を見て、帰国中に刺繍の本を一冊買っちゃったよー。衝動買い!

by africaj | 2016-02-26 17:11 | 息子のはなし | Comments(31)