初めましての2日間でした。

ただいまー。

d0180447_2271424.jpg

青空に輝く銀杏が印象的な入校式の2日間でした。

全国から集まった子どもたちも個性的。
好きな事に一途で、学生としては規格外。
小5から中3までの男の子ばかり13名で中学生が多かった。
驚くほど理屈っぽい子もいれば、呆れるほど実験が好きな子もいて。
笑っちゃうほど戦国時代を熱く語っちゃう子とか。
あ、息子のクレイメーション、笑ってもらえました♪

こんな中だと、息子はすーっと溶け込んでいく。
そしてあっという間に仲良しができてました。

あんなにいつも浮いてしまうのが嘘のよう。

朝ドラ「あさが来た」のあさちゃんみたいに、
なんで?どうして?がいっぱいの息子は、
中学の授業で手をあげて質問しちゃう。
すると授業時間が長引くと他の子に嫌がられて。
それで居心地悪くなって、質問したくても我慢してたから、
学校も勉強もちっとも面白くなくなってしまった。
しかも、飲み込んだ言葉の山が心に詰まっちゃって、
カウンセリングに行くことになっちゃったわけですが。

ここでは議論好きな子も多くて、質問しても喜々として答えてくれてました。
大人たちもみんな、質問大歓迎。
しかも、ヘタなことを言うと一刀両断の答えが返ってくるから、
負けない意見が大切でスリル満点。
口から生まれたという教授は、
「早速息子さんに噛みつかれました。いやあ面白い!
議論なら僕は負けませんからね」と喜んでました(笑)

初日は学校探検と自己紹介やこれからのことがメインで、
親睦会が夕食になりました。

この日に集まった色んな分野のクリエイターとも、
個人的に話しかけてどんどん質問して質問して質問して・・・。
デザインの専門家は自分のデザインへの考え方を、
建築の専門家は自分の研究の方向性を、
みんなとても真剣に意見を返してくれるのです。

d0180447_017695.jpg

息子の目がハートになったクリエイター鈴木義広さんの、「りんご」の考察。

けん玉の「玉」がりんごの形をしていたのですが、
それはけん玉をすることで、地球の重力を感じることができるからだって。
つまり、地球の中心から一本の線で自分が地面と繋がってるのを、
けん玉の玉のヒモのおかげで、見ることができる。
そして、玉を上手に無重力にすることで乗せる・・・遊びがけん玉で。
語りだしたら熱いのなんの(笑)
黒板に思いが詰まってたので、パチリ。

「あまり社会に役に立たないものばかり作ってます」と自己紹介。
「この人は変な人ですが、でもちゃんと生きていけてます」と教授から紹介されてた(笑)

息子は、彼のものの見方すっごく好き!!て、暇さえあればひっついて
話し続けていました。


「僕達のこだわり」という講義は面白かったです。
鈴木さんは「ぼくは作ったものを人に褒められると嬉しいし、
驚いてくれたらいいなって作る」というスタンスで、
人型ロボットのロビ君を作った高橋智隆さんは
「人は関係なくて自分の作ったものを1人でほくそ笑む瞬間のために作る」って。
2人で意見交換してるけど、歩み寄るつもりもない平行線な会話が面白かった(爆)

「モネのように、描くものと皆に受け入れられるものが一致する人って幸せだよね」
と言っていた息子。
日曜美術館で「忘れられた天才 明治の洋画家五姓田義松」を見て、
すごい絵を描き、こだわり続けたのに、誰からも忘れられた画家の生涯に涙して。
息子は常にこのテーマを考えているようなので、
この講義はワクワク聞き入ってました(笑)

結局初日は、あまりに楽しくて興奮して、眠れなかったらしい。

前日も、始まることにワクワクであまり寝られなかったと言っていたし、
参加するのに始発で電車に乗って来たからヘトヘトだったのに、
また寝てないなんて、2日目の授業は倒れちゃうんじゃないかって
心配したくらい。


2日目は、授業がありまりました。
「生きたカニ・エビを解体して観察し、その後ちらし寿司を作れ」というミッション。
時間制限なしだけど、自分の昼ごはんなので、がんばれ!ってやつ。

色いろあるなか、息子が選んだのは生きたタラバガニ!!
大きすぎるから、一番仲良くなった友だちと2人で解体したらしい。
後で迎えに行ったらスタッフに「上手に解体してましたよー!」って
誉められるくらい、見事に解体して、ちらし寿司と、
大きいから「刺し身」も作って、特製さしみ醤油を添えたとか(羨ましー!!)

最後まで目を輝かせてました。

全部が終わって帰りの駅で
「お腹すいたー。東京に来たんだから蕎麦が食べたい!!」って駄々こねて、
夕方5時に温かい蕎麦を幸せそうにお腹に詰め込んだと思ったら、

「蕎麦食べてホッとしたら眠くなってきた~」って、
実家に着いた途端倒れるように寝ちゃったの(笑)
で、
朝の4時にいきなり「お腹すいたー。オレここじゃ何食べていいかわからないから」って、
叩き起こされて・・・おかずと共にご飯たっぷり2膳お代わりして、お味噌汁も2杯飲んだら、
また眠くなったって、そのまま朝の9時まで寝てたのでした。わー16時間だ~(爆)

そんな2日間。
どんだけ楽しかったんでしょう(笑)
頭の回路が開きまくってたみたい。

新しい息子の居場所。
手を離して、もう大丈夫だなって思いました。

d0180447_16959.jpg

窓からのぞく銀杏のように金色の時間でした。
[PR]
by africaj | 2015-12-15 01:08 | 息子のはなし