人生は冒険だよね と 晩夏の美味しいもの

バリの話の途中ですが、今のことを。


息子が勉強好きじゃないと言い出した「息子が進みたい未来」の記事を書きました。
その続きです。

それ以来、考えておりました。

彼が生まれてから、忘れないようにしてたのは、
「どうしたいのか、子供は自分でちゃんと知ってる」ということで、

邪魔しない子育てをしようと決めており。
ずっとそうしてきたんです。
親が先にやってあげたり、話を聞かないで親が決めたりしないよう。

生まれた時から意思の塊で、
赤ちゃんって1歳位までホニャホニャしてるものだと思ってたから、
すごくびっくりして、考えを改めたわけですが(笑)

ケガとか人に迷惑かける以外は好きにさせてきました。

日本に帰ってきてから、
やらなきゃいけないことが一杯なのにやらない彼に、
学校と彼の板挟みになるうちに、
私はそういう子育てへの思いを忘れていったのかもしれないなって今思ってます。
毎日やらせなきゃいけないことに追われるうちに。

彼の意思、彼のリズムより、学校に合わせなきゃって、
せめて義務教育が終わるまで勉強もドロップアウトさせない、
それが彼のためだって私も信じてたし。

でも、やらせたことって、どう見てもあまり身についてないし。
身になってるのは、自分が好きでやってきたことばっかり。
じゃあ、私の努力って骨折り損。
どこかが間違ってるのかも・・・とよく思いました。


あるプロジェクトに応募した息子は、面接で
とても頭の良い大学教授と話をしました。
その教授の最初の言葉が、
「学校なんてね行かなくていいの。勉強は自分でやればいい。
それよりね、自分の興味のあることだけやっていればいいんです」

そうですよねーって、息子(おいっ 汗)

傍で聞いてた私としては、
学校行かない上、勉強も自分でやらない場合どうしたらいいんでしょうって
聞きたかったんですが・・・。

でも、私の考える「勉強」はたぶん5教科をしっかりやることなんですよね。
脳は、でも自分で興味あるものを勉強していける能力があるわけで。
「興味あるものを勉強しろ」という意味を教授は言ったんだろうなあと
考えなおしました。

最初は好奇心旺盛な状態で生まれるのに、
5教科にたまたま「興味が持てた」子以外は、
一般的な勉強という枠内にエネルギーを費やさざるを得なくて、
もともとの好奇心を忘れて、無難に大きくなる。

子供のうちは、自分の好きな事が、社会に出てお金になるのか、
人の役に立つか、そんな心配しなくていいから、
まずは自分の好奇心に忠実にそれだけをやればいい。
他のことは大人になってから考えればいいって。

教授が言う。

なんだか反省してしまい。
昔の自分に叱られた気がしてしまい。

義務教育までは、他人と話すのに要る最低限の「教養」部分だから
私的には首根っこ掴んでも勉強させようって思ってたんですが。
でも中3くらいからはもう、専門の勉強に生きていいんじゃないかと
思うようになりました。

なんか、5教科とか勉強とかどうでもよくなり。

夏休みの宿題を、感想文以外すべて無視して優雅に過ごしてた息子を、
それでも、スポーツもいいこといっぱいあって楽しんで、
いっぱい本読んで、絵も描いて、のんびり楽しく笑ってた夏休みだったので、
それでいいような気もしました。
宿題提出しなくて大丈夫なのかは知らないけれど、自分でなんとかするだろうし。
今日の試験も、また一桁のオンパレードかもしれないけど。
高校に行ったらそれじゃ進級できないかもしれないけど。

「落第したら、その時考えるよ」って言ってるから、
今は心配しないことにしました。

落第、ドロップアウト、そんな言葉を聞いてると、
上から下に「落ちる」イメージばかり持ってた私。
でも子供の世界って、上下にあるんじゃなくて、全部横並びだよなーって。
左がダメなら右、あっち、こっちって転がれる。

なによりも健全な心を持ってて、
知的好奇心が旺盛なんだから、この年代の男の子の中で一番健康な気もするし。
ま、なるようになるだろう。
人生の冒険、見まもればいいや。


晩夏になってパパのおみやげも果物が多くなってきました♪
d0180447_12502719.jpg

摘みたてのブルーベリー、大粒であっまい!!
ちょっとそのままを楽しんで、急いで冷凍で、フレッシュを閉じ込めました♪

d0180447_12503667.jpg

この日のお土産はパッションフルーツ。
朝のスムージーのベースにしたら、
パッションフルーツの甘酸っぱい香りがたまらん~♪
バナナとモロヘイヤと甘酒とのミックス、美味しかったですですっ♡

d0180447_12504337.jpg

去年どこかのお宿でイカの三升漬けを食べて、
塩辛よりさらにぐぐんと好きかもって思ってから、
今年は三升漬を作ろう!って決めてたんです。
なかなか青唐辛子がみつからないのと、
青森在来種の「清水森なんば」で作る三升漬は仕上がりが違うって
調べてるうちに見つけたので、取り寄せてみました。
ちょびっと食べてみましたが、うんうん、私の好きな辛さですっ♪
辛すぎても嫌だし、辛くなくても・・・だし。これこれ、って感じ。

d0180447_12505268.jpg

今年はじめて作る、自家製三升漬です♪
はやく漬からないかな~。食べるのが楽しみだああ♡
[PR]
Commented by tomomato at 2015-09-02 16:15
ああよかった。africaさんがその境地に立てて。  言ったでしょう? 学校なんて行かなくてもよいのだって。
でも日本に帰ってきて日本の社会の中でいきて、日本の社会(どの?)で生きて行こうとすると、 はまらない子供達はやはり苦しい選択をして壊れて行くよね。 兄にも、学校の成績なんて今は関係ないって口酸っぱく言っても理解できなかったから。 (自分の成績は子供の頃凄い悪かったのよ。 苦笑)  
クーマ君、今まで頑張って来たのだから、 もういいよ、 って感じ。  目を開けばいくらでも選択肢はあるのだから。   大人になって他の人たちと話すにしたって、 算数や社会や国語の知識なんて話さないよ。 最低限暮らして行けるだけのスキルが必要なだけで。   後は友達、社会性、それだけだよね。 それだって、 学校外でどんどん広げて行くことも出来るし。  
Commented by tanat6 at 2015-09-02 17:15
↓↓珍しい調味料や食材の数々、作ったことないもの(食べたことも)ばかりで興味津々!
これを全部吸収できるなんて 凄い!

親って 子供に平凡でいいから幸せな道を歩んで欲しいという気持ちと、大変でも個性を生かした道に進んで欲しいという気持ちと 両方あるんですよね。
我が家は もう親の手を離れてしまいましたが、ここにくるまでには色々と…(笑)
Commented at 2015-09-02 17:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-02 22:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 浦島の亀 at 2015-09-03 00:49 x
やーーー、バリ島楽しそうだねえ。
それ以前の記事にもいっぱいコメントしたいのあったけど我慢して、とw
いやあ、真面目な人が親になると大変なんだなあって思っちゃった。
日本しか知らなくて生きてきた人ならそういうふうに(学校の勉強がすべて)考えるかもだけど、
africaさんなんてスペインっつう自由なwところで何年も暮らしたのに?
学校の勉強はね、数学とかは論理的な思考をするための基礎だとは思う。
でも論理的な思考を取得する方法は数学だけじゃない。
社会も国語も、すべて、それ自体が目的なんじゃなくて、
物を考えたり判断したりするときの基礎になるものではあるけど、
学校の勉強以外でもいくらでもそういうのを身につける方法はあるわけで。
africaさんアントさん、どっちもそこらへんばっちりくうま君に伝授してるやん!
でもまあ、子供にしてみたら、変に自信満々の親は迷惑なもんかもしれんw
だからafricaさんがそうやっていろいろ悩んでるのをくーまくんも見て感じて、
そこからいろいろ学んでるんじゃないかと思うよ。
部外者の私としては、くーまくんの将来がホント楽しみだよ♪
Commented by mika at 2015-09-03 09:43 x
私もスレスレだったけど、試験も、その日の朝に何の教科なのか聞くような生徒だったけど、でも、卒業出来たし、大学だって、あ、行っておこうかな〜って思ってからのがんばりで行けたし、本当にどうにかなると思います。
でも、母として、息子の好きにさせていない私。補習校の宿題を無理矢理させているし...とりあえず、日本語だけはちゃんと入って欲しいから、矛盾を感じながらね、でも、やらせてる。その辺が難しいなぁ。
Commented by yk-voyant54 at 2015-09-03 12:18
こんにちは。コメント久しぶりです。でもちゃんと来てるよ。
バリ滞在は充実していたようですね。こういう楽しみ方も
あったんだと参考に?なりましたよ。
くーま君は個性的だし、いーっぱい才能もあって賢い子じゃ。
彼はきっと何も変わってない。筋が通ってる感じがするよ。
africaさんが日本の教育に振り回されそうになったのかしら?
そうなる度に、くーま君が元に戻るように導いているような。
無意識の話だけれどね。
いいなぁ〜、こうやって息子の事を真剣に考えることができて。
私、ちょっと、やっぱり、放任主義というより無関心だったと
言った方が当てはまると気付いたよ。直らないけれどね。笑
Commented by africaj at 2015-09-03 15:38
tomさん、私やっと腹を決めた感じでしょ?
自分でも驚くほど吹っ切れた。
きっとバリで感覚が自分本来の正常さにリセットできたんだわ。
私が子供時代、ドロップアウト=人生落第って刷り込まれてたから、抵抗あったんだと思う。
自分の子供時代のイメージ自体、かなり間違ってるって色んな人と出会う中でわかったことなのに、子供の人生には臆病になっちゃった。
色んな事吸収できるこの時期に、学校が面白く無いのに、学校に縛られてる時間こそが勿体ないってわかった。
大切なのは、人生の岐路に立った時選ぶべきを間違わないかどうかで、くーまはそこは大丈夫と思う。
そこまでしっかりしたら、せっかくの子供の時代くらい、好きに人生を冒険したらいいんだよね。
その経験は大人になった時絶対いきてくるから。
Commented by africaj at 2015-09-03 15:49
tanaさん、
私も、こうして習って、調味料を手にとってナメて、色々な料理で使ってみて、
バンガローの台所で復習がてら1人で作ってみたりできたから、ようやくわかったこといっぱい。
同じアジアなのに、スペイン料理よりもエキゾチック体験でした~♪

ほんとにそうですね。親って欲張りなのか、怖がりになっちゃうものなのか。
2つの気持ちに揺れ動くうちは、本当に悩ましいですね。
でも、今の道を歩むのに、親子共に疲れちゃうのは、きっと道が違うんだろうなって思いました。
tana家は2人息子さんですもんね。尊敬しますよ―。
私、✕2になったら倒れます・・・(あ、否応なしに肝っ玉カーさんになるかも? 笑)
Commented by africaj at 2015-09-03 15:57
鍵コメkちゃん。
アントもね、最初から「いいんじゃね?学校なんて関係ないし」って言ってたんだけどね。
私、この家で唯一日本社会の常識と調整役なんで、自分が要だと思うと、すぐに割り切れなかったんだよねー(苦笑)そだね。バリの神様のおかげだわ。
Commented by africaj at 2015-09-03 16:25
鍵コk*gum*さん、
そう二次面接が終ったの。結果はいつ出るのかなあ。
色々考えてぐるぐるしてるうちに、この合否も含めて全部吹っ切れてしまった~、この影響も大きいです。教えてくれて本当にありがとうですっ。

くーまの猫背の重りの一つに私もなってたのかもなあって思って。
肩から下りました(笑)

勉強する目的に「自由を得るため」・・・これ、学校のルールと、
試験と試験勉強の繰り返しと宿題の山に縛られることに慣れちゃった子に、
これを言うと、はっと目を覚ます言葉。
「なんでやらされなきゃいけないのか」って怒るくーまに、
私達も言ってたの。
でもね、くーまはずーっと自由だったから、
彼にとっては「今の自由」を宿題と試験が奪っていくものにしか思えなくて、
まったく説得力なかったんですよねー。

村上春樹の言葉、いいですねー!!
これはぜひ、絶好のタイミングでくーまに贈ってあげます♡
ありがとう!!

我が家は、食べ物で冒険できることと、
思考の柔軟性はイコールって思ってて。
食べることにオープンなら人生も大丈夫って(笑)
だから、色んな物食べるし作ろうって思うんです♪
Commented by africaj at 2015-09-03 16:38
亀さん、バリね、子供の時おばあちゃんの家行ったみたいな楽しさだったー(笑)
きっとそれが子供の自分の素直な感覚まで戻してくれたんだろうな。
そうそう、スペインではもっと好き勝手生きてたのにねえ。
くーまにもすぐ学校休ませちゃって、スキーだ旅行だ遊び優先で(笑)
でも、なまじスペインを知ってるから、「これじゃダメだ」って思ったのか?(爆)
そうなの?すべての教科は論理的思考をするための基礎なの?
それ自体が目的なんじゃなくて?
だとしたら、やっぱりもう十分身についてるわ。
明日から学校行かなくてもいいくらい(笑)
まああとは、くーまに任せるとしよう。うん。
一筋縄ではいかないのは確かだね。
Commented by africaj at 2015-09-03 16:46
mikaさん、そうね、彼がもし、やっぱり高校最後までガンバローって思うなら、
きっと卒業できるし、それも身のあるものになると思うわ。
さらに大学行くならそれも良し。
今の状態なら、学校に縛られることから抜けるほうが
彼は彼に戻れるに違いないよ。

ぼんは・・・補習校と両立なのかあ。それは大変だなあ。
mikaさんの気持ちもわかる。私もたぶん無理やりさせると思うから。
英語ね、「これは私がやらせたいからやらせる!」って宣言して、
英語だけはやらせてる。学校の宿題とかは譲歩して
ラジオ講座だけになってるけど、毎日ね。
いつでも出来ることとは言え、耳を作るのは今しかないから。
それって、子供もわかってるんだと思う。
全部強要するのと違って、これだけは「母の気持ち」ってのは、
言っていいんだと思ってる。でも、一個だけね(笑)
Commented by africaj at 2015-09-03 17:08
ボヤントさん、こんにちはっ。
ありがとうです。ずっと見ててくれたんですねっ!
そう、彼はなにも変わってないの。
自分の素直な感覚でしか生きられない彼は、人も自分も騙せないし。
私は自分に素直になってると、やんなきゃいけないこと全部忘れて没頭しちゃう性格が、
まったく社会人じゃないことに劣等感あるみたいでね。
それじゃ大人じゃない、お母さんじゃないって、頭で考えて大人やってる。
だから、学校に「出来てないことを指摘される」と、息子との間で
板挟みになっちゃうみたい。
とうとう、息子の頑固が私より勝ったんだなあって思いましたよー(笑)
でも、小さい時から何も変わってなくてよかったって思った。
もう自分で決めていく年頃だから、いいのですよね。

いやあ、ボヤントさんの息子さんだったら、私もきっと
すご早に子育て楽にしてたと思いますもんー。
手が掛かるから、こんなに考えなきゃいけなかったわけで。
Commented by diastella at 2015-09-03 17:41
「勉強しなくていいよ」って言ったのが大学教授だと、なんだか説得力ないよな~とひねくれもののわたしは思ったんですが(笑)。でも、好きなこと見つけて、そのために進学が必要であれば、その勉強は自らするだろうから、「これ」ってものを見つけたほうが強いってことでしょうね。そういえば、わたしも、行きたくない高校にどうしても入れたい親とやり合って、最後「この高校にさえ行ってくれたら赤点じゃない限り何も言わない」と言われ、しかたなく進学したら成績が勝手に上がったんでした。家で勉強しないのは相変わらずだったけど、いつか留学しようと自分で決めたので授業が耳に入るようになったのかも。くうまくんの将来はなにになるか分からないけど、きっと楽しく生きているような気がする。これからも絵や作品、見せてほしいなあ~。
Commented at 2015-09-03 20:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-03 20:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Biribi at 2015-09-07 04:05 x
africaさん こんにちは。
くーまくーまに何度かおじゃましに来たBiribiです。

子供の将来って親の思いを投影しちゃって難しいですよね!
年来は違うんですけど、私も息子の将来のこととか育て方について、africaさんとすっごく似た試行錯誤と迷走が頭の中で繰り広がってて(笑)、すごく共感しながら今回の記事読みました(いつも共感してるんですけどね・笑) 

やっぱりなんだかんだいっても、今を生きてる子供を先走りしちゃいそうで、「落第したらその時かんがえるよ」って、「今」を共有していってあげる覚悟って、できていそうで、なかなかできないですよね。

大学にいった方がいいとか、5教科だけはとか、そんなの私たちの古い世代の価値観で、息子たちには関係のないものになってるかもしれないですよね。 

africaさんの、「今」につきあってあげる姿勢で、私もハッとしました。
これからも応援してますね〜
Commented at 2015-09-09 11:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2015-09-11 18:40
diastellaさん、こんにちはっ。
教授は「学校行かなくていいよ」って言ったんだよ―。
勉強は自分ですればいいからって。
教授、教えられたんじゃなくて自分で勉強して大学入ったって言いたそうだったよ。
そう。自分に「これ」ってものがあれば、その道に大学があるならその勉強すればいいし、
大学がないなら、無理して大学行かない道で力を発揮すればいい。
簡単なようで、親としてはやっぱり迷いがつきもので・・・。
でも本人は、迷いはあまりないのだけどね(苦笑)
作品、紹介していきたいなって思ってますよ―。ありがとうっ♪
Commented by africaj at 2015-09-11 19:04
鍵コメk*g*maさん、
まだ結果はわからないのー。
でも、そう、くーまは我が家でさらに自由になりました。
どうなるんだろ。
面接をした教授に「我がままと生意気の違いは、生意気は自分の言葉に責任を持つ奴だ。
だから、自分の道を行くなら生意気になれ」って言われてた。
その意味が彼に伝わってたらいいなあ。
と期待しつつ、見まもることに・・・。

親はジタバタしますね。
だって、子育ての経験ない中で必死に考えるからしょうがない(笑)
間違っても苦しんでも最後に地に足の着いた道を進めるなら、
いいなあ。
Commented by africaj at 2015-09-11 21:42
m**eちゃん、こんばんは。
あとから見て、自分が嫌にならないよう無理せず書かないなり書くなりできるといいね。

そう。型にはまりそうにない・・・というと
格好いいけど、自立できなかったら元も子もない
と思うと、親は思い切った結論出せないよねぇ。
信じたいけどそこまでしっかりしてないとか。
成長を待ってあげたらなんとかなるのかって迷いも。
Commented by africaj at 2015-09-11 21:54
Biribiさん、覚えてますよ―。
なかなか同じハンドルネームの人もいないので、印象強いです(笑)

私たちの時代と、価値観も社会が要求する人間像も確実に変わってて。
今ある仕事で20年後まで残ってる確率はかなり低いと言われるほど、
社会の変化も著しいんですよね。
5教科満遍なくではなく、群を抜いて得意な一つの方が望まれる仕事も多くて。

子供が一番「今」の動きに敏感ですもんね。
頭から決めつけないように、頑張って親をやってきまーす。
Commented by africaj at 2015-09-11 22:06
J**iaさん、こんにちは。
以前私が、好きな事を優先するか苦手を先に克服するかって悩んでた時、
「好きな事先にするもんだと思ってた。嫌なこと先にするって
発想なかった」ってコメントくれたでしょ。
いっぱいの人がそう言ってたけど。
以来、好きな事を優先すべきって念頭に子育てしてるよー。

水泳やめたの?びっくりしたー。
習い事、色々と整理して先に進んで成長してるんだね。
うちは習い事ほとんどさせてないから、
ずーっと続いてるんだけど。
親が子供の将来のためにさせたものって、習い事も勉強も
結構お金の無駄多いよね(苦笑)
子供時代短いんだから、一緒に時間いっぱい楽しむほうがいいよね。
そういうこと、親を長年やってて、ちょっとずつ確信持ってきたよ。
by africaj | 2015-09-02 12:28 | 息子のはなし | Comments(24)