母、少しずつ改善 と シルバーハウジング

色々なアドバイス、経験談、優しい言葉をいただき、
ありがとうございました。

やはり直面しないと、知っていても理解まではしていなくて、
いざという時に、0からの出発になりますね。
どこに行ったらいいとか、こうしたああしたというコメント、
どこを目標にしたらいいか、糸口になるので、助かります(ぺこり)



母は、大きな病院でさらに検査をし、即日入院。
そして血液をサラサラにして詰まりを取る点滴が始まり、
しばらくは病院で治療となりました。
とりあえずは、ひと安心です。

医師の話では、
発見が遅れたとはいえ、
麻痺の出る、身体能力に関わる部分まで損傷が広がらなかったのは、
脳梗塞の中でも、不幸中の幸いとのこと。
たぶん、運動機能の麻痺の方がリハビリがやっかいなのでしょうね。


母は、姉が付き添って病院に検査に行ったわけですが、
前夜から姉の家に泊まっていたのに、
朝、1人で病院に行こうと、姉に書き置きを残してたみたい。
たぶん「病院へ行ってきます。1人で大丈夫だから」的なことを
書こうとしたのだと想像できるのだけど、
「ううああいううあいいあう、ううううあ」って書いてあったとか。

失語と言っても、筆談できるんだから
麻痺が出ないより格段に幸運だった!って思いましたが、
思ってることを文章でも書けなくなっちゃうのか。
英語入力なのに、間違って日本語入力しちゃうような。
脳ってほんとにコンピューターみたいですね。


心不全の人は、心臓で血液の固まったものが脳に行き、
血管を詰まらせるってケースがとても多いから、要注意とのことでした。
不整脈持ちなのに、父の入院騒ぎに無理して、
去年は心不全を二度悪化させた母は脳梗塞危険人物だったんですねえ・・・。
そこまでの説明を、心臓で掛かってるお医者さんから受けていたのかな?

でも、母は最近、「心不全が出てないから治ってきてる」って思って、
心不全のお薬をサボるようになっていたみたい。
お薬を飲まないでも平気なら、病気が治ってるって、自己判断しちゃう(涙)

人生の大半が健康だったから、
予防のためにお薬を飲むのに慣れてないのですよね。
毎日たくさんのお薬を飲むって、本当に大変そう。
これを一人暮らしで自己管理しろってのが無理なのでしょうね。



母の行き場所について、
市役所に問い合わせて色々と聞きました。

今年の四月から、特養ホームは要介護認定3以上じゃないと入れないと
変わったそうです。
特養ホームは魅力だけれど、要介護3であっては欲しくないし・・・。

有料老人ホームは、信じられないほどに高くて驚きました!
入居に数千万円払いながら、毎月20万ほど必要って、
それを払える人がたくさんいるってことなんだあって、ちょっと驚きましたー。
だって・・・20万円が10年で2400万円なのに、
20年30年の人もいるわけで・・・(汗)

軽費老人ホームというのがあって、これは費用的にはなかなか良いですね。
しかし、その分個人のスペースが狭くて、共同なことが多いから
色々と問題あるんだろうな・・・とちょっと想像できたりして。
システムより、メンバーで住み心地違ってきそうですもんね。

見守り付き市営住宅というのが、「シルバーハウジング」という
名前で提供されてました。
収入に応じた賃貸料なのだとかで。
私が飛んでいける範囲なら、これもありなのかもしれない。
母に麻痺が出なかったので、自立しての生活ができそうなら・・・
退院するまで、まだはっきりわかりませんが。
・・・と思ったら、シルバーハウジングは市内に住んで一年立つことが条件で、
さらに一年に一度募集に人が殺到で、
空きがないから去年応募した人もほとんど入居できてない現状だとか。


もうちょっと色々と調べてみようと思います。
でも、東京の母の周辺が老人福祉について惨憺たるありさまだということと、
私のいる周辺はかなり整っているということだけはわかりました。
・・・と思ったら、整っている全てが満員で空きがない状態でした。
というか、福祉課は提案するだけで責任は持たず、
住宅課は空いてないと断り、
どうしたらいいんですか?!って怒ったら、
「お困り課」に相談したらどうですか?って言われてしまいました・・・。
これが役所のたらい回しってやつか(涙)
絶望的でしたー
お金を積むか、東京で一人暮らししてもらうか
なんていう見通しのたたなさ(凹)


でも頑張ろうと思います(ぺこり)
[PR]
Commented at 2015-05-20 20:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by papricagigi at 2015-05-20 22:49
africaさん、おはよう。
お母さん、お父さんが亡くなられたショックもあったのでしょうし、看病をされている間は自分のことなんて後回しで、一段落ついた今になって大きな症状が出てしまったのかな。africaさんも心配でたまらないよね。。。 文章を読んでいると、冷静に対応しているみたいにみえるけれど、他人ではないお母さんのことだもん。。。まだお若くて、つい先日まで普通に元気にされていたことを思うと、信じられないよね。介護の施設の現状を、こうしてafricaさんから聞いて現実の厳しさを感じます。私も海外に住んでいるし、うちの母も不整脈持ちで薬飲んでるし、人ごとではないです。

麻痺が出なかったのは良かった。自分の身の回りのことができなくなると、気持ちの面でも挫けてしまうもん。失語症状はリハビリなどで少し回復したりするのかな。そうだといいな。
何もアドバイスもできなくてごめんね。でも、応援しています! africaさんこそ、体をこわさないようにね。
Commented at 2015-05-21 05:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2015-05-21 16:19
ya**iさん、
そうなのね。開業医が特養をやるなんてすごい。
お母様、入れてよかったですね。強い運の持ち主だな。
了解です。知り合いに聞きまくってみます。
Commented by africaj at 2015-05-21 17:05
papricaさん、
比較的病気と無縁に暮らしてきた一家なので、晩年の父母のこの状況は、ショックだよー。
病院慣れしていない、薬慣れしてないって、こんなに大変なことなのだね・・・。
国民年金が破綻しそうという現実を、こんなところで痛感。
お母様も不整脈なのね。血液をサラサラにするお薬がないと、脳梗塞を起こしちゃう確率がすごく高いこと、ご存知かもだけど、気をつけててくださいませ。

本当にね、身の回りを自分でできるか、人に頼まなきゃいけないかでまったく違うよね。今回母に麻痺が出なくて良かったよーほんと。
温かいお言葉、ありがとう。元気もらったよー(ぺこり)
Commented by africaj at 2015-05-21 17:33
鍵コメsh**oさん、
久しぶりです。
それが一番の問題とは、思ってらっしゃいません。そこは娘が決めていいのでは・・・って、答える人いるのかな?
私が自分勝手に暴走して見えるのかしら?でも安易な考えではないのです。
母の気持ちを考えつつ、今回みたいなことが起こらないように対処しつつ、その先何十年も人生のある家族が仕事を失うことにならないよう、話し合いと歩み寄りで良い道を模索しないと。
なんにしろ、関西の暮らしを提案するには、可能性も金銭的問題もクリアした現実的な案じゃないと、うまくいかないので、今できるだけのことを調べてます。
Commented by shiko-pt at 2015-05-21 21:15
ン?と思って自分の書き込み見たら・・・”お母様はどう”が抜けておりました。色々なパターンを想定して情報を集めないと選ぶに選べないもの。暴走しているなんて思わないわよ〜。
Commented by tanat6 at 2015-05-22 00:58
昨日ブログのリンクを貼らしていただいたのですが、私のURLが間違っていたようで開けません。
旅先でスマホしか携帯していないため、訂正ができません。
ごめんなさい。
帰りましたら、すぐに訂正致します。

取り急ぎのお詫びです。
Commented by africaj at 2015-05-25 14:43
shikoさん、
あ、そか。耳の痛いお言葉かと思った(笑)
色んなことを調べてよりよい妥協点を探していくしかないなと思います。とにかく、情報を集めることが私の今のお仕事だからがんばるわ。
Commented by africaj at 2015-05-25 14:47
tanatさん、
どの記事のリンクかわからなかったのですが(燻製の記事??)、丁寧なお詫びをありがとうございます。申し訳ない。まったく問題ないです~(ぺこり)
by africaj | 2015-05-20 12:54 | 雑記 | Comments(10)