豚足と大豆の煮込み。

ようやく晴れましたね!

帰ってきたら、洗濯物が山盛りだったので、
朝からすでに3回洗濯機を回してます。
昨日大量に作ったボロネーゼソースを、せっせと冷凍し。
新学期や5月の修学旅行に向けての提出物も
なんとか一段落。

今夜は、畑の計画表を作らないといけません。
とりあえず、5月に植える予定のトマトの種の発芽を急いでます。
ようやく小さな根が出てきたので、
明日くらいプラポットに植えつけて、しばらくは簡易温室栽培。
小鳥のひなを育てるように、本葉が出てくるまでは毎日ハラハラ見守ります(笑)
こんなことで、地に足のついてなかった気分が
ちょっとずつ日常に着地して来てるような気がします。


一昨日、強い雨でひどく冷えた夜は
舌触りよく、元気のでそうな煮込みが食べたくて。
d0180447_1114310.jpg
豚足と大豆の煮込みを作りました。

大豆の柔らかい優しい味と、豚足、八角風味がとても美味しいっ。
甘味は、ナツメと氷砂糖を使うので、くどくないふんわりした甘さ。
副菜に、にんにくの芽とえのきの豆鼓炒め。
わかめと胡瓜の酢の物のごま油風味。
チンゲン菜のスープ。
あ、前菜に揚げ出し豆腐も作ったわ。

ずっと男衆だけの生活だったので、
惜しげも無く「美味しい!すごい!」の大合唱してくれるので、
今週は魚に肉に、愛情一杯と手の込んだものを作ってあげてます(笑)

私も、集中して台所に向かえる時間があるのが
こんなに嬉しいかと思うくらい嬉しいです。
すーっと癒やされていく。
本当に食べるのも作るのも好きなんだな。

またちょっとずつ、皆様のところにもおじゃましていきますね。
改めて、また仲良くしてくださいませっ(ぺこり)
[PR]
Commented by 浦島の亀 at 2015-04-16 22:25 x
やったー、コメント欄解禁、待ってましたッ!
africaさん、いろいろとお疲れさまッ!
大変だったろうけど、後悔のないよう、やりきったことと思う。
あとはゆっくり休んで、好きなことして、いっぱい人生楽しんでね。
うちも、平穏無事というか波乱万丈というかw
また時間見つけて遊びに来てねっ!
Commented by じゅん。 at 2015-04-17 08:32 x
いろんなことを想いを胸に
全部をやり遂げたafricaさん
あらためて お疲れ様でした

わたし
手の込んだごはん作れないので
africaさんのメニューを見てると
ちょっと手の込んだごはん作ってみよう
そうおもっちゃったり^^
ぱぱさん くーまくん
久々の手料理 うれしかったでしょうね♡

じゅん。
Commented by africaj at 2015-04-17 09:05
亀さんーん、blogにゆっくり向かえるようになったー。
長かった・・・。
でも、そう、やりきったよ。
言わないけど、きっと伝わったと思う。
だから後悔ないよ。うん。

あはは、平穏無事に波瀾万丈!
まさしく!亀さんの家の状態を一言であらわす言葉だね。
今からそっちいくよー♪
Commented by africaj at 2015-04-17 09:13
じゅんさん、
迷いなく一生懸命やりとげたからか、
とてもやさしい気持ちで受け止められます。

いやあ、じゅんさんの、
朝から始まる手の込んだ一日を見てると、
私もやってみよーって思ってくるの♪
手を込めるって、気持ちがこもってて、
周囲に伝わるのね♡
Commented by erikaboy1425 at 2015-04-17 10:41
africaさん、娘として出来ること、最後までやり遂げましたね!
お疲れ様でした。

直後は、親を見送ることが出来て、安堵感と爽やかな気持ちがしていた私でしたけれど、本当の寂しさは、時差でやって来ました。
ありがたい親の愛情も、いつまでも小出しで思い出されます。
親の愛には終わりがない。
死してなお、私は愛され続けていると感じます。

その感謝の念は、子供に与えて行くことで、親に対する恩返しが出来るのだと思います。

africaさんは素晴らしい親孝行をされました!
尊敬していますよ。

ちょっと前記事の、くーまくんの遅刻の件。
私も高校時代、遅刻をちょくちょくしていましたよ。
すると亡き父が『どうせ遅刻をするなら学校で1番になれ』と言い、母にたしなめられていました!笑
かなりユニークでエピソードがたくさんある父を思い出していました。
Commented by tanat6 at 2015-04-17 13:16
お帰りなさい お待ちしておりました。
色々とご苦労さまでした。
私も この歳になると何人かの大切な人を見送ってきました。
お気持ち お察し致します。

豚足 美味しいですよね。
この作り方はしたことがありません。
参考にさせてくださいね。
Commented by mirasierra at 2015-04-17 23:31
お帰り~。^^
桜の中でのお別れ、この半年寄り添い続けたこと
お父さんに伝わってるよ。
くうまくんはレース、africa さんは畑、再会するのに良い季節だね。

で、豚足! 料理したことないし、たぶん食べたこともないと思う。^^;
美味しそうだけど、ちょっと勇気いるかも?!(あ、でもコチニージョみたいなものか(笑))
Commented by shin7300 at 2015-04-18 10:32
お帰りなさい&お待ちしてました。
事後報告になりますが、お気に入りに追加させて頂いています。以後よろしくお願い致します。

大切な人が亡くなるのは寂しいですが、その時に色んな思いがわかったりもするんですよね。
私の祖父母は父、母方とももうこの世にはいません。
今年の正月明け父方の祖母を見送りました。
小さい頃から近くに住んでいたので思い出のあるパワフルな祖母でした。
思い出して何だか昨日の深夜うるっとしてしまいました。
すいません。

豚と大豆っていいですよね。
肉と畑の肉。タンパク質たっぷりですね〜
豚の角煮に大豆を入れて炊いた事をおもいだしました。

↑息子さんの話とっても面白いですね。
私の息子もあと10年くらい経ったらそんなことがあるのかなと想像してしまいました。
Commented by africaj at 2015-04-19 11:38
えりかさん、おはようございます。
素晴らしい親孝行したと言ってくれますか?
うれしい。父もきっとそう思ってくれたと信じよう。

まさしく安堵感とさわやかな気持ちがしてます。
時差で寂しさがやってくるのでしょうね。
お話出来なくなって2ヶ月ほど、寝ている父に
一人二役で話しかけてたので、なんだかその延長線で
写真に手を合わせながら父の腹話術してるので、実感ないんですが。
言いそうな文句、言いそうな口調がわかってしまうので。

えー、えりかさんが遅刻魔だったなんて、イメージない!
でも、素敵なお父さんだったんですね。
私そんなこと言う人、大好きです!
Commented by africaj at 2015-04-19 11:44
tanatさん、おはようございます。
ありがとうございます。
みんな順番に経験することですもんね。
でも、見送るから生を噛みしめるんだなと思いました。
何故か穏やかで爽やかなんです。

豚足、大好きなんですっ。
大豆が豚足を引き立てて、田舎風の優しいおばんざいになります。是非是非♪
Commented by africaj at 2015-04-19 11:52
mirasierraさん、ただいま。
父に伝わってるかな。そう言ってくれるとうれしいよ。
残されたものは、いい春にしたいな。

で、豚足食べたことないって!?
mano de principe ってアンダルシアでは言うのよっ。
(スペイン全土かどうかは知らないけど)
王子の手・・・美味しいからか嫌味なのか(爆)
スペイン料理なのに、たぶんトマトも入ってるのに、何故か中華を思い出す、日本人の喜びそうなものだったのに。
いやいや、日本ならどこでも食べられるんだから是非。
沖縄料理屋で「足てびち」食べて♪
韓国料理のコリコリで食べるのも、ネットリが苦手な人にはオススメよ。
Commented by africaj at 2015-04-19 12:28
shinさん、ただいまです。
こちらこそ、お気に入りに追加させてくださいませ!(ぺこり)

shinさんにとって素晴らしいお祖母様だったのですね。
私も今回まさしく、色々な思いがわかったりや気付きがありました。
死を感じることは、生を噛みしめることですね。

角煮に大豆も、きっと美味しいでしょうね!
大豆のツルッとした舌触り、肉のだしに合う味、豚肉に合いますね。成長期の子にもバッチリです♪

shinさんのお子さんも、10年経つと面白いこといっぱいですよー。そしてこっそりお酒も一緒に飲んでるかも!?(笑)


by africaj | 2015-04-16 11:28 | うちごはん | Comments(12)