遅刻108回とデッサンと海。

変なタイトルですが(汗)
後から探した時にわかりやすいタイトルにしたかったので、羅列で(笑)


息子の春休みは、もちろん通知表をもらうことから始まったわけですが。

タイトル通り、授業日数197回なのに、遅刻108回ですよ!
すっごーいっ!!って言ったら、
友だちが「中学二年で遅刻100回超えたのお前くらいやない?」って
目が点になってたって笑って報告してくれた。

同学年の男の子にもう一人、遅刻魔がいるのです。
あの子も100回超えたかなあって聞いたら、
「いや、あいつはたぶん70回位だと思う。
でも悔しいのは、あいつは一旦遅刻すると1時間くらい遅れるのにさ、
オレなんて5分遅刻くらいなのに、同じ1回にカウントされるってひどい」
って。

そこ、悔しがるポイントじゃないから!
いやいや、君の場合、5分早く家出れば済むだけのことなんだからさー、
中3はせめて100回超えないようにしようよ~(目標低いっ)



そして春休みに3日間の体験教室に行って、
初めてデッサンを習ってきました。
d0180447_23461350.jpg
一回目のデッサンはこれ。
「夢中に描いてたら、手が黒くなって紙が汚れちゃったら、
先生に空間も大切な表現だから、汚しちゃいけないって教わったー。」
って、嬉しそうに帰ってきました。

残りの2日で、もう少し難しいデッサンをしたとか。
りんご、木材、レンガ、ガラス瓶の質感の描き分け。
この日は「ガラスの硬質感は、Hの鉛筆で描くといいんだってー。」
と楽しそうに帰ってきました。

しかも、デッサン教室は3日とも30分も前に到着するように行っちゃう人(笑)
学校となると、それができないのはなぜぇ(涙)

私は東京だったので、楽しくて続けたいって思うなら
自分で先生に話しつけておいでーと言ったら、週一で習うことに決めたらしい。



もう一つ。
春休みに彼がやったチャレンジは、
4年前に辞めた、海のスポーツのレースに出ること。

私達を巻き込んで、がっつりやっていた子供スポーツだったのだけど、
勝つことのみを目指すクラブ方針や、
親が絡む子供スポーツは、エグい世界だったので、
楽しんでなんぼって我が家はだんだん苦しくなってきて、撤退。
ただ、息子がと言うより、親が音を上げたので・・・。
もしも息子が「それでもオレはやりたい!!」って言い張るなら
エグい世界も目をつぶって頑張ってもいいとは思った(無理だったと思うけど)。
で、結局息子も主張することなかったのですが。

昔の仲間のお父さんが、
もしもまだ興味があるなら、クラブとは関係ない
新しい艇種のレースだから、遊びにこない?と誘ってくれて。
昔と違って、もう中2なんだから、
やりたかったら自分で連絡取ってやんなさいねーって言ったら、出ることにした。

d0180447_0195719.jpg
こんな艇。
これに帆を張って海に出るのですが。

レースの前の週に何度か練習する機会はあったけど、
海に出るのも4年ぶりだし、この形の艇は初めてだし、
ドベになって凹んで帰ってくるかもなーって思いつつ。
それもまたこの年齢ならいい経験かなとも思いつつ。
自分で決めて自分でやるんだから、やるだけのことやってこーい!って送り出しました。
あ、パパは最初から割り切ってて、
どんな順位でも海に出て久しぶりのレースが楽しければオッケーって、
息子にそっと付き添ってあげてました。

でね。
3日間闘い抜いて結果は6位入賞で
冬にオーストラリアである世界大会出場権利を獲得してきたのでした。
おっっっどろいた!
みんなはさ、毎週末ずっと練習してレースにきてるってのによ。

これも私、東京で報告受けたわけですが。
じいじに報告が間に合ったの、良かった。
危篤でも、耳だけは最後まで聞こえてるらしいから。


いつも思うのは、
いいところもダメなところも極端な息子と、どう接したらいいんだろうと
小さい時は小さい時で悩んだけれど、
大きくなったら大きくなったなりの悩みがあって。
子育てって・・・まだまだ解放されないもんなんですねえ。。。
嬉しい事も多いけど、悩ましいし難しいことも多いなー。


p.s.
また東京に行くので、
来週帰ってきたらようやく本当に、一段落☆
そうしたらコメント欄も開けて、blogも再開
皆さんのところにも遊びに行けるかなって思ってます。
そうしたらまた、よろしくです(ぺこり)
[PR]
by africaj | 2015-04-06 23:46 | 息子のはなし