中2の歴史のお勉強。

息子、中2。
中学では、1年が地理で2年で歴史を習います。

「教科書で幕末って1ページでまとめられてるんだよ」って言うのでびっくり。
先生も、「この時代が一番面白いのに、
時間もないので、もっと詳しくやりたい人は
高校になって「歴史」を選択してくださいって」と。
今って、高校で歴史を選ばなかったら、勉強することなく終わっちゃうのー?

中学の歴史の試験は、
人名と事柄を暗記して漢字で書かせるってもの。
息子は箇条書きのこれらを暗記する作業が大の苦手。
振り返ると、私も大の苦手だったな・・・。
中学の教科書って、歴史のドラマ性を全部なくして骨だけだものね。
歴史嫌いになっちゃいそうです。

もうね、どうせ社会の成績が悪いんだから、
3学期も別にいい点取らなくていいから~。
せっかくだから、面白い幕末から明治維新にかけてのドラマ見よ~って、
先週から毎夜NHKオンデマンド三昧(笑)
これも、blogする時間が激減の一因になってます(汗)


先週見終わったのは「白洲次郎」。
今週は「坂の上の雲」。
息子、大大大熱中(笑)
私も久しぶりに一緒に見てますが、面白いー♪

主人公の東京大学予備門で、夏目漱石、正岡子規、南方熊楠、
私の知らない偉い人も数人、みんな同級生だったってトコロ、
すごすぎて、やっぱり興奮しますねっ!


南方熊楠は、粘菌を見に和歌山の熊楠記念館に行ったので、
息子はとても良く知ってる人。
熊楠と、坂の上の雲のメンツの接点に興奮してました。

熊楠といえば、英国留学時代に、孫文と強い友情で結ばれるんだよー
って話から、「孫文って誰?」って話になり、
「漫画の『マスターキートン』で、月餅の餡に干し柿を隠し味に作るって話で
出てきた人」って言ったら、またまた大興奮。
いつか、辛亥革命を習う時に、きっとまた俺この人知ってるーって興奮するのだ(笑)

自分の知っていること、身近なものと、教科書の事柄が結びついたときって、
たまらなく楽しい。
絵空事じゃなく、それがあって今に繋がってるって、感じる瞬間と、
今自分が生きてる瞬間も未来には歴史になるんだって感じる瞬間、
中学時代はそんなんでいいと思うんだなー。

大学で歴史学科だった母は熱く思っちゃうのでした。



そばでカイちゃんはこんな感じ。
d0180447_15462793.jpg
3歩歩くと忘れちゃうから歴史は無理だにゃー♪

d0180447_15591684.jpg
にゃんこはなんにも考えてないから可愛いんだろうなあ。
人間の子供は成長しなきゃいけなくって、大変だなー。
[PR]
by africaj | 2015-02-10 16:06 | 息子のはなし