年末年始ごはんの用意。

予約していた鮭の頭、買ってきましたよー。
鮭にも色々大きさがありますが、生キングサーモンの頭が5つ入って500円でした。
お、重い~(汗)

さてさて、氷頭なますを作るにはまず、
鼻っ柱の軟骨部分だけカットしなければいけませんっ。
これが力仕事なので、大変っ。
なのですが、氷頭なますが大好きなパパは全然嫌じゃないらしく。
d0180447_2263661.jpg
マイ斧とマイナイフの二本立て(笑)
バシバシ捌いてくれました(感謝)

それから私にバトンタッチ♪
鼻の軟骨は小さくスライスして塩をして一日〆てから、甘酢に漬け込みます。
残りの身は塩をして数日置くと、脂の乗ったとっても美味しい塩鮭になります。
捨てるアラは、お正月を越さないと生ゴミが出せないので、
茹でて捨てることにしたところ、すごく良い出汁が出たので、
これは鮭雑炊にして朝ごはんにしようかな♡

こんな息のあった連携作業をしてると、
クリスマス用に生きた雄鶏をもらった時のことを思い出します。
困って10日ほどガレージで飼ってたんですが、いずれヤらねばならないので、
24日に決行を決めたのです。
2人とも嫌だったので、公平に2人で作業を分担することにして(苦笑)
せめて、絞める係か羽をむしる係好きな方を私に選ばせてくれてねえ。
息子にその作業を見せたくなかったので、
1人が作業中、もう一人が息子と遊ぶことにして、
苦労して、クリスマスのチキンを調理したんでした(笑)

息子が生まれる前は、料理はいつも2人でやってましたが、
息子が生まれたら、連携作業が多くなりました。
日本に来たら、パパが仕事、私が家事、分担作業が多い日々。
久しぶりの連携作業、こういうのはやっぱり楽しいな♪


氷頭なますと言えば・・・
スペインに住んでいた時、
お正月らしいものを作ろうにも、食材が揃わない中、
鮭は売っているので氷頭なますを作って、お正月気分を出してたもんです。
ある年、市場に行ったら、
スペイン人は鮭の頭なんて食べないから捨てちゃうのに、
身と同じ値段で売りつけようとされて、買うの辞めた思い出があるんです。
アンダルシアだと、鮭1kg12ユーロくらい。
頭ひとつにすごい値段をふっかけられて、悲しかったなあ。
魚好きな日本人なら、ふっかけても買うだろうって思われてること、多くって。。。

今日は1個100円。
ものの正当な価値に対する値がちゃんと付くのがうれしいな。
日本は色んな物がちょっと高いけれど、
ふっかけられる機会が少なくて、住みやすいなと思います。

d0180447_2259015.jpg
昨日一日塩抜きしてた数の子、今日は漬け込みです。
皮を剥いて、お出汁を作って。
数の子はパパのお仕事です。
d0180447_020965.jpg

この時の、塩水に漬けてた「黒オリーブの渋抜き」。
今日でついに、6週間目。
こちらも見事に渋が抜けてましたよー!!(喜)

かなりしょっぱいので、塩抜き中。
水だけよりも旨味が濃くなってますっ!
年末31日は、バゲット買ってスペインな食卓で過ごす我が家。
タパスに、ナスのペースト、焼きパプリカ、そして今年は
スペインの市場で売ってるような黒オリーブのペーストを作るの予定♡


さてさて。
今日で買い物は全部済ませましたっ。
今年もあと2日ですね。
がんばりましょうね♪
[PR]
by africaj | 2014-12-29 23:13 | うちごはん