牡蠣の土手鍋 

おせちに、氷頭なますを作ろうと思って、
魚屋さんに鮭の頭を4つ予約してきました。
多いかなあ・・・4つ。
紅白なますもいっぱい作らなきゃね。
年末年始、氷頭なます食べ放題♪


今日は、ちょっとひどい日。
買い物も洗濯物も掃除もはかどって、出だしは悪くなかったけど。。。

おやつに焼いた、カベージョ・デ・アンヘル、
「天使の髪」という名のそうめんカボチャのパイ。
中身をたくさん入れすぎたら、甘すぎた・・・(凹)

しかも、いつものチャイから冒険して買ったキャラメル・チャイなるもの、
こってり甘い香りが、パイの甘さとぶつかってコンビネーション悪っ(涙)

晩ご飯用にと昨晩からゆっくり煮てた「イカ大根」もね、
畑に行った時に、隣の畑のおじさんにいただいたものだったけど、
トウが立って繊維が固くて食べられたもんじゃなかったー(滝涙)
味付け最高に美味しく出来て、
味の染みたお大根を楽しみにしてた分、がっくり。。。
メインがおしゃか。
最後、みんなでお茶漬けで食べましたよー。
お茶漬け、美味しい塩吹昆布買っといたおかげで、幸せになれたけど。

みんな、正直だから、
盛り下がり方すごいのー(美味しい時の盛り上がり方はこっちも嬉しくなるけど 笑)

あ~あ、こんな日もあるさ。


こちら先日の、すっごく美味しくて盛り上がった牡蠣の土手鍋。
d0180447_2304725.jpg
火を通すけれど、生で食べられる生ガキを使う。
煮過ぎて小さくなる前の、ふっくら煮えばなを楽しみたいから。
最初はお出汁多め味噌少なめのさっぱり味で、
だんだんお味噌を溶いていってこってりへ、飽きないのです。

お味噌は、
白味噌5に赤味噌3,それに八丁味噌2の割合。
合わせ具合で味わいがかなり変わるけれど、
牡蠣って八丁味噌が合うと思うのです。

生で食べられる生ガキ   300g
だし汁
味噌   200g(白と赤と八丁味噌を合わせて)
酒    大さじ3杯
砂糖  大さじ3杯

1)牡蠣ハザルに入れて、塩入りの水で振り洗い。味噌に酒砂糖を合わせます。
2)合わせ味噌を鍋のヘリに付けて、ひっくり返してガスで焦がします。
3)鍋に出汁を加えて火にかけて、煮立ったら牡蠣を入れる。
4)ふっくら火が通ったら、煮えばなを逃さず、柚子とともにどうぞ。
5)お野菜を入れて、牡蠣もしっかり煮て味噌を絡めて食べると
 また違った美味しさ。

d0180447_237011.jpg
冬に向けて甘味を増してきた太ネギ。
笹がきのごぼう。
水菜と焼き豆腐。
薬味に千切りのゆず皮。
お出汁とお味噌と牡蠣の出汁が出たところで、
お野菜やお豆腐も一緒にくつくつ。
お豆腐がまた、たまらなく美味しい♡


食べ終わったお汁は少し薄めて、うどんを煮ると、
これはもう、名古屋の「味噌煮込みうどん」っ♪
この鍋、日本酒を美味しくしてくれる鍋。
こってり味噌が牡蠣に絡んで、ほんとに美味しい~(ため息)
[PR]
by africaj | 2014-12-27 22:32 | うちごはん