2014年のクリスマス

「今日、道場行くよー。」

24日にそういうこと言う息子。
ええっ!じゃあ、晩ご飯どうするの?

「帰ってきてから食べるよー」

えええ!
そりゃあ、クリスマスのお祝いと剣道と、好きに選べばいいけど。
じゃあ、9時まで待てないからパパと2人でお祝いするけどいい?
あんたの分、
特別に作りなおさないけど、残しといたげるから。
冷たいの1人で食べることになるけど・・・しょうがないよね(←精一杯トゲ付けてみる 苦笑)

「じゃあ、今日は道場行かない・・・」

そ?
じゃ、一緒にご馳走食べよっ♡


そのうち、こっちを選んでくれなくなるんだろうなと思いつつ、
今年は3人で楽しく過ごせてよかったです。

d0180447_13134918.jpg
自家製のオリーブの塩漬け、やっぱりワインに一番合いますね♡
特に黒オリーブが美味しい。
来年は渋抜きに苛性ソーダ使わないで新物もつけるぞー!

d0180447_13183289.jpg
久しぶりにいい鴨肉が手に入ったので、
今夜のメインは、スペイン料理pato naranja(パト・ナランハ)
鴨のオレンジソースです。
パパの得意料理なので、パパが作ってくれました。


スペイン時代から何度もレシピを公開してますが、

                【Pato naranja(鴨のオレンジソース)】
材料(二人分)
鴨            350g
塩            適量
ニンニク        二かけ
赤ワイン        少々
オレンジジュース   350cc 
塩            小さじ1/3弱
砂糖          小さじ1
水溶き片栗粉    (片栗粉小さじ1) 
            
1)鴨肉両面を格子状に浅く切れ目を入れておく。
2)熱したフライパンにオリーブオイル少々、潰したニンニクを入れて香りを付けて取り出す。
3)鴨肉を皮から4分蓋して焼いて、しっかりカリッとさせたら、ひっくり返して2分焼く。
 焼き上がる頃に赤ワイン少々を振り入れて香りを付けます。
4)鴨をいったん取りだし、焼き汁の入ったフライパンに、オレンジジュース、塩と砂糖を入れて煮詰めます。
5)最後に水溶き片栗粉を入れてとろみを出す。
6)鴨をスライスして、オレンジソースをかけます。


オレンジは酸味もあるものが美味しくて、もちろんみかんジュースでは甘すぎます。
今回はトロピカーナの「Pure Premium」を使ったのですが、美味しかったです♪
ちなみに、今回3人で鴨肉500g。

パパは新しい試みっ♪
とのことで、オレンジジュースと塩と砂糖を、元の量の半分になるまで煮詰め、
そこに、フレッシュなオレンジジュースを継ぎ足してソースを作ったんだとか。
香りづけは赤ワインじゃなく、ウイスキーをフランベ。
d0180447_1342277.jpg
鴨はもちろん、ソースが本当に美味しかった♡
3人とも、パンでソースを拭ってお皿舐めたように綺麗にしちゃったもの(笑)
赤ワインにとってもよくあう~。鴨大好き~(幸)
d0180447_13423849.jpg
一足先にご飯食べちゃったかいちゃんは、こんな格好。
食べてすぐ横になると牛になるぞー(叫)

さーて、ちょっとお休みしてから甘いものタイム♪
d0180447_1346856.jpg
お昼に焼いて、十分に乾かして冷ましておいたこちらに・・・
d0180447_13484611.jpg
8分立ての生クリームとフルーツをいっぱいのっけて~
「パブロバ」作ってみました♪

d0180447_1350891.jpg
表面はサックサク、中はふわふわマシュマロみたいなケーキって噂違わず。
我ながら、すごく上手に出来てエッヘン!?

ってね、本当は午前中に焼いた生地、大失敗して
急いで午後イチで焼き直したんです(えへへ)
失敗作を味見した時に、レシピより砂糖を減らして、塩は利かせたら
キャラメルみたいになるなーって、そうしてみたの。
「塩パブロバ」って感じでしょうか♪
不思議食感の軽くて美味しいケーキでした♡


今年も穏やかなクリスマスを過ごしてます(神様に感謝)
[PR]
by africaj | 2014-12-25 13:59 | うちごはん