いけばなの展覧会にむけて

日曜日は、中間テスト間近に控えた息子と、教室の先生が出品している
いけばなの展覧会へ行ってきました。

11月に、展覧会に初めて参加する彼。
お花を選ぶのも構成するのも、悩みまくってるので、
参考になるかと、見に行ってきました。

何度も展覧会に息子と行ってますが、
自分が出品するとなると、花の名前を写真に撮ったり、
花一つ一つの形や色をじっくり見たり、
いつもと違う視点で見てて、いいな~って思いました。

「花の名前も知らないし、まだ下手だし、出品しません」
って言ってた息子に、ステップアップするいい機会だからと勧めてくださった先生。
ほんとですねえ。


デパートの催事場での展覧会。
帰り際、夕食用にフランスパンを買いに地下の食料品売り場に行ったら
お腹が空いたから、あれ買ってーっ!ておねだり。
「PAUL」 の 塩パン。
大人気って書いてあるのに、100円で安いよって(笑)

いっつも、どんな時も一番高いもの選んでた彼。
「ケチケチしないから好きなもん食べていいから」って言うパパに対して、
「値段見て言え!」って厳しい私。
ようやく値段を確認してからモノを言うようになってきました(笑)

220円渡したら、
ちょうど焼きたてが運ばれてきたのを、2つ買ってきてくれて。
はふはふ食べながら、うわー、おいし~おいし~って
2人で地下鉄まで歩きました。

焼きたての塩パン、ほんっとに美味しかった!

今度は喉が渇いて、売店でお茶買って2人で半分こして。
小さい時からやってること、何も変わらない。

思春期って、子供によっては親と歩くのさえ嫌がるのに、
そういうのはまったく思わないみたいなのが、うれしいです。
このままずっと、一緒に買い食いしてくれるのでしょうか。
いつか終わっちゃうんでしょうかねえ。


普段、あまり主張しなくなった息子を見て、
日本ルールにスポイルされちゃったのかなあと、それが最近の心配。
スペインから帰国したばかりは、なにをするにも意見をはっきり言いすぎて、
周囲がビビるか、仲間はずれにあうかで、それはそれで心配でしたが。
中学に入って特に大人しく静かになった気がしてました。
それでも、かなり変わってる存在と言われるみたいですが。

作品を考えるために、一緒に花屋さんに行った時の、
花材の決め方の迷いなさ、「俺の世界だから口出し無用」オーラは、
久しぶりに見た頼もしい姿で、安心したあ。
生け花は彼にとって自分を出せる世界なのでしょうね。良かった。


出来上がった作品は、格好良くてクール。
しかし、なにかどこか寂しいというか、足りない感じ。
なんだろうなんだろうってずっと考えてて。

d0180447_1146670.jpg
昨夜は、テスト勉強の合間に、葉っぱ探してくる~ってハサミ持って出て行ったと思ったら、
山でシダとかナナカマドの実を摘んできて、
作品にあしらっておりました。



d0180447_11455796.jpg
写真だと空間を伝えるのが難しいな。
実物はもっと奥行きあって凛としていて、格好いいです。
自分でいけて、いいね~って見惚れてました(幸せなやつ 笑)

後何回か、お花屋さんに通って
作品を練り上げていくんでしょうが。
とても楽しそう。
がんばれー!(中間テストも・・・ ぼそっ)
[PR]
by africaj | 2014-10-21 11:59 | 息子のはなし