お彼岸 と ハバネロ恐るべし

d0180447_11235131.jpg
お彼岸をイメージして三種のお花を選んで、息子に活けてもらいました。
すごく素敵に活けてくれて、ちょっと感激してます。

白い花は秋明菊。
なんてかわいい名前。
菊と言うけど、アネモネ科なんですね。
d0180447_11312331.jpg
おはぎは、くるみと胡麻の衣で作りました。
でも、おはぎは和菓子屋さんで買うほうが美味しいな(ぽりぽり)



先日、パパがおみやげに持ってきてくれたハバネロ。
取り扱いに注意とのことで、躊躇してましたが。
今夜のごはん、ナスとひき肉のカレーに刻み込んで使ってみました。
ちょっとずつ入れて味見して、結局1つ全部を。
面白いことに、舌先じゃなく上顎?で感じる辛さ。
普通の唐辛子も入れたら、奥行きのある辛さになって美味しかった~。

しかし問題は、その後。
扱った指がじんじん(涙)

ちょうど、今読んでる時代物で、今日は鱧を料理する話だったんです。
鱧の血には毒があって、傷のある手でさばくと腕が腫れて酷いな目にあうし、
目に入ると充血して、下手すると失明するって書いてあったばかり(汗)
傷口がなければ大丈夫だし、ちゃんと処理して熱を通せば毒は逆に風味となる
のだとか。

思わず、痛い人差し指と親指をじっくり見ちゃいました。
やや!あったあった、細かい傷~!

お風呂に入ると、さらにじんじん(涙)
えらい目にあっちゃった。
ハバネロを扱うときは、使い捨て手袋を使うことにしよう・・・(決意)
[PR]
by africaj | 2014-09-24 12:09 | 息子のはなし