お客様と秋の夜長

11月の最初の週末、遊びに来てくれるというお客様に、まっさきに尋ねたことは、
「夜更かししてもらう(強制的)けど、翌朝はゆっくりできそう?」でした。
だって、秋の夜長って言いますからね~(爆)

来てくれたのは、夏に山のお家へ遊びに行ったblog「山と海とつながっていくこころ」のonjiさんとkotoriさんっ(喜)

やぎのチョコちゃんは週末飼い主希望さんとお留守番ですが、
レトリバーのオッティマに、にゃんこのぴう君、すうちゃんも連れて訪れてくれました。
とはいえ我が家はマンションなので、3匹は車中泊なのだけれど。

いっぱいおみやげ持っていくね~って、
畑で採れた大根葉や小松菜、カボチャと、籠いっぱいの黄金すだちを抱えて参上してくれて、
それがとにかく嬉しくて嬉しくてっ(感涙)
その上、blogで焼いていた自然酵母のレーズンくるみパンや、青いトマトのジャム、チャツネ、
へなちょこファームで育った美味しいアイコで作ったトマトソース、鳴門の茎わかめ。
blogで日々頑張ってる手仕事、スローライフの風をいっぱいっ。

我が家は、どんな夕食にしようかなってあれこれ考えたのですが、
かなりの割合でイタリアンな彼らなので、スペイン料理もいいけれど、アジアンでいこうと、
お刺身&お野菜をしゃぶしゃぶして、辛いタレで食べる「タイスキ」に~。
d0180447_16491183.jpg

コチュジャンとニョクマムベースの甘辛味噌味タイ風味。

d0180447_16494055.jpg

タレに唐辛子を入れすぎて泣いてるonjiさん(笑)

d0180447_16501968.jpg

エビがやっぱり一番人気。
巻いた糸コンニャクが、意表をついた美味しさなのだ。
あとはお刺身の白身魚とかイカとか~。

d0180447_16503797.jpg

青ネギ、空芯菜、きのこに豆腐などなど。
本当は香草が欲しかったのだけど、どこを探しても売ってなくて残念・・・。


食後は今度は、モヒート大会です。
スダチの季節に、讃岐の和三盆を作る「白下糖」と、スダチを使って、和製モヒートを作ろう!
って、前回onji&kotori家に遊びに行った時の約束だったんです。

d0180447_17184165.jpg

2人が愛情込めて、木を傷つけないように収穫した熟して甘みを含んだ黄金スダチに、
和三盆になる黒糖、へなちょこファームで摘んできたミント。
そして、モヒートの故郷キューバ・ハバナで作られたラム酒。
うちの冷蔵庫で作られた氷(笑)
ミントをいっぱい入れて、絞ったスダチ果汁にガシガシ潰しこんで、
黒糖とラム酒、氷水を入れてできあがり~。

うっま~~っ!!!!!(じーん)

写真ないのか!?
kotoriさんが持ってるかな?
作ったり喋ったり飲んだり美味しかったしで、興奮しててカメラどころじゃなかったのよ(ポリポリ)

スダチって、緑色のものしか買えないし。
熟した「黄金スダチ」が、飲めるほどに甘みを含んだ凝縮された柑橘味だって、びっくり。
レモンよりもライムのほうが、旨みがあって私は好きなのですが、
ライムに通じてて、まさしくモヒートにぴったり(驚)



さて。夜も更けてきたことだし、こちとら準備万全です。
そう。秋の夜長と言えば、カードゲーム~。

我が家3人では足りない、5人必要なゲームなので、お二人が遊びに来てくれると聞いた
時から、勝手に手ぐすね引いて待っていた次第(爆)
ブリッジとナポレオンを足して割ったような「ノートラ」というゲームです。
あ、有名じゃないです。パパの家で親戚が集まると遊ばれてきたゲームなので(笑)

やってみると簡単なのだけど、説明されるとちょっとややこしい。
onjiさんは自信無さそうに不安顔なのに対して、意外にもkotoriさんが一発で理解。
「花札やてったから(キリッ)」って、意外な一面(驚)

はじまると初っぱなにonjiさんが難しい偉業を達成して高得点をゲットしたんですが、
これで、onjiさんの目がいきなり輝いたのがまた可笑しくて(笑)
風呂にも入らなきゃいけないし、カードゲーム続けたいし、終わらないし~って、
気がつけば12時過ぎ(熱気)

そこから私は、そうめん南瓜のパイを焼き始めたんですよ~。
どんだけ夜更かしするつもりやねんっ(笑)

ゲームを終えて、息子を寝かせ(←夜中1時過ぎ 汗)、その後またお喋りに戻り・・・。
寝たのは3時くらいであった。
翌朝は、8時まで爆睡してた我が家に対して、早朝に起きてオッティマのお散歩に行っておられた2人。
そして朝も、わいわいおしゃべりしてたらお昼まであっという間でした。

楽しいと時間って飛ぶようにすぎるから不思議(爆)

d0180447_17195178.jpg

翌日は、さっそく黄金スダチ絞りをしましたよ。
皮は干して入浴用に。種はお酒に漬けて化粧水に。
そして果汁は、和三盆の元になる黒糖「白下糖」とあわせて、スダチエイドを作りました。
d0180447_17215578.jpg

この、「白下糖」って、普通の黒砂糖に見えるでしょ?食べてビックリのシャリシャリした空気を含んだ歯ざわりで、上品な甘みにびっくり。
「和三盆」が讃岐で作られるってのも初めて知りましたが、白くする手前の糖だから「白下糖」。
日本にはすごい黒砂糖があるもんだと、うなりますよ、これ(感動)

d0180447_1736347.jpg

レモネイドならぬ、スダチエイド。氷水で割って、ミントを入れて。
ここにラムを入れたらモヒートだけど、ラム酒を入れなくてもまったく美味しいっ。

いただいた、大根葉をごま油で炒めて、鰹節とおじゃこを加えたふりかけを作ったら、
普段作るものよりも大根葉の味が優しくて旨みが濃くてビックリ。
onjiさんとkotoriさんの暮らしそのものだなあと、嬉しくいただきました。


また遊びに来てね(トランプやりに 爆)




[PR]
Commented by tomomato at 2012-11-09 08:05
いや〜〜〜 楽しそう!!  向こうのブログでも楽しいのが伝わって来ましたあ。 でも、睡眠時間3時間、 私ダメだわ〜〜〜〜 病気になるわ〜〜〜〜   12時まで、せめて1時には寝ないと〜〜〜〜    (爆) 美味しそうなものが一杯で、うらやまし〜〜〜〜〜。 (^0^) 怖いような、楽しみなような・・・・・
Commented by みゆさか at 2012-11-09 18:47 x
タイスキのタレのレシピ、熱烈掲載求む!!(ぺこり)。この季節、我が家でもトライしてみたいゆえ〜。

スダチってたしかにオレンジ色になるととっても甘いんですよね〜。昔、実家で箱一杯いただいていたスダチが最後のほうになると色とともに味も変わっていたのを思い出しました。当時、船会社勤務だった父とおつきあいのあった讃岐の人が毎年送ってくれたものでね。あのころは四国には造船所がたくさんあったのです。新しい船の進水式もちょくちょくあって家族でお祝いに行ったこともよくありました。いまはどうなのかなあ。って、こちらを読んで、四国の味をふと懐かしく思い出しました。
Commented by ritokotoG at 2012-11-09 20:09
楽しい&美味しい時間をありがとう〜
こうしてafricaさんの文章を何度も読み返してると
とても楽しく、嬉しくなるから、またすぐに行きたくなっちゃうわ〜
強制的な、トランプしにね笑
次は、カイちゃん、ずっと出て来てくれるといいなぁ

追伸:さすが映像のパパさん。いいとこ、写真に押さえてるーっ^m^
Commented by africaj at 2012-11-12 12:08
tomさん、楽しかったよ~。
私らは睡眠時間5時間半だったんだけどね(汗)
こんな風に泊りがけで遊ぶのって、スペインではいつもやってたのに、日本ではなかなかできないから、うっれしくてねえ。
tomさんは、安心して。夜中まで拘束しないから(笑)
Commented by africaj at 2012-11-12 12:19
みゆさかさん、タイスキのタレレシピですが、相方に聞いたら、「毎回家にあるもので、記憶の味を作ってるだけだから、レシピにおこせなーい」って返答。すみません。フィーリングで生きてる方なので・・・(平謝)
でも、ベースはコチュジャンとニョクマムと刻んだ唐辛子と砂糖としょうゆ、にんにく、しょうが、お酒、ごま油・・・かな?

黄金スダチを知っているんですねっ。そうなのそうなの、甘くなるんですっ。小さい分凝縮された果汁の美味しさが鮮明でねえ。東京在住のみゆさかさんが、四国とそんなにご縁があったとは。みゆさかさんのイメージにも四国が加わりましたよ。ほーんと、いろんな事知ってますね~。
Commented by africaj at 2012-11-12 12:22
kotoriさん、ほんと楽しかったわっ。
いつでも(トランプしに)遊びに来てねっ(笑)
おいしいごはんも添えるから。
かいちゃん、大人になったらシャイになったのかなあ?次は嗅いだことある臭いだにゃんって、もっと出てくるかもね。

うふふ、泣いてるonjiさん、激写よね(爆)
by africaj | 2012-11-08 10:47 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(6)