シチリアご飯。

学校のキャンプで息子がいない日、昔は「辛いものデー」と称して、
唐辛子をガンガン効かせた料理を楽しんだものですが、最近辛いものが大好きになったので、
もう辛いものも日常的になった我が家。
ヤツのいない日はもっぱら、「みょうが」「香草」「紫蘇」「バジル」的薬味を楽しむ昨今です。

今回の貴重な息子不在デーは、「シチリアン・ナイト」にしてみました(笑)
シチリアのトラーパニ風ジェノベーゼ?「ペスト・トラパネーゼ」を食べる日。

シチリア時間blog」のREIちゃんと会ったのは、私達がヨットの旅でアフリカ大陸を目指すのに、
シチリア最後の寄港地トラーパニに立ち寄った時でした。

街にネットカフェを探しに出かけてた時、自転車で走ってくるアジア人女性がいて。
「あの人は日本人じゃないかな、日本人っぽいな~」とつらつら考えてたら、
むこうも、「あ、あれ?」って顔をして。
もしかして・・・「REIちゃん?」「africaさん?」と叫んだのが出会いでした。
世界は狭いっ(笑)そして、blogは世界をつなぐっ。

そんなREIちゃんが昨今出版した、シチリア料理本「シチリアのおうちレシピ」の中から
レシピで一番気になった「ブロッコリーのポルペッテ」を作ってみました。
d0180447_2153418.jpg
REIちゃんもわかってるなあと思ったのが、向こうの味を日本の食材でどう料理するか、
ちゃんと書いてあることでした。
このブロッコリーのポルペッテは、ブロッコリーとパルミジャーノが主な材料。
でも、蕾のツブツブが絶対美味しいだろうなって思ったら、どうしても作りたくなって。
d0180447_2154180.jpg
思った通りの味でしたが、予想以上に美味しかったっ!
相方と2人で、あっという間に食べちゃったもの(笑)
これは息子も絶対好き。気に入ったのできっと何度も食卓に登場しそうです。
d0180447_2162435.jpg
そして、今回メインの「ペスト・トラパネーゼ」もREIちゃんの本から。
トラーパニに行った時に気に入った、私達にも忘れられない味です。

トラーパニで息子は親指を、錨を上げ下げするウインチに巻き込まれて潰し、
救急病院行きになったんです。奇跡的に骨が無傷だったので、1か月後には回復しましたが。
なぜ小さな子供を連れて、わざわざ危険な船旅をしているのかがわからなくなって、
船をここで降りようか迷い迷って、結局船旅を続けることにした事件がありました。
アフリカから吹き上げてくる南風シロッコが暑かったなあとか。
色んな思いが鮮明に蘇ってきました。
ん~食べ物の力ってすごいっ(しみじみ)


相方が、夜にパスタ一皿だと目に見えてがっかりする人なので(爆)
ブロッコリーのポルペッテの他に料理本以外ですが、バゲットに合わせてもう2品。

d0180447_216199.jpg
ちょっとボリュームあるものとして、砂肝のにんにく&塩コショウ焼き。

d0180447_2161798.jpg
組み合わせ的に、夏野菜&ベーコンで煮込んだミネストローネも添えたので、お腹いっぱい(幸)

早く息子が香味野菜も食べられるようにならないかな~。
とりあえず、息子不在を大いに楽しんだ夜でした(笑)



[PR]
Commented by sicilia_trapani2 at 2012-10-03 05:44
africaさん、わーい!早速作ってくれてありがとう!ポルペッテもペーストトラパネーゼもバッチリだね♪
あの時、トラーパニの街で会ったの、すっごい偶然だったけれど、あれも必然?という感じもして。ブログでお互いコメントし合っていただけなのに、街であって分かっちゃうっていうのもすごかった(笑)それがご縁で今もこうして仲良くしてもらっているんだから、ブログってすごい、インターネットってすごい!
あれからafricaさんは随分環境が変わったけれど、相変わらずafricaスタイルなのがブログを読んでいても伝わってくるのがなんだか嬉しく♪
Commented by tomomato at 2012-10-03 06:54
ブロッコリーのポルペッタ美味しそう。ズッキーニや茄子ではよく作るのですが、ブロッコリーはしたことなかった! レシピ本、注文してもう実家には届いているのですが、11月帰国までお預けです。 楽しみだあ!!!  
Commented by africaj at 2012-10-03 17:40
REIちゃん、ポルペッテすごく気に入った!簡単だしいいよね。
ペストトラパネーゼは、レシピ分量よりバジルを倍ほど増やしたよ~。トラーパニでもあんなに上品な量?日本人用の量なのかなって思っちゃった。バジルに飢えてたから買ったパック全部入れちゃった(笑)
ほんとに、偶然のめぐり合わせだったよね。
でもきっと必然だったんだろうね。トラーパニと道頓堀と灘で一緒に遊ぶって、結構すごい縁よね。これからもよろしく!お互い、筆無精で連絡もマメじゃないけど、悪気はないのよってところが似てるんだろうね(爆)
Commented by africaj at 2012-10-03 17:46
tomさん、ズッキーニや茄子のポルペッテもあるのね!!茄子でやってみようっ(わくわく)
ブロッコリーは、あの蕾のツブツブがたまらなく良いです。ぜひぜひ!
tomさん11月に帰国なの?時間があったら会えたりする?忙しいのかな?愛媛だっけ。
Commented by nonnakaori at 2012-10-03 21:15 x
お久しぶりです。
私もREIちゃんの美しい本を眺めながら、このブロッコリーの揚げものは、ぜひ作って見ようと思っていました。
来週から娘の家にいくので、REIちゃんの本をプレゼントに用意したばかりです。それにしても、くうま君の旅は、毎日はらはらして読みました。とても懐かしいです。くうちゃんが怪我したシーンは、すごく印象に残っています。実は、私も、去年帰国間際に山の家で頭を怪我をして、7針縫いました。あまりの出血にびっくりしたのですが、その時くうちゃんのトラパニー事件を思い出しました。麻酔なしで簡単に縫合され、救急で無料でした。抜糸は帰国してからでしたが、麻酔なしだったせいか、直ぐに治りました。
Commented by africaj at 2012-10-04 11:51
nonnakaori さま。
お久しぶりですっ。来週からイタリアなんですね!いい季節、今回は美味しいピッツァが毎日食べられそうですねっ(羨)
頭に怪我を!麻酔なしで7針は痛かったのではないですか?くうまも、子供は麻酔できないからって、目の前でチクチク縫われて、痛みよりインパクトに泣き叫んでました。麻酔をしない方が、治りが早いのでしょうか。とりあえず、痛み止めをしても2日は痛がってて、見てるほうが辛かったんですが、今は指の変形もなく普通の親指してるので、人間の回復力に感謝です。よい旅を!みんな楽しみに待ってますね。
Commented by tomomato at 2012-10-04 17:51
茄子は小さく刻んで、 塩をふってよーく水だししてからしぼって、水分とことん切ってから使うといいよ〜 
Commented by africaj at 2012-10-06 13:31
tomさん、なるほどー。
つまり、生のナスで団子作ったものをあげるのね。
作ってみるっ!!(わくわく)
by africaj | 2012-10-02 21:50 | 西洋ごはん | Comments(8)