今週、狂ったように忙しい1週間の始まりです。
毎年この時期やってる炎天下の親子料理教室の講師仕事2つ、合間に岡山に
畑習いに行きつつ、カリグラフィー…
その上に、自分で春に予約して忘れてた健康検診まで見事に隙間に入ってて、
スケジュール真っ赤っか。こんなこともあるのか。
これじゃ金曜日の料理教室まで体力もたなそうなので診断は9月に延期したけれど(汗)
これを機に早起きにシフトしようかと起きてみた本日。
野菜の水あげも終わったし、ふむ、涼しくて仕事がはかどるなあ。
更新もやたらと早い本日ですw

d0180447_11035810.jpg

完成したんですよ~!!!
砂糖で煮た後、味を含ませるのに1週間置いておきました。
作りたてからこの1週間、10日置いたもののシロップ馴染みは大きいので、はやる気持ちを押さえておあずけw

ようやく食べてみましたよ~♡

d0180447_11024182.jpg
6月末のくまたろうさんから届いた小包の写真がもう遠い昔に感じますw




d0180447_11025059.jpg

その日のうちに、皮を剥いて水に晒し始めました。
2週間毎日1日2回水を替えてどんどん黄緑色のアクを抜いていきましたよー。

d0180447_11031382.jpg

そこからが悩みました。
アクを完全に抜く努力をした方がいいのか、少々残すほうが風味になるのか。
なので、一つは灰汁に漬けたり煮こぼしたりし、一つは水を替えた以外はなにもしないで砂糖煮にしました。

d0180447_11030418.jpg

シロップの煮含め方も栗の渋皮煮のように色々と試したのですが、
胡桃は豆や栗のように気を使わなくてもシロップがうまく染みるみたい。

d0180447_11031932.jpg

シロップの濃度を上げながら3日目に切ってみると、中にも随分染み込んでいましたよ~♪
今回は、キビ糖とラム酒だけの味付け。
トルコで食べたものは、東欧のレシピにあるようなスパイスいっぱいじゃない優しい味だったことを思って。

d0180447_11034103.jpg
トルコで食べた「青い胡桃の砂糖煮」は、カイマクというクリームとピスタッチオがのっていたので、
カイマクも作ってみました。
トルコで食べたカイマクは淡雪のように溶けていく美味しさに驚きましたが、超新鮮なミルクに浮かぶ乳脂肪をすくったものとのことで、搾りたて手に入らない私は
とりあえず日本で手に入るもので・・・。

(ネットに出てたカイマクの作り方)
1)小岩井の濃い方の生クリームを分離するまで泡立てていく。
2)液体(バターミルク)を取り除いたものが、カイマクです。

あはは、簡単なんです。
バターの作り方とどう違うんだ!って思ったでしょう?
私も思ってますがw
バターはこの後、さらに水分を取る作業をしますが、カイマクはそこまでしない…くらい?
トルコのカイマクとは別物だけど、優しい口どけでクルミと合うので良しとしましょ。
ちなみに残ったバターミルクはパンやお菓子作りに使ってください。

d0180447_11034728.jpg

手作りカイマク、こんな感じ。

d0180447_11040771.jpg

殻になり始めでまだ軟骨のようにコリコリがある、青い胡桃の砂糖煮に、
カイマクとピスタッチオを乗せて食べると、
2年越しでようやくようやく、トルコで食べた味!!!これこれ!!!(滝涙)

やったあ♡
くまたろうさん、ありがとううううう(感謝感謝です~)
食べる時どうかカイマク作って、ピスタッチオも添えてね!!



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
# by africaj | 2017-07-23 07:28 | 食べることの冒険 | Comments(2)

「見て見て~♡マジックハンド~」
って、パパがまたこんなものを作りました~っ!(爆)

d0180447_11512276.jpg

最初にハサミを開いた状態にしておいてえ~、この紐を引くとぉ・・・

d0180447_11511603.jpg

チョッキンっ☆

わーパチパチパチ~っ!!て、家族で盛大な拍手を送ったのは言うまでもありません。
枝とレゴで、よくまあ思いつくもんだw


え?なんでこんなもんを作ったか?
ですよね、普通の暮らしにはあまり必要ないですもんね。
うちはこれに使うんですw

d0180447_11431504.jpg

きゅうり、こんなところで育ててるから~w
て、手が届かないのー!(汗)
落とすときゅうりが地下に落っこちて粉々になるリスキーな場所・・・。

d0180447_11432538.jpg

きゅうり収穫に2人がかりの図(汗)

d0180447_11433015.jpg
いくよー、チョッキンww
虫あみでキャ~~ッチ!

たかがきゅうりの収穫に、これはかなり盛り上がれます(爆)

d0180447_11434542.jpg

さて、家庭菜園はただ今こんな状態になってます。
トウモロコシ4本、大きくなるといいなあ(祈)
茄子とモロヘイヤが大きくなりすぎて、落花生が育たないよぉ(汗)
しかも、狭いから足の踏み場すでになし。

d0180447_11435268.jpg

テラスの方はこんな感じ。
トマトにハーブに、苺、オクラ、万願寺とうがらし・・・。

d0180447_11512886.jpg

このオクラがちょっとすごいの、見て見てっ!
7~8cmで収穫するらしいので、本日初めて収穫してみましたよ~♪
アラブのオクラだそうです。

d0180447_11452733.jpg

本日の収穫、あ、これに +きゅうりね♪
ヤングコーン、炒めて食べてみましょ♡

d0180447_11453651.jpg

うーんやっぱり大きいっ☆
「大きくても柔らかくて美味しい」ってふれこみ、本当かな?美味しいといいな♪





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
# by africaj | 2017-07-22 12:14 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(2)

小麦って、収穫後に天日乾燥か温風乾燥させてから種を採るわけですが、
これを、収穫直前に除草剤を散布して「枯らせる」ことで、乾燥期間を省くって荒技を考えだしたのですって!アメリカが(汗)

そうして収穫したものには、残留除草剤の値が高い小麦になるわけですが、
それを輸入するためには、今の日本の基準値が壁になってるそうです。

ほっ。
良かった・・・って今、思いませんでしたか?
私は思ったんです。

そうしたらね、
この小麦を輸入するために、わざわざ基準値を改変しようって提案が持ち上がっているのですって。

この表、見てください!かなりショックなのー。
*グリホサートとは、モンサント社が開発した除草剤で、日本では日産科学がラウンドアップという商品名で売っている

d0180447_22574275.jpg


種子類、のきなみ。

これ、昨日が締め切りだったのですが、
国はこの提案についてのパブリックコメントを求めますって、インターネットで募集してたのです。
多くの人が呼びかけてて、もちろん私も、イヤだー!って意見提出したんですけど・・・。


知らないところで、すごく一部しかわからない形でこんな風に「パブリックコメント」の募集されるのも嫌だったし、
今、この基準が守っているものを、何十倍モノ基準まで簡単に上げようとする提案がされることも驚いたし、
少しずつ少しずつ、こうして知らないうちに、過不足なく物が潤うから文句が出ない、一見良い風に吹聴されて
安易に基準値を改変されていくプロセスを目の当たりにすると、

なんかちょっと、がーーーんってなった昨日だったのです。

ちなみに、大豆はすでにこうして除草剤をかけて枯らせて収穫が世界的一般化していて、日本ももう基準値を上げたのですって。

ダイレクトな体験では、
野草を食べていると、農薬を「初期にだけ」与えられて育ったとしてもサツキの花は苦味があって、
山にあるサツキは、苦くないのです。
私がただ苦い不味いって感じたこれで、ミツバチは死んじゃうレベルなのですよね。
除草剤をかけて枯らされたもの、たとえ影響ないって誰かに言われても、たべたくないなー・・・。


人工的で効率の良い方法がなされる度に、バランスを取って何かがおかしくなる。
人間が一見豊かで便利で得をする分、生態系が割を食うし、その歪みは巡って人間に戻って来ると思うと、ね。


ところで、こんなサイトで、国がパブリックコメントを日々求めているのですねえ。
ここで集められた私達の意見が、反映されると良いなあ(祈)

d0180447_10064955.jpg


今日はたっくさんのマジョーラムをドライハーブにして保存する作業。
最初から天日乾燥だと色が悪くなってしまうので、オーブンで低温乾燥して水気を少し抜いてからお外で。
そのまま食べても大丈夫なものがやっぱりいいよぉ。
世の中もそんな急がなくていいよぉ。



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
# by africaj | 2017-07-21 10:11 | 世の中のお勉強 | Comments(8)

オリーブオイルを選ぶ時、何を基準にしてますか?

日本のスーパーの売り場には色んな種類があって、
びっくりするほど古いものも普通の顔で売られてて、今も玉石混交。
偽りのオリーブオイルがエキストラバージンと銘打って偉そうに売られてると聞きましたが、さもありなん。

日本の人はオリーブオイルを「美味しいから」買う人より、
「健康にいいから」って買い始めた人が多いと思うので、
そもそも「本物のオリーブオイルがどんな味か」を知らないで買ってる人、多くないですか?

収穫されたばかりの新物が、飲めるほど美味しくて、サラリとしてて、ぴりっと刺激的で、苦味あること、
倒れそうなほどよい香りがする、「搾りたての本当の味」を知らなければ、
数多のビンから納得できる味のコスパのいいお得なものを選び出すのは難しいと思います。

ま、お金持ちは確実で高いものを買えばいいんですけどねw
そうじゃないヒトへの本日の記事です。


たとえば、
スペインに住みに行った日本人が、日本食を作るのに現地で醤油を選ぶ時
世界ブランドのキッコーマンと中国醤油や謎だけど安いお醤油の限られた選択肢で、
日本人のほとんどは、もちろんキッコーマンを選ぶわけです。
日本ではもっと高級なお醤油を使っていたとしても、ねw
やっぱり自分の国でよく知られているメーカーの方が、
安いけど知らないものより安心して手に取れます♪

つまりスペインから日本に来た人が、数多のオリーブオイルの中から選ぶとしたら、
スペインでも売ってる老舗ブランドに安心感を持つわけですですw
嬉しいことに、日本でも手頃な値段で、しかも品質も悪くないものが手に入ります。

それが、Carbonell と La Espan~ola。

まあ、ヤマサとキッコーマンみたいなものなので、お好みで。

d0180447_13070244.jpg

このガラス瓶、このラベルのものだけはスペインのスーパーで売られているものと同じ。
(同じLa Espan~olaブランドでも、ペットボトルタイプや、
ラベルの「La Espan~ola」が横イチで入ってるものは、私はスペインで見たことがない
ので、もしかしたら輸入用に作ってるかもしれません)

我が家はスペインではオリーブオイルの産地の中でも産地!と言われる、
cordoba県のbaena市に、新ものを工場まで買い付けに行っていたくらいこだわっていたので、
実はこの2つを買ったことがなかったのですがw
しかも帰国後もしばらくはスペインから毎年送ってもらっていて。。。。
最近スペインはオリーブオイルの個人輸入禁止になってしまい
送ってもらえなくなったので、日本で売ってるこれを試してみたのでした。
すると、
さすが、スペインで頑張ってるだけあって鮮度も味もなかなかで、びっくり。
取り寄せられなくてがっかりするほどじゃないレベルだったので、ほっ。
なにより、まがい物じゃないって安心して買えるのは嬉しいです。

私的には、どっちも同じと思いつつ「La Espan~ola」をここ数年買ってます。
品質は保証されてる上、年によってはものすごく美味しい当たり年があるので、味は各年で微妙に違うけど。

d0180447_13080194.jpg

日付が2年賞味期限で打たれてます。
実際の所は1年で使い切るのが美味しいですが、まあ2年以内(できれば1年半)ならOKかなというところ。

これは先日買ったもの。ボトリングされて11ヶ月目に日本で買えたことになります。
悪くないでしょう?
生オリーブオイルを飲むガスパチョに安心して使えます♪
オリーブオイルは油ですが、実から搾ったジュースなので、鮮度が大切なのです。
特に火を通さないで使う料理は。
結構、10本あると賞味期限がバラバラで半年ほど開きがあるので、じっくり見て新しいものを、ね。
(スーパーもオリーブオイルの鮮度にまるで無頓着なのがわかります 苦笑)

それで、500mlで800円前後なら悪くないでしょう?
我が家は年間で10L近く消費するので、品質と値段のコスパ納得ラインがこれでした。
もしも、なにを買ったらいいか困っている方は、試してみてくださいな。


あ、でもスペインが絶対美味しいとは言ってませんからねー。
イタリアのキッコーマン的メーカーや、ギリシャのヤマサも日本で売ってるのかもw
在住者に聞くのも一つの手だと思います。
でも、イタリアに比べて「え、スペイン産?」って言われるイメージ戦略に失敗してるスペインだから
良い品質なのに安く買えるというメリットがあると、言っておきましょ(笑)

ちなみにスペイン産のオリーブオイルの一番の特徴は黒オリーブと混ぜて絞るので
イタリアの新物の時期(秋)とズレていて、冬(12月~3月)です。
味も黒オリーブが混ざるので、緑だけのフレッシュさと違う旨味と味なのです。
凝り始めると、各国で味が違うのでお好みを探してみるのもいいと思いますが、
ま、とりあえず、日常的にガスパチョ飲みたい人のために書いてみました~。







読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
# by africaj | 2017-07-20 13:17 | 世の中のお勉強 | Comments(9)

去年から始まった炭焼きプロジェクト、
ある大学が日本の義務教育システムに馴染めない子達を集めて始めたプロジェクトの一つでして。
教育に選択肢のない日本で、たぶんこれは新しい試みの教育実験のようです。

小学校時代は体験主義のフリースクールから公立の中学にシフトした息子ですが、
中2ですっかり覇気なく幽霊のように通学してるのを見て、カウンセリングに連れて行ったら、
ずーっと飲み込んできた言葉を全部吐き出してちょっと元気になり、
自分のための勉強じゃなく、評価される為テストの為に勉強をする日々が無駄にしか思えなくて、我慢ならないこと、
フリースクールのような高校や大学はないだろうかという、彼の思いを聞いて、
まあとりあえず義務教育は、子供が学校行く義務じゃなく、親の方に子供に教育受けさせる義務だから
ゆっくり休めばいいさってことで、中3から不登校を始めた彼。
このプロジェクトならフリースクールの延長線上の勉強ができそうだってことで、
応募して運良く参加できることになりました。

この2年間も色々なことがあったわけですが。それは端折るとして。


この炭焼きプロジェクトだけをダイジェストにしてみると・・・、

「野生の馬を飼いならして拾い集めた枝を、自分たちが修復した壊れた炭窯で、炭を作り、
それで肉を焼く」
という、最初は夢いっぱいの触れ込みに皆が妄想を膨らませたものでしたw

野生の馬?日本にいるの?ってそのインパクトの方が強かった。
しかし本当に大変なのは馬より炭窯の修復の方だったということを、この一年で知りました。


最初の作業は馬を手なづけて飼いならすことと、炭を作る研究。
今思うと、一番お気楽で旅行気分な旅だったんだなあw



壊れた炭窯の痛み具合の調査、不要物の廃棄、職人さん立会いの元にどう修復するか見当を付けに。
大学側の思いとは裏腹に、お子ちゃま達のとほほな行動。
帰宅した息子の話を聞いて、私なら激怒してちゃぶ台ひっくり返すレベルだなと
冷静に対処する「教授」のすごさに感心したのですが・・・
後日、飛行機代の一部はお小遣い天引きのペナルティーでって言い渡されてましたw
10ヶ月お小遣いを止められて、今ようやくもらえるようになったわけですが、
この10ヶ月で責任感や危機感の芽生えは目を見張るものがあるので、
ペナルティは、たぶんボディブローのように効いたんでしょう(苦笑)

現地では、去年の夏、北海道にすごい台風が来て浸水し、
釜のある一帯が地形まで変わってしまったので、作業していた炭窯はやり直しどころか、
マイナスからのスタート。
かなり過酷な状況からとなるけれど、参加者は?と聞かれて手を挙げたのが息子だけだったので、
息子と大学のスタッフだけで作業を続けることになりました。


ー20度の世界で24日間、炭焼き職人さんについて、備長炭を焼く修行。
炭を焼く技術、炭を焼くための釜の構造を学ぶ旅でした。


そして、今回7月の4泊5日は、
修復する炭窯の天井を壊し、不要物の廃棄をしに行っていました。

今回は息子以外に参加する子が5人増えてました。
初参加で、去年の息子たちのように寝坊し続けて使いモノにならなかった子もいたとかw
そんなことを聞くと、去年の息子たちの話で頭を抱えたのが懐かしいほど、
今年の息子はしっかりしているのです(家では相変わらずクラゲのようなのに)。
どんなダメそうな子も成長するもんだなあと、感慨深いものがあります。


さて、今日一番書きたかったことを。

このプロジェクト、どうなっていくんだろうと思っていたら、
「これから修復にかかる当座の費用100万円を、まずみんなで稼ぐことになったんだ。
先生も含め10人として、頭割りすると一人10万円。
オレは映画館でのアルバイトのお金を当てようと思ってるんだ。」って!

でも、釜を作るのに必要な粘土はすごく高いらしくって、
今その費用を大学側で割り出してくれてるんだけど、今後もっとかかるお金を
「一人ひとりで働いて持ち寄るより、昆布漁の短期アルバイトや農作物の収穫アルバイトって
泊まり込みで季節労働がいっぱいあるから、10人でまとまって働いていっきにお金を作ることを
今考えているところなんだ」って!!


大学がプロジェクトに募集していた子どもたちは、「不登校であることが望ましい」なんて
不思議な基準で、ちょっと面白くて笑っちゃったのですが、
その後教授が言うことに「不登校の子たちじゃないと学校が忙しすぎて参加できないからね」って。
確かに、ひとたび学校に通い始めると、卒業するまで休みなしですもんね。
長期のこんなことの入り込む隙間はないわけで。

最初は、誰かの考えた企画にお金出してもらって参加する感じで、
ま、こんなものなのかなあと思ったし、
実際、
炭焼きプロジェクト以外にあった「東京を起点に日本の南端と北端に鈍行で行く旅」プロジェクトは、
親が心配するからとか、お金が下りないからとかの理由で、
一見風来坊に見えて「事前に移動時間と宿泊も決めてのガチガチでお金のかかる旅」で、
寝袋持って野宿しながら旅するつもりでいた息子が、憤慨して参加を止めて抗議したこともありました。
(そして勢い余って、一人で青春十八切符持って夏の旅に行ってしまったヤツ)

今子どもたちは、どうやって炭窯の修復費用を稼ぐかで話が盛り上がり、
自分たちで事業を起こしたらだどうだ、得意技を持ち寄って店を開こうかと
知恵を出し合っていて、とても楽しそう。
今年17才になる息子、
焼肉が食べられるまでにあと数年こんなことやってるんでしょうねえw

すごい展開になってきました。
面白いです。
そしてこの教育実験が結果を残したら、日本の教育体制も偏差値偏重主義から抜け出せるかもしれないな。


d0180447_21385899.jpg

しかし、口唇ヘルペスになって戻ってきました。
栄養不足、過労、ストレスなどから来るウィルス性の水疱。
我が家はガスパチョを作ると一気に2L。
のどが渇いた小腹がすいたらガスパチョって、冷蔵庫に冷やしてます。
たんと飲んで回復すんだぞー。




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
# by africaj | 2017-07-19 12:41 | 息子のはなし | Comments(6)